競馬

2016年 新潟記念 小倉2歳S 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新潟記念

新潟記念

小倉2歳S

小倉2歳S

どーもこんばんは、レコです。
今日の札幌2歳Sはボロボロでしたw まさかトリオンフ、タガノアシュラが両方とも後方の競馬になるとは思ってませんでしたね。逆に逃げたトラストが気持ち良く走り逃げ切り勝ち。そこそこ番手や中団に付ける可能性はあると思ってましたが、あそこまで後方だと流石に諦めるしかありません。

まぁこれも競馬という事で諦めるしかないでしょう。


では予想に入ります。
まずは新潟記念。

本命はルミナスウォリアーにしました。
前走の七夕賞では切っていきましたが、今回は本命にしようと思います。

ルミナスウォーリアの七夕賞は外を回っての大敗でした。七夕賞は内を回ってきた馬が上位を占めており、外を回ったこの馬は度外視しても良いと思います。左回りの成績も良いですし、ここは期待したいところですね。

対抗にはマイネルディーンにしました。これだけ人気がないなら本命の方が回収率は高そうですが、ひよって対抗です。昨年の新潟大賞典では前が詰まり追い出しが遅くなりました。今年の年明けの金杯、AJCCもそこまで負けてる訳ではありませんし、この人気なら狙いたい一頭です。

単穴にはダコールにしました。
前走の小倉記念は直線で明らかな不利がありました。鞍上もデムーロ騎手に変わるという事でここは明らかに狙ってきていると見て良いと思います。正直、上位の3頭はどの馬を本命にするか迷ったくらいですが、この三頭の中で一番人気があるというシンプルな理由で評価を下げました。

推奨馬にはロンギングダンサーです。
この馬も前走の新潟大賞典では不利を受けています。想定オッズでは50倍の人気薄でしたが、意外と人気があります。流石にこれでは狙い辛いですが(先週のブランボヌールの記憶がよみがえる!)、候補には入れます。

抑えにアデインインザライフを入れました。もともと実力が評価されていた馬でようやくOP入りした馬ですね。条件戦は強い内容でしたし、ここであっさりはおかしくないと思います。

ベルーフ、エキストラエンド、マイネルミラノ、クランモンタナ、アルバートドックあたりは切っていきます。アルバートドックを切るのはもはや恒例となっている気がします。
アルバートドック以外の馬も正直泣く泣く切ったといった感じですね。

ベルーフもダコール同様小倉記念で不利を受けています。ただ小回り巧者じゃないかという気もするので切ります。

エキストラエンドも前走の走りでこの距離でもやれる事を見せました。ただ、やはり力は足りないんじゃないかという事で切ります。

マイネルミラノはエプソムカップ、函館記念とここ最近の重賞では力を見せています。ただ今回は前にいく馬がそこそこいるので少し狙い辛いです。

クランモンタナは前走の小倉記念ではこれでもかというくらい押して前につけました。おそらく今回もそのようなレースをすると思います。というよりそういうレースをしなければ、この馬が上位進出する場面が思い浮かびません。
そういう意味では外枠というのは好材料で、しかも人気もあまりありません。あまり切る材料はないですが、ダコールやベルーフに不利があったからの勝利という事を考えると流石に今回は逆転されると思います。

普通ならこのへんの馬も抑えとして置いても良かったんですが、今回は少し買い方を変える為に点数を絞りました。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。後は少額で印のボックスワイドを抑えておこうと思います。上位3頭が大きな評価の差を付けれないので今回はこういう買い方をします。


次は小倉2歳S。

こちらは小倉の前日発売がないので予想オッズでしかオッズが分かりませんね。
本命はオールポッシブルにしました。前走の新馬戦を見る限りでは今の差しが決まりやすい小倉では嵌りそうですね。

キョウヘイも同様の理由で対抗です。未勝利勝ちという事で人気があまり出なさそうなのもいいですね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


9月4日追記

新潟記念はアデインインザライフが大外をぶん回し差し切り勝ちを収めました。3歳時から期待されていた馬がようやく頭角を表しはじめたといったところでしょう。秋のG1戦線も楽しみになりました。

小倉2歳Sはレーヌミノルが6馬身差の圧勝。このメンツでは力が違うと言わんばかりの走りでしたね。今、デビューしている馬だと牝馬はこの馬と先週新潟2歳Sを勝ったヴゼットジョリー。そして、まだ新馬戦を勝ち上がったばかりですが、ソウルスターリングあたりでしょうか。

両レースの本命は、とも立ち回りにはあまり文句はなかったので、単純に力不足という面が強かったのだと思います。

レースは新潟記念のワイドのみ的中しました。
しかし、新潟記念は反省点の多いレースです。配当を見るとロンギングダンサーとのワイドは1番人気のアルバートドックより、アデインインザライフの方が人気があります。
また、馬連もアデインインザライフとアルバートドックの馬連は2番人気という配当でした。

逆に何が人気になっていたかというとルミナスウォーリアの馬連でした。単勝支持率は4番人気ながら馬連支持率は2番人気です。どうやら1番人気が負けてるという情報がこういう状態になったようですね。
こういう馬を本命にしてしまったのは反省点です。

単勝メインであるとは言え、馬連も買う以上はこういうところにも注意を払っておきたいですね。

予想記事回収率(1月~9月4日まで)

20160904回収率


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*