--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 エプソムカップ マーメイドS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやって回収率が100%を超えた!競馬で回収率を上げる買い方

エプソムカップ

マーメイドS

エプソムカップとマーメイドSの回覧です。

エプソムカップは前日とは違い、馬場の内を開けて走るようなレースでした。
当日もそのようなレースが多く、結果前残りのレースが多くなり、エプソムカップもそのような結果になりました。

勝ったダッシングブレイズは好スタートから先頭集団に付けます。
直線では内に潜り込み最後にアストラエンブレムを抑えての勝利。
内を通ったといってもギリギリ良いところを走っているので問題なかったようです。
比較的好騎乗が光ったと思えるレースなので次回は積極的に狙いたくはないです。

2着にアストラエンブレム。
この馬も比較的好位集団につけます。
直線ではギリギリまで追い出しを待っての追い出し。
デムーロ騎手のコメントでは走るのを最後にやめてしまったようですが、本当に最後の部分だけでやめていなかったら届いてたかという微妙です。
このクラスなら上位馬ですが、G1戦線ではやはりもう一つになるかなって感じですね。

3着にマイネルハニー。
ペースもミドルで馬場の良い所を走りました。
展開面が向いたのは間違いないので、3着自体を大きく評価できません。
ただ、前にいく馬はそれだけアドバンテージがあるのでこれが評価されないようなら狙ってもいいかなって感じですね。

4着にクラリティシチー。
この馬もマイネルハニー同様、展開面が大きく向いたかなといったところ。
直線で若干取り残された部分がありながら4着に来たのは評価して良いと思うので少なくとも、6~9着馬よりは評価したいです。

4着以下で一番評価したい馬は5着のバーディーイーグルですね。
唯一後方よりの集団から来ています。
もちろん内を回りつつ、馬場は比較的良い所を走っていたのでそこらへんの差し引きはありますが、それでも5着まできたのは立派だなと。

6着のタイセイサミットは位置取りの問題かなといったところ。
もう一列前に付けていれば、上位進出は可能だったと思います。
ただ、外枠でクラリティシチーが比較的前に付けたのでしょうがないですね。
キッチリ前目に付けられそうなら次回も狙ってみたいです。

7着のマイネルミラノ、8着のデンコウアンジュ、9着のフルーキーは評価しなくてもいいかなと。
確かに前が止まらなかったのでそれは見直す材料としてはありますが、タイセイサミット、バーディーイーグル、クラリティシチーにも負けているのでここは素直に評価し辛いです。

10着のナスノセイカンは最後方からの10着。
位置取りに関してはある程度後方になると思っていたのでそこ自体に不満はありませんでした。
これに関しては展開を読み違えた私のミスですしね。
能力自体はやっぱりあるなといった感じでベルーフを差し切ったのは素直に評価して良いかと。
ただ、どうしても展開面でアドバンテージがないと難しいですね。

12着のヒストリカルは内の悪い馬場を通って最後に失速していきました。
体調面の問題もあるのかかなり失速しましたね。
失速するまで十分に見どころのあるレースだったと思いますし、これで見限るような事はないかなと。

という事でエプソムカップははずれ。
後ろが有利と読んで前残りになっているのでどうしようもないです。

先週の安田記念もそうですが、今週のエプソムカップもガラっと土曜日と騎手心理の傾向が変わってきますね。
土曜の状態ならそのまま後ろが有利になったと思いましたが、先頭集団が外に膨れる事で前が有利な状態になりました。
このへんをもう少し組み込まないといけないです。

続いてマーメイドS。

こちらはマキシマムドパリが圧巻の強さで勝利。
このクラスではレベルが違うといった走りでした。
秋にはかなり期待ができる馬かもしれません。

2着のクインズミラーグロは直線でアースライズとマキシマムドパリに置いていかれます。
最後には詰め寄りましたが、時すでに遅し。
デムーロ騎手あたりが乗るなら狙ってみたいです。

3着のアースライズは馬群を上手く捌いて内から切り込んできました。
最後はクインズミラーグロに屈しましたがまぁそこまでの力差はないかなといったところ。
マキシマムドパリとの力差は感じますけどね。

4着のキンショーユキヒメは一年前のデイジー賞が強かったのでこれくらいはやれても不思議はないです。
斤量で評価が上がらないようなら狙ってみるのも面白いかもしれませんが、エンジンの掛かりが遅く不利を受けやすいので紐評価までのような気がします。

5着のビッシュは直線に向いた時は勝つと思えるような手ごたえでした。
しかし、そこから全く伸びずの5着。
中山牝馬Sの事も考えると全く走らなくなってるんですかねー…。
何にせよ、レース後の情報は色々と確認してみたいです。

9着のトーセンビクトリーは良い所なし。
直線で進路が狭く、アースライズにも先に入られてしまったので着順程評価を落とす必要はないかなとは思います。
何にせよ前にいける馬ではあるので機会があれば次回は狙ってみたいですね。

馬券は両方不的中。
マーメイドSは凡走か快走か2択ではあったのでこの結果はしょうがないかなといったところ。
中山牝馬Sが実力通りの走りならこんなもんだと思いますしね。

エプソムカップは完全に読み違えていました。
騎手の傾向が前日と全く変わってきているのでこのへんをもうちょい予想を組み込んでいかないと駄目かなって感じですね。

案の上、夏競馬は残念スタートの始まりです。
推奨馬も単回収率が100%切りましたね。まぁ最近まともに当たってる気がしませんし。
ヒルノデンハーグは前走で大きくバランスを崩し、今回は謎のハイペースで沈んでるだけなので次回狙っても良いと思うんですけどね。
なんとかしていきたいものですが、何とかなるでしょうか。

6月11日の推奨馬は阪神10Rヒルノデンハーグでした


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*