パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2016年 秋華賞 予想

投稿日:

秋華賞

%e7%a7%8b%e8%8f%af%e8%b3%9e

府中牝馬Sは久々の紐抜けでした(;´Д`)
クイーンズリングはスマートレイアーよりさらに下の評価にしたのでもっと手を広げないと取れないですね。

ただ、手を広げると馬連が7点近くになってしまうので手を付け辛いです。


まぁ気を取り直して秋華賞の予想に入ります。
シンハライトの離脱でめちゃくちゃ難しいレースになっちゃいましたねー…。

まずは有力馬から。
前走までの成績を見るとビッシュに人気が集まるのは分かるんですが、流石に人気が集まり過ぎじゃないかなーというのが正直なところです。

紫苑Sでも言いましたが、紫苑Sのビッシュの単勝(3.1倍)はかなりおいしいと思いました。理由は単純で他の馬が弱いと思ったから、ですね。
今回は秋華賞でメンバーもがらりと変わるのに対して、オッズは紫苑Sと大して変わりません。(26時現在で2.9倍)

まぁこの人気になるのは分からなくもないんですが、狙いたい馬ではないですね。
まだヴィブロスの方が狙ってもいいんじゃないかと思えます。

ただ、ヴィブロスも同様にあのレースでかなり評価が上がってる気がします。3番人気になるのは予想通りではありますが、実力的にはローズSの上位組とあまり変わらないのではないかと。

最後にジュエラーに関しては何ともですね。着差は気にしなくていいですが、全く手ごたえがなかったのが気になります。
神戸新聞杯でもヴィクトワールピサ産駒の成績が思ったほどよくなかったので、距離か成長かなんかしらの要因があるような気がします。

同じヴィクトワールピサ産駒のパールコードも紫苑Sでは5着に沈んでますし、春は能力の高さで何とかなったけど、秋に入ってその傾向が顕著に出てきたのかなって気はします。

もちろんただ単純に重馬場だったからの可能性もありますが、現状では分かりませんね。

以上を踏まえて本命はキンショーユキヒメにしました。

抽選を通った1000万条件の馬ですが、前走の夕月特別では4コーナーで位置取りが下がっています。
直線も少し詰まり気味になり、レースをしたのは残り200Mと言ったところです。それでも3着に来ているので1000万クラスなら突破できる実力は十分にありそうです。

1000万を突破できる実力なら紫苑Sでも上位にきた可能性は十分にありますし、ローズSでも見劣りしません。それでこの人気なら狙ってみたいですね。
大外枠に入ってしまったのだけがマイナス要素なんですが、オッズに魅力があるのでその分で帳消しでいいかなと思います。

対抗はダイワドレッサーにしました。

この馬も外枠に入ってしまったのでどうしようかと思いましたが、人気がないので対抗にしました。
おそらく嫌われる要因は休み明けなんでしょうけど、もともと直行の予定だったようですし、気にする必要はないと思います。

単穴にクロコスミア。
この馬も流石に人気なさ過ぎだろうといったところですね。

確かに前走は嵌った感が強いレースでしたが、今回そういうレースにならないかと言えば、そうとは言えないと思います。
有力馬は後方に固まってますし、先行勢が多いとはいえ、何が何でも前にって馬は見当たりません。

現在の京都も先週程ではないですが、そこそこ前が有利という印象でした。少なくとも10番手以内にいるのが条件に思えます。
となると、ローズSの再現があってもおかしくないなと思います。

推奨馬にはデンコウアンジュにしました。

正直、前有利じゃなければこの馬から入りたかったです。ローズSではシンハライトを除けば一番評価すべき馬だと思います。
オークスの9着もシンハライトの強引な割り込みがあってもの。それがなければ掲示板にのってもおかしくなかったでしょう。

そして、抑えにジュエラーにしました。
正直なところ本命にしないなら切る馬のような気もするんですが、ビッシュとヴィブロスにあまり魅力を感じないのでこの馬を抑えにします。

また、予想を見れば分かりますが、デンコウアンジュを除けば全て前目につける馬です。
今回ジュエラーはおそらく後方待機という位置にはならないでしょうし、ローズSのようなレースをして、内から差してくると思います。となると抑えるべき馬はこの馬かなという事で抑えます。

買い方は◎の単複、◎→印への馬連。
あとデンコウアンジュの単複も少し抑えようと思います。

今回複勝も付けたのは10倍近くの複勝なら十分に回収率があると踏んでいる為ですね。当たったらかなり嬉しいですが、どうですかね~。


10月16日

秋華賞はヴィブロスが姉ヴィルシーナの取れなかった牝馬三冠の一つを制しました。
ヴィブロスは紫苑Sでも不利を受けた分を返した形になりましたね。

一方骨折の影響が不安視されたジュエラーは4着。予想された先行策とは違い、後方策。4コーナーで少しごちゃ付きましたが、そこまで大きな影響はないように思えます。
シンハライトがオークスで不利があってもしっかり勝ち切ったところと比べるとやはり少しパフォーマンスが落ちてるなといった印象ですね。

本命にしたキンショーユキヒメは残念ながら11着。
前目につける競馬ならチャンスはあると思いましたが、あの位置では少し厳しいですね。とはいえ、大外枠でその競馬をするのは難しい面もあったので仕方ないかなと思います。

あと気になったのはビッシュ含めて関東馬の全滅ですね。
特にビッシュは同きゅう舎の馬が同行する為、輸送はあまり心配ないようなことを言われてましたが、直線では全く伸びなかったのでやっぱり影響あったのかなーって気はします。

予想はかすりもしませんでしたw

ヴィブロスの単はまだ買える要素はありましたが、パールコードとカイザーバルは少し難しいですね。カイザーバルはローズSが目いっぱいだと思いましたし、パールコードはヴィクトワールピサ産駒という面で切ってますからね。仮にパールコードを入れていたらビッシュを本命にしたと思います。

来週は菊花賞。

ディーマジェスティとサトノダイヤモンドの2強対決という感じになりそうです。とは言え、すんなりこの2頭ですんなり決まる気もしませんね。
ちなみにこの2頭で上ととるならディーマジェスティです。多分本命はレインボーラインになると思いますが枠順や中間での情報見てから最終的な結論を出す感じにします。

予想記事回収率(1月~10月16日まで)

20161016%e5%9b%9e%e5%8f%8e%e7%8e%87


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。

スポンサードリンク

-競馬
-

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.