--スポンサードリンク--
----
競馬

2016年 ジャパンカップ 京阪杯 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンカップ

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97

京阪杯

%e4%ba%ac%e9%98%aa%e6%9d%af

京都2歳Sではカデナがお手本のようなレースで勝ちましたね。インパクト的には先週の東京スポーツ杯2歳Sにも劣らない内容かなと思います。評価的にはブレスジャーニーの方を上に取りたいですが、クラシックに差し掛かる頃にはカデナやヴァナヘイムを上に取った方がいいかなーという気がします。

そのヴァナヘイムも今回も相手にする馬を間違えたという感じでしたね。まぁここは戦前のプラチナヴォイスへの評価同様、展開次第で逆転は十分にできるかなーという感じです。

そして、今日でインパクトがあったのは京都6レースの新馬戦のラビットランですね。ダートデビューですが、芝にいく可能性もあるとかないとか。阪神JFはソウルスターリングで考えてましたが、この馬が出てくるならこの馬でもいいかなという気はします。


さて、ジャパンカップです。

このレースは「力関係をどう見るか?」というところですね。
まず3歳馬を上と見るか、古馬を上と見るか、そして古馬の中でもキタサンブラックを上に取るか、それとも別の馬を上に取るかで見方がかなり分かれそうです。

ここについては現時点で結論を出すのは難しいですが、私は3歳馬を上に取ろうと思います。
もともと3歳世代は強い世代といわれているのも一つの要因ですが、有馬記念を考えた時に私はおそらくサトノダイヤモンドを本命にします。人気でもおそらく一番人気になるんじゃないかと思います。

そう考えた時にディーマジェスティはやはり評価を高くするべきだと思います。菊花賞では案外でしたが、敗因は輸送で万全ではなかったというのが分かります。
菊花賞の結果でサトノダイヤモンドとの格付けが終わったとは私は思いませんし、菊花賞で負けた事で評価が下がるなら狙っていきたいですね。

そして、対抗には同じ3歳馬のレインボーライン。
この馬は本命にするか迷いました。菊花賞でサトノダイヤモンド、エアスピネル、ディーマジェスティの間に入るのは評価したいですし、札幌記念組がG1で好走してるのもいいですね。ただ、ダービーでディーマジェスティにしっかりと負けてますし、まだ力としてはディーマジェスティが上なんじゃないかなという見解です。

単穴にはサウンズオブアースにしました。
前走の京都大賞典は位置取りの問題です。馬場状態も明らかに前有利だったのであの4着は評価すべきでしょう。枠も個人的にはかなり良い枠だと思うのでここは積極的に狙いたいですね。

推奨馬にはナイトフラワー。
この馬は昨年のジャパンカップで直線詰まります。残り100Mくらいはほとんど追ってません。さらに他のレース動画を見るとどうやら脚質は中段~やや前目のようです。

昨年は後方からの競馬になりましたが、大外の影響も大きいように思えますね。昨年は外から内に切り込んでポジションを取ろうとしてるように見えますし、今年は巻き返してもおかしくないかなと思います。

抑えにビッシュにしました。
ここは牝馬ですが3歳馬という事で上位に取りました。前走の秋華賞は度外視してもいいでしょうし、ここもディーマジェスティ同様、遠征がなくなったという点でプラスになると思うので抑えます。

キタサンブラックは切っていきます。
まず馬場状態は、基本外差し馬場ですが内1~2頭分くらいはそこまで不利ではないという印象です。なのでキタサンブラックは十分に逃げ切りはあり得る馬場だと思います。ただ、今回はゴールドアクターにターゲットにされるでしょうし、そこまで楽はできないかなと思いますし、内がめちゃくちゃ有利という訳ではないので切ります。

ゴールドアクターはそのキタサンブラックを捉えにいくと馬場の悪いところを通らざるを得ないと思うので切ります。馬場の良いところを通すようにするかもしれないですが、場所取り合戦でデムーロ、ルメール、ムーアあたりより優位に取れるとは思いません。雨での適正は十分にあるとは思いますが、コース取りの分の悪さがある気がします。

デムーロのサウンズオブアースとムーアのリアルスティールはおそらく中段~中段前目につけると思いますし、直線でゴールドアクターとの場所取りになると思います。その場合はデムーロやムーアの方が優位かなと思いますね。

ルージュバックはシンプルに距離が長いと見て切ります。枠もルージュバックにとっては良くないかなと思いますしね。

リアルスティールは切る理由はあまりないですが手が回りませんでした。実際には買うかもしれません。

シュヴァルグランはゴールドアクター、キタサンブラック、リアルスティールあたりを切ってるので入れる理由がほぼありませんでした。3歳馬を上位に取ったのでしょうがないですね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


続いて、京阪杯です。

ここはレッドアリオンにしました。
スプリンターズSでも印を打ったようにスプリントではそこそこの力があるように見えます。斤量面は気になりますが、このメンバーなら本命を打てますし、ここは狙ってみたいです。実は大した事なかったという可能性もありますが、とりあえず可能性は追いたいですね。

相手には メラグラーナ、ティーハーフ、セカンドテーブル、ラインスピリットです。ネロは実力的には上位だと思いますが、騎手の乗り替わりがプラスに思えませんので切っていきます。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


11月27日

ジャパンカップはキタサンブラックが逃げ切り勝ちを収めました。
今までのレース通り、マイペースに持ち込み直線では馬場を選んでの逃げ切り勝ち。このレースでは後ろの馬は差せませんね。

とはいえ、競り駆ける馬もいなかったのでしょうがないです。むしろ2着まできたサウンズオブアースをほめるべきだと思います。
シュバルグランも大外枠ながら3着に来てますので、この馬も惜しい結果ですね。少し後ろにいたディーマジェスティより脚色が違いましたのでこの馬もこの枠なりに力は出せたかなと思います。

内枠にいた馬はルージュバック、ゴールドアクターなどがいましたが内では伸びきらなかったですね。展開的には良いポジションだったと思うので、ここは選んだ馬場の違いかなという気がします。

6着にはレインボーラインが突っ込んできましたが、展開が恵まれなかったかなという印象。展開が恵まれてもサウンズオブアースとは差があるとは思いますが、掲示板に乗ってもおかしくはなかった気がします。

ディーマジェスティは全く伸びませんでした。
珍しくスタートが良かったので中段あたりにつけると思ったのですが、後方に下げましたね。直線で全く言っていいほど伸びなかったのでこれがすべての敗因とは思いませんが、個人的にはスタートがそこそこマシだったのでもう少し前につけて欲しかったなと思います。

リアルスティールはあれで負けたら仕方がないといった感じですね。やはり少し距離が長いのかもしれません。

京阪杯はネロが力の差を見せつけての優勝。
このメンバーではちょっと力が違うという感じでした。

予想は両方とも不的中。

ジャパンカップは有馬記念でも参考になるかなと思いますね。レインボーラインが6着にきているのでサトノダイヤモンドでも十分に通用するかなというのが現段階の見解です。
これで人気が下がるならおそらく本命にしますがどうですかねー。

予想記事回収率(1月~11月27日まで)

20161127%e5%9b%9e%e5%8f%8e%e7%8e%87


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*