競馬

2017年 スプリンターズS 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリザードはちょっと評価し辛いのでランキングには入れず。
ビッグアーサーはやはりあまり良い感じな情報はないので、混戦ムードというのは分かる。

有力馬能力評価ランキング

1位:ビッグアーサー
能力評価:A

まともなら今のスプリント界では一番強いとは思っている。
去年のスプリンターズSのように詰まるような事がなければ負ける可能性は低い。
ただ、今年は状態面での問題が…。

2位:レッドファルクス
能力評価:A-

昨年のスプリンターズSの覇者。
今年も安田記念、高松宮記念で好走し、現段階ではトップクラスである事には間違いない。
ただ、スプリント界は個人的にはあまりレベルは高くないと思ってはいるので評価はA-まで。

3位:ダンスディレクター
能力評価:A-

もともと能力は評価されていた馬だが、シルクロードSでようやくといったところ。
今年のメンバーならスプリンターズSでも勝負になるくらいの力はあると思っていい。
前走は休み明けながら3着。G1馬相手でも引けは取らないかなと思う。
評価はA-まで上げた。

4位:セイウンコウセイ
能力評価:B+

G1馬ではあるが個人的にはダンスディレクターの方が能力は高いと思っているのでこの評価。
シルクロードSでは勝ち競馬だったはずだが、それでも2.5kg差あるダンスディレクターに差されたのでそれ以上の評価は難しい。
前走はペースに対応できなかっただけのはずなので評価は下げる必要はないかなと思う。

5位:レッツゴードンキ
能力評価:B+

昨年のスプリンターズS、今年の高松宮記念でも存在感は見せている。
ヴィクトリアマイルは引っ掛かっていたので参考外。
高松宮記念でレッドファルクスと同様の位置取りで先着はしているものの、レッドファルクスは予定通りの直行ではなかったはずなのでここまで

6位:メラグラーナ
能力評価:B

雨の影響があったとはいえ、CBC賞は不満が残る内容。
セントウルSでは多少の不利があったが、ダンスディレクターよりは評価できないといったところ。

7位:シュウジ
能力評価:B-

昨年のスプリンターズS、阪神Cから考えるとこのくらいの評価はしてもいいかなと思う。
今までの敗因は喉の問題であるDDSPの影響があったようで評価は変えなくもいいのかなとは思う。
改善されれば能力は十分にあるが…。

8位:ワンスインナムーン
能力評価:B-

京都牝馬Sでは上がり比べでレッツゴードンキに負けてしまったので普段通りの逃げができれば、そんなに差がない競馬ができる可能性が高いかなと思うのでこの評価。
高松宮記念では惨敗したものの1200Mを連勝し、いつかはG3くらいなら制覇できると思わせる。

9位:ファインニードル
能力評価:B-

前走は全てがマッチしたという感じ。
それでも今まではちょっと過少評価していたかなと思う。
上位面子には劣ると思うので評価はここまで。

10位:ラインミーティア
能力評価:B-

前走の2着は素直に驚いた。
この馬も過小評価していた一頭かなと思う。
少なくともアイビスSDはフィドゥーシアをターゲットにしたから勝てたのではなく、単純に力を付けているからかと。

11位:スノードラゴン
能力評価:C+

G1でこの評価というのもなんだがこういう評価になるかな。
CBC賞で見せたようにG3レベルなら常に上位にくる力はあると見ていい。

12位:ネロ
能力評価:C+

ここ2走はどうも叩き台だったようなのでそこ自体は評価を落とすものではない。
ただ、評価が上がるものでもないのでここまでの評価。

13位:フィドゥーシア
能力評価:C+

セントウルSでは案外というか、陣営が思ってるようにこの馬の能力はそんなに高くないのかなと。
セントウルSの面子で陣営の評価が厳しかったと見るとこのくらいの評価が妥当かと思う。

14位:ダイアナヘイロー
能力評価:C

北九州記念を勝利した事を評価して一段上げてのC評価。
ただ、個人的にはタイムも優秀ではなかったし、あまり高く評価できないというのが正直なところ。

15位:モンドキャンノ
能力評価:C

前走の負けはやはり物足りない。
1200Mに戻ってある程度目途が立つは思ったが、あまり見込みがないのかなというのが正直なところ。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*