競馬

2016年 セントライト記念 ローズS  予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セントライト記念

◎4 ディーマジェスティ
○10 ゼーヴィント

ローズS

◎7 シンハライト
○6 ジュエラー

今回はいつも使ってるPCがメンテ中の為、印は簡素なものです。
いや、いつもの表くらいエクセルですぐ作れるだろと言われればそうなんですが(

しかし、リオンディーズの屈腱炎は驚きました。ダービーの上位5頭は力が抜けてると思う存在だっただけにその一頭が離脱するというのは悲しいですね。
この5頭の戦いが少なくとも来年の夏以降になるというのは残念でなりません。


さて予想に入ります。
まずはセントライト記念。

本命は迷わずディーマジェスティです。冒頭でも書きましたが、ダービーの上位5頭はこの世代では力が抜けてると言わざるを得ません。

エアスピネルのデイリー杯、リオンディーズの朝日杯、サトノダイヤモンドのきさらぎ賞、ディーマジェスティの皐月賞、そしてダービーのマカヒキ。

これらを見るとやはりこの5頭が抜けてるという評価になります。ダービーの着差的にはエアスピネルとリオンディーズならスマートオーディンやマウントロブソンなら逆転があるんじゃ?と思う人もいると思いますが、エアスピネルがレース運びを失敗するのは想像がつきませんし、リオンディーズはあの内容で5着ですからね。

掲示板にのった5頭と乗らなかった5頭には力差があるというのが私の見解です。

ので、ここは素直に2着以下を探すゲームです。
ここはゼーヴィントにしました。

戸崎騎手の騎乗機会の重賞9連続連対も加わってか正直過剰人気気味という気はします。ただ、それを差し引いてもこの中で狙うならゼーヴィントです。
ラジオNIKKEI賞での立ち回りの巧さは見事でしたし、外枠とは言いつつ頭数もそこまで多くないのでこの立ち回りの巧さは十分に活きると思います。

あと気になったのはプロディガルサンが結構人気しているなという感じですね。調べてみるとこの夏に成長したという情報があるようです。

逆にマウントロブソンの人気があまりありませんが、こちらは調整がうまくいかなかったという噂。

まぁいずれにせよ、この人気で狙うのはちょっと…という評価ですね。
プロディガルサンはどこまで成長してるか分かりませんし、マウントロブソンは調子が悪いのはこの人気は…といったところです。

仮に狙うならプロディガルサンですが、この馬を狙うならむしろ思い切って頭にした方が良いように思えます。まぁ私はしませんが。

追加で買うならピースマインドとプロフェットですね。
ピースマインドは現在11番人気ですが、ここまで評価が低くなる馬ではないと思います。7~8番人気くらい推移しててもおかしくないですね。

プロフェットも同様です。京成杯ではメートルダールに勝ってますし、メートルダールと同じくらいの評価があってもいいと思います。

買い方は◎→○の馬単の一点。

単勝は1.7倍つくなら買いたかったですが、つきそうもないですね。複勝は買うかもしれません。

あとはディーマジェスティを頭固定にして、ゼーヴィント、ピースマインド、プロフェットあたりを2,3着付けで買うかもしれません。基本は馬単一点ですが、このあたりは様子を見てといったところですね。


次はローズS。

このレースも面白味もなく、シンハライトとジュエラーの一点にしました。

とはいえ、馬連オッズは現在2.0倍です。(17日24時現在)
ポカが全くないわけではないので正直このオッズではあまり買う気は起りません。

とはいえ、2回やれば1回はワンツーになるんじゃないかと言われれば、それはそうだと思うので素直にこの一点で買います。

馬券圏内候補として面白そうなのは、ラヴェンダーヴァレイ、カイザーバル、フロムマイハート、デンコウアンジュあたりですね。2頭軸3連複でこのあたりを絡めて買うのはやるかもしれないです。

買い方は◎→○の馬連。


9月18日追記

セントライト記念はディーマジェスティが貫録勝ち。スタートでは後手を踏み、ほぼ最後方という位置からでしたが、持ち前の反応の良さで勝ち切りました。

直線に向いた時には3馬身くらいは突き放すかと思いましたが、首差決着。とはいえ叩き台でしょうし、後方になってしまった事を考えれば十分に思えます。

ゼーヴィントは戸崎騎手が巧く立ち回りましたね。しかし、これでディーマジェスティに負けてしまうとなると着差以上に力差があると思います。

プロディガルサンは直線ディーマジェスティを抜くかという勢いで上がってきました。しかし、右に寄れてしまった為に減速。逆転があったかもと思える内容だったので惜しかったと思います。噂通り、力を付けていると思えるレース内容でした。

注目してたピースマインドとプロフェットは沈みました。まぁこんなもんかと言われればこんなもんなのかもしれないのでしょうがないです。

ローズSはシンハライトが粘るクロコスミアを差し切り勝ち。シンハライトは着差が開かないので某世紀末覇王のハナ差圧勝を思い出してしまいます。

逆に成績が振るわなかったのがジュエラー。道中は好位位置につけ、いつも違う競馬をしました。直線を向いた時にはすでに手ごたえが若干怪しく見え、「これで本当に伸びるのか?」と思いきややっぱり伸びませんでした。
久々の影響なのか、雨の影響なのか、位置取りの影響なのかは分かりませんが不安が残る結果になってしまいました。

次回も期待できそうなのはデンコウアンジュですね。
シンハライトとの差はキッチリ出てしまいましたが、3歳牝馬の中ではそれなりに力を見せたと思います。

クロコスミア、カイザーバルは評価が難しいですね。権利を取りに来た馬でしょうし、ここからシンハライトにに逆転というのは考え辛く思います。
特にクロコスミアは渋った馬場の影響も少なからずありそうなのでなんとも言えないですね。

ただ、秋華賞で馬券に組み込まないかというとクロコスミアの方は組み込む可能性は今後ありそうです。

予想はセントライト記念のみ的中。

ローズSは撃沈。ジュエラーが骨折明けの影響で走らないというのは可能性としてあったのでまぁしょうがないかなといったところです。2回に1回で決まらない方が来てしまったという事ですね。
ただ秋華賞は人気次第のところもありますが、馬券を外すということは多分しないと思います。

セントライト記念の方はディーマジェスティが流石といったところなのでこの馬も馬券から外す事はしないでしょう。
ただ、個人的には菊花賞の本命はレインボーラインも考えており、今日のようなに後ろに行かざるを得ない競馬だと本命にし辛いかなというのが正直なところです。

レインボーラインもほぼ後方からでダービーの上位5頭でもないんですが、菊花賞で狙う分にはかなりありじゃないかなーと現時点では思ってます。

ディーマジェスティも好位に付けられずでこの結果なので強い事は強いんですけどね。
まぁいずれにせよ来週の神戸新聞杯の結果次第というところもあるでしょう。

しかし、来週の神戸新聞杯とオールカマーもエアスピネルとサトノダイヤモンドの一点、ゴールドアクターとマリアライトの一点でよくね?という気がしてなりません。
まぁ神戸新聞杯はジョルジュサンクが面白そうなのでこのへんは組み込むかもしれないですね。

予想記事回収率(1月~9月11日まで)

20160911%e5%9b%9e%e5%8f%8e%e7%8e%87


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。



–スポンサードリンク–




コメント

  1. うい より:

    馬単的中おめでとうございます。

    ジュエラーの評価は悩むところですね。
    11着という着差自体はデムーロが諦めて流しただけという取り方をすれば悲観する内容ではないと思いますが。
    次走のオッズ次第といったところでしょうかねぇ。

    1. レコ より:

      ういさん>
      ありがとうございます。

      そうですね。
      最後は流しただけと考えれば、着順ほどは悲観する内容ではないという気はしないでもありません。

      確かにオッズ次第ではありますが、秋華賞に出るならなんだかんだで3番人気くらいには収まりそうなので難しいところです。

コメントを残す

*