競馬

2017年オークスは騎手の心理妄想が止まらなくなる面白いレースだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年のオークスは個人的にかなり面白いレースでレース回覧をしてる時にかなり面白いレースでした。

戸崎騎手のフローレスマジックの逃げ、ルメール騎手の好位2番手付け、武豊騎手のリスグラシューのスタート直後の内の切り込み、池添騎手のレーヌミノルの位置取り。
どうしてそうなったかのか、何を狙っていたのかと凄い妄想を掻き立てられます。あってるかどうかは知りません

まず面白いと思ったのが武豊騎手のリスグラシューでスタート直後に内に切り込みます。

と思ったら1コーナーの入りでまた外に戻すというそれだけ見たらよく分からない騎乗になっています。

まず、なぜ内に切り込んだのか?
内を回るという事も考えられますが、それなら外に再度運ばないはずです。もちろん、カリビアンゴールドやブラックオニキスの後ろを嫌ったという可能性もあるんですが、それ以上に誤算だったのはマークすべき馬がいなかったって事じゃないかと思えます。
その馬はもちろんソウルスターリングで、ソウルスターリングはスタートから前につけて2番手につけてしまっているんですよね。

こうなると武豊騎手がレース前にどんなレース展開を予想していたのかも妄想を膨らませてくれます。
おそらくは前にいく馬はキッチリ前にいく予想し、後ろの馬は後ろにいってソウルスターリングは5~6番手あたりに付けると予想していたのかななんて思えます。ただ、そのプランがあっさりと崩れて別プランのレーヌミノルをつける形になったのかなというのが1コーナーまでの心理状態であったんじゃないかなって思えますね。

武豊「よっしゃ。ソウルスターリングマークするで!速攻内に潜りこんだる!ソウルスターリングいねぇえええええええ!!!」
※口調は適当です。

なんて事を思ってたのかな、なんて妄想するとご飯三杯いけます。
一人突っ込みとかしちゃうのかよ!!とか。(※あくまで個人の妄想です)

池添騎手はネタ的な意味な妄想は掻き立てられませんでしたが、レース後のコメントで「距離を持たせられませんでした」と言ってるので、距離を持たせる為に無理をしなかったんだなぁと。
レース前はどんな心境だったんでしょうかね。
池添騎手自身が距離は持たないと思ってるのに2400Mの距離を走らされる。レース前のコメントではそんな弱気な素振りは見せていなかったのに個人の中では葛藤がかなりあったんだろうななんて思えます。

もしこれが「2400Mは持つ」と池添騎手が思っていたらどんな騎乗になっていたんだろうっていうのも思い浮かびますよね。
それこそもっと積極的に前を取りにいったような気がします。
ただ、馬を知ってるがゆえ、プロであるがゆえに馬の能力に気付いてしまってああいう戦略になったと考えると観戦者からの立場からだと大分違うななんてのも思っちゃいますね。

私なんかは勝つ為には前目につけないといけないと思っていましたが、騎手目線になると前につける事の方がノーチャンスと思っていたって事なんだろうな、と。距離が絶対に持たないから。
前にいく為に脚を使ったら確実に距離が持ちません、逃げなかったら距離が持つかもしれませんだったら後者を選んでしまいそうです。
少なくとも池添騎手はそう判断してたんだろうなと妄想できます。

ルメール騎手のソウルスターリングはスタート直後から前目につけます。
枠が良いところだったから良いポジションを付けたかった。これに嘘はないとは思います。
ただ、直線入り口で後ろと外の馬に嫌がらせをしてるところを見ると他にも理由があったんじゃないかって思えますね。

外から捲られて内の閉じ込められるのを避けたかった。
こんな心理があったのかもしれません。

こうなるとルメール騎手はレース前からレース展開の予想でアドマイヤミヤビが大外から捲ってくる事で馬群が凝縮される事を懸念していたんじゃいかなというのもほんのり見えてきます。
だからこそ包まれない前にいき、自由に動ける位置を確保しにいった。

直線で外に膨れたのは明らかに外にいるアドマイヤミヤビやリスグラシュー、もしからしたらレーヌミノルまで警戒したかもしれませんがそれらの馬に脚を使わせる事でしょう。
ただ、これはもちろん内から切り込まれたら終わりな訳で、逆に言えばレース前にこれらの馬、少なくともアドマイヤミヤビは大外からぶん回してくると予想したんじゃないかとさえ思えます。
もちろん位置取りも多少は確認した上だとは思いますが。

さらに1コーナー手前あたりで外をチラっと確認します。
これはレーヌミノルが前にいかなかった事もあるかもしれませんが、アドマイヤミヤビがもしかしたらかなり前につける可能性も頭に入れていたんじゃないかなと思えますね。
そうなったときのレースプランはどうなったってたんだろうななんて事も考えさせられます。
もしかしたらそういう事まで想定しての”前につける”だったかもしれません。どんな展開になったとしてもライバルよりは前にいる為に。

とまぁこんな感じに一つの進路、一つの位置取りでも色々と考えが巡らされてるレースだななんて思えるレースでした。
もちろん他のレースもそういうのはあるとは思うんですが、オークスは特にそういうのが見えたレースだと個人的には思ったのでレース映像を見返すのが面白かったです。

競馬はレース前にある遠足前の楽しみ感やレース中の面白さもあるんですが、こういうレース後も面白いです。
まぁ全部妄想なんですけどw


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*