--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 ユニコーンS 函館スプリントS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

ユニコーンS

函館スプリントS

来週は宝塚記念ですねー。
キタサンブラックが圧倒的な人気を集め、人気が高い馬という事が分かります。
まぁオーナーがオーナーですし話題性もありますしね。

さて、では予想に入ります。
まずはユニコーンSから。

パッと見能力的にはどれも横並びといった感じで、リエノテソーロがもしかしたら抜けてるかもしれないなといったところです。
とはいえ、全日本2歳優駿を見てもそこまで強いメンバーでという訳ではないので流石に2倍台では手を出し辛い所です。

本命はサヴィにしました。
前走の500万で追い出すとかなりの加速でスタートし、そのまま突き抜けてきます。
この加速力はこのレースでも十分に武器になるはずで馬群を捌くのに楽なはずですし、多少手間取ったとしても十分に巻き返せるだけの力はあると思います。
前回出遅れたのでその分は多少不安ではありますが、出遅れば上位で抜け出しても全くおかしくないと思います。
そのわりに人気はある程度とどまっているのでここはこの馬を本命にします。

対抗にはアンティノウスにしました。
この馬もサヴィ同様500万上がりです。
勝ち上がった未勝利や500万を見ると長く脚を使い、先行押し切りタイプのようです。
今回は前にいく馬がそこそこいると思うので位置取り的には6~7番手になりそうですが、直線残り400Mあたりで抜け出す形を作ると思います。
それができればアドバンテージはかなり大きいのと思うので対抗にします。

単穴にサンライズソアにしました。
アンティノウスが抜け出す形を作れないとなれば、この馬の存在が大きくなるかなと思います。
おそらく外枠も加味して、よっぽどのへまがなければこの馬の方がアンティノウスより好位置につけられるはずです。
青竜Sはぶっちゃけそこまで強い内容には見えなかったので、この人気も正直どうかとは思うのですが、シゲルベンカルトララやテイエムヒッタマゲに後れを取る事もないかなと思います。
また本命が6番人気あたりになりそうなのでこのあたりの人気は厚めに抑えておきたいので、この評価にしておきます。

推奨馬にサンオークランドです。
前走の500万は鳳雛Sのウォーターマーズに勝ってきています。
少なくともサンライズノヴァとのオッズの差を考えれば、この馬は評価しておいた方が良いと思います。

抑えにリエノテソーロにしました。
何事もなく完勝というのはやはりありえるので切るのは流石に無謀と判断します。
ただ騎手変更、実はダートはそこまで強くない等それなりに危険性もあるので、馬連オッズや単勝オッズを見ると積極的に買いたい馬ではあります。

サンライズノヴァはサンオークランドのところでも触れたように少し人気が過ぎるなという気がします。
前目でサンライズソアやアンティノウスと争う形になると思うので、この3頭がそのまま上位になるという可能性はありますが、サヴィと一緒に連に絡む可能性と低いと見て切っていきます。

タガノカトレアは前走、若干前が詰まるところがあり着順程負けてはいないので人気自体は過少評価されてるなとは思います。
とはいえ、不利になる前抜け出す事も可能だったように見えるので、現時点では上位に食い込むまでという評価はできないかなと。

テイエムヒッタマゲは能力はあるとは思いますが、田中騎手のあの追いで最後が甘くなると思うので、アンティノウスやサンライズソアあたりよりは上に取れないかなという感じですね。

買い方は◎の単、◎→印への馬連

続いて函館スプリントS。

ここはセイウンコウセイにしました。
流石にこのメンバーでG1勝つ馬?となるとぶっちゃけシュウジくらいしか思い当たりません。
能力自体は抜けているかなと思います。
2倍以上なら十分に見込みは立つと思うので、ここは素直にこの馬を本命にします。

対抗にエポワスにしました。
一年近くたってるので単純比較はあまり良くないですが、昨年のキーンランドカップでの斤量差と着差を考えれば、シュウジやブランボヌールとのオッズの差は開き過ぎです。
前走もG3戦線くらいなら勝ち負けが十分に期待できるブラヴィッシモにも勝ってきています。
昨年と比べても順調度はありますし、ここは対抗に推します。

単穴にクリスマスです。
函館の馬場状況は前が若干有利といった感じです。
このレースではおそらくイッテツが先頭を走り、この馬が2~3番手、セイウンコウセイがその後ろの4~5番手あたりとなると思います。
前にいく馬ではこの馬が一番残る可能性が高いと思いますし、今の馬場状態ならここを単穴にしておきたいです。

推奨馬にキングハートです。
ここは素直に前走の内容が強かったです。
ただ、隊列的にはエポワスと並んで5~6番手を走る形で内から切り込むか外から回す必要があると思います。
それでも十分に連に絡む可能性はありますが、上記の2頭よりは高く評価できないかなと

抑えにエイシンブルズアイにしました。
ぶっちゃけ展開的にはそこまで有利に働くとは思いませんが、昨年高松宮記念で5着に入ってるようにG3クラスなら十分に戦える力はあるはずです。
近走はダートを走っており、人気的にはそこそこ狙いが立つところではあります。
まぁでも抑えまでですかね。

シュウジは今回は後ろでいく可能性が高いかなと思います。
前にいっても最近はあまり力が発揮できず、今回も前にいったらそこそこ危険な可能性はあると思います。
かといって後ろでは馬場的にどうかというところがあります。
もちろん力はあると思いますが、そこまで狙う人気でもないかなと。
抑えで考えはしましたが、エイシンブルズアイがいたので切りました。

ブランボヌールは前走の負けが不可解です。
エポワスとの比較でもあまり狙いが立つようにも思えないのでここは嫌っていきます。

買い方は◎の単、◎→印への馬連

6月18日推奨馬↓


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*