競馬

2016年 アルゼンチン共和国杯 みやこS BC F&Mターフ 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルゼンチン共和国杯

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%b3%e5%85%b1%e5%92%8c%e5%9b%bd%e6%9d%af

みやこS

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%93s

BC F&Mターフ

bcf

ミスエルテがやっぱりとんでもなく強かったですね。レースを見た時は出遅れは意図的かなと思ったのですが、インタビューを聞くと意図的ではなかった模様。それでも勝ち切ってしまうのですから力が抜けてますね。

まだ全力ではないと言っていたので本当にこれからが楽しみです。フランケル産駒恐るべしですねw


まずはアルゼンチン共和国杯。

本命はアルバートにしました。天皇賞春でも本命にしましたが位置取りの差が出た部分がありました。日経賞でも同様の事が起こり、4着に負けてます。その割にやはり評価されてないようなのでここでは狙いたいです。

対抗にはトレジャーマップにしました。言わずと知れたゴールドシップの弟です。今回は1000万条件を勝ち上がったばかりですが、その勝ち方は強い内容でした。休みを挟んで強くなったという印象ですね。今回は最軽量となりますし、ここは狙っても面白いんじゃないかと思うので対抗にします。

単穴にレコンダイト。
昨年の七夕賞からどうにも微妙な成績が続いていますが、正直そこまで弱い馬とも思えず。今回は斤量も恵まれたので狙っていきたいですね。

そして、あとはモンデインテロとヴォルシェーブを抑えます。
シュバルグランは切っていきました。実績では最上位ですし、評価すべきだと思うのですが調教面などで良い事は聞きませんね。ここは切っていこうと思います。

フェイムゲームも去勢明けなので嫌っていきます。ノンコノユメも結局あの着順でしたしね。

ワンアンドオンリーは少し気になりましたが手が回りませんでした。トップハンデが見込まれているように実力はあると思うんですけどね…。ただ、復活しても3着までかなと思うのでここは嫌っていきます。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


続いてみやこS。
このレースはアポロケンタッキーが人気にならないならこの馬から入ろうかなと思ってたんですけど、そこそこ人気になってますね。
ラニ、グレンツェント、アスカノロマンが横並びでその後に続いています(23時現在)。

じゃあ代わりにどの馬を選ぼうかなと思ったのですがアスカノロマンです。
今年の3歳は芝路線に関しては評価してますが、ダート路線はそこまでレベルが高くないと思っているので基本的に3歳馬は軽視していきたいです。そうなるとこの横並びのオッズならアスカノロマンを優先したいですね。

ダート路線ではアウォーデイーを含む上位路線との力差は感じますが、G2G3レベルの重賞なら十分に主役級だと思います。3歳馬に人気が集まるなら素直にこの馬から入っていいと思いますね。

そして、対抗にはアポロケンタッキー。前走の不可解ですが、まだ見限るほどでないのでここも狙っていきたいです。

単穴にはインカンテーション。3歳馬の評価を下げた以上はこの馬の評価も自然と上がります。休み明けで嫌われているようですが、このオッズなら十分に狙ってもいいと思うので単穴評価です。

推奨馬にキョウエイギア。実はこの馬とケイティブレイブのレースぶりから今年の3歳勢はダートの上位陣とは力差がまだあるのでは?という評価をしています。ただ、それを覆すならやはりこの馬かなと思うのでこの馬を推奨馬にします。

抑えにはグレンツェント。キョウエイギアには勝っていますし、斤量も軽いのでこちらも一応抑えに入れます。

モンドクラッセあたりは気になりましたが点数が増えるので手が回りませんでした。ラニは3歳勢の中でも評価は落としておきたいですね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


さて、最後に海外馬券のBC F&Mターフです。
ここの本命はクイーンズトラストにしました。前日レディイーライにするとか言っておきながら印すら打ちませんでした。

まぁ大まかな理由としてはやはり人気になってしまったという点ですね。セブンスヘブンが人気になると思っていたのですが、メルボルンカップ同様凱旋門の時とは少し違う傾向があるのかなといったところです。
とはいえ、日本馬が人気になるのは変わらないですけどね。

上位3頭の馬は基本的に日本のオッズの方が人気がない馬で固めました。
オッズは基本的にはセブンスヘブン、レディイーライ、ヌーヴォレコルトの人気所+アベンジが人気になってますね。アベンジは前走のタイムが優秀だったので人気を集めている感じです。これならレディイーライを抑えた方がいいのかなと思いつつ、内枠先行できる点はやはり抑えた方がいいのかなという事でこちらを抑えます。

買い方は◎の複勝、◎→印への馬単


11月6日追記

アルゼンチン共和国杯はシュバルグランが勝ち切り、このメンバーでは力が違うところを見せつけました。
2着にもアルバートが入り、春のG1戦線で活躍した2頭で決まりましたね。

条件戦を上がってきて期待されたヴァルシェーヴとモンドインテロは3着と4着。力がある事は見せましたが、やはり上位2頭とは力差があるといったところでしょうか。

みやこSはアポロケンタッキーがブラジルCでの負けがなんだったのかと思えるような内容でした。斤量面で有利な点もありましたが、それを差し引いても強い内容でしたね。
2着にグレンツェント。3歳勢の中でも古馬とやりあえるだけの実力は見せた形になりました。さらに上のクラスと戦ってどうなるか分かりませんが、今後に期待したいですね。

BC F&Mターフはイギリスのクイーンズトラストが制しました。
最後の直線はレディイーライとクイーンズトラストの叩きあいになりましたが、クイーンズトラストが図ったように差し切りました。

予想はBC F&Mターフの単勝のみ的中。
アルゼンチン共和国杯の紐抜けはしょうがないとしてもBC F&Mターフはもともと本命に考えてたので少し悔しいですねー。まぁその分単勝を取れたので良いと言えばよいんですけど。
アルゼンチン共和国杯はシュバルグランを甘く見ていたと反省ですね。もう少しやれないと見てましたが思った以上にやれたという印象でした。

みやこSはアスカノロマンが完全にアテが外れました。ここまで大敗するとは…。実力的には上位だという評価は変わらないので次回狙える機会があれば狙いたいですね。
あとはグレンツェントが頑張りましたね。ここもシュバルグラン同様、甘く見ていたところです。まだ評価を高くすることはできないですが、今後の活躍を見ながらといったところ。

そしてラニは全く動きませんでしたねw砂のゴールドシップなんて言われてるのが分かった気がします。

予想記事回収率(1月~11月6日まで)

20161106%e5%9b%9e%e5%8f%8e%e7%8e%87


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*