--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 CBC賞 ラジオNIKKEI賞 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

CBC賞

ラジオNIKKEI賞

どうも最近予想全く当たらない競馬予想です。
まぁ10連敗くらいは普通にするんですけどね。

まずは馬場状態から。
両開催とも雨の影響か外差しが有利に見える馬場です。ただ、中京は開幕週なので回復すれば変わる可能性は高く、福島も差しが利くとは言っても前で残った馬もちらほらいました。
両競馬場とも基本は外差し前提で、前で残るチャンスもあると見て予想します。
苦しいのは内で差す馬といったイメージですね。

まずはCBC賞から。
本命はトウショウドラフタにしました。
前回の京王杯SCでは大外から追い込んでの5着。
最後の脚はキッチリ使ってくれる馬で直線が長く最後に坂があり前が止まりやすい中京。
おそらくは馬群もそこまでばらけないとは思うので外から追い込んでくる馬にも十分にチャンスはあると思います。
さらに差し傾向が変わらないようなら怖い大きく前進すると思うので本命にします。

対抗にはラインスピリットにしました。
この馬は高速馬場での成績が良く、速い馬場なら怖い一頭かな、と。
個人的に評価してるのはオパールSでこの時は完全に前残り馬場の高速馬場。
翌日にキタサンブラックが勝った京都大賞典を思い浮かべてくれると分かりやすいかなと。
馬群がばらけないないなら、前に行きそうなこの馬かなと。

単穴にはセカンドテーブル。
この馬はスタートがあまり良くなく、外からの方が理想的な位置に付けられます。
実際に外枠の方が成績もよく、もしかしたら外に馬がいるのが気に入らないのかもしれません。
私も集団で歩く時はなるべく真ん中にはいたくないです。
まぁこのへんは馬じゃないと分かりませんが外枠になったのはプラスだと思うのでここは単穴にします。

推奨馬にはトーセンデュークです。
この馬は前走の京王杯SCでは馬場の悪い内目を通ってあわやという場面を作りました。
今回は大外を回してくると思います。
トウショウドラフタと一緒に上がってくる可能性があるのでこの馬を推奨馬にします。

抑えにシャイニングレイにしました。
まぁ抑えるならこの馬かなといったところ。

メラグラーナは実質トップハンデみたいなものなので切ります。
前にいく馬が多く、直線ではごちゃごちゃする可能性も高いので内枠なのもリスクがあるかなと。

アルティマブラッドは若干エンジンの掛かりが遅いのが気になります。
乗りなれた松若騎手や力強い追い方をする和田騎手やデムーロ騎手ならともかく福永騎手だとどうでしょうか。

買い方は◎の単、◎→印への馬連。

続いてラジオNIKKEI賞。

こちらはクリアザトラックにしました。
正直前走の1000万条件のレースはビックリしました。
個人的には1000万条件で一番人気になるのは流石にどうかと思っていた馬なので、ここを勝ったのは素直に評価したいです。
戦ったメンバーも1600万条件からの降級馬3頭と決して弱いメンバーではなかったです。
北村騎手になったのは残念ですが、3番人気に甘んじるほどではないと思うので本命にします。
頭数も少ないので外枠もそこまで不利にならないはずです。

対抗にはライジングリーズンにします。
この馬も実は評価の低かった馬で、フェアリーSもアネモネSも有利な環境が働いたかなと思ってました。
ただ、桜花賞ではスムーズに外に出せれば、もう一つ二つは着順が上がっててもおかしくないと思う内容でした。
今回はスムーズに捲り差しができるはずなので対抗にします。

単穴にニシノアップルパイにしました。
この馬はシンプルに前にいっての前残り狙いです。
ウインガナドルが逃げる可能性もありますが、この馬が先手を取る可能性は高いと見ています。

推奨馬にロードリベラルにしました。
隊列的には最内2列目の3~5番手あたりの可能性が高いと思います。
休み明け2走目とハンデでどこまでクリアザトラックと差を詰められるかといったところ。

抑えにセダブリランテスにしました。
サトノクロニクルとマイネルスフェーンと迷いましたが、クリアザトラックを見ながらレースをするとなると絡む可能性はこの馬が高いかなと思うので抑えます。

サトノクロニクルとマイネルスフェーンはセダブリランテスの方が上位と取れると見たのもありますが、どう考えてもダービー週の日が一番良い状態だったはずです。
賞金加算の目的もあるでしょうが、ハンデもそこそこ見込まれていると思うので買わなくもいいかなと思います。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連

7月2日の推奨馬↓


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村



–スポンサードリンク–




コメント

  1. よしずみ より:

    去年のCBC賞1番人気はエイシンブルズアイ。
    オーシャンS1着からの高松宮記念5着の5歳馬でした。
    結果は内枠先行のベルカントの後ろを追走するも抜け出せずの9着でした。

    あれ?オーシャンS1着馬?その後高松宮?5歳馬で今1番人気で内枠の馬がいる?
    …偶然ですね!

    1. レコ より:

      なんという偶然!!!

      それでも戸崎騎手なら←切ってますけど

コメントを残す

*