競馬

2016年 エプソムC マーメイドS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エプソムC

エプソムC結果

マーメイドS

マーメイドS結果

どーもこんばんは、レコです。

舛添知事の話題が連日流れてますねー。知事は辞任しないようですが、見てる感じだと「法律を違反していないのだからやめる理由がない」といった感じに見えます。ただ、このお金の使い方を見てるとオリンピック利権とかもあるんじゃないかなーと疑ってしまいますね。

政治関係と言えば、参院選ももうすぐですね。この前ペルーの大統領選がかなりの接戦だったのを見て白熱してるなーと小学生並みの感想を覚えたりしますwアメリカの大統領選も白熱してますが、こちらはトランプ氏が大統領になったらえらい事が起こりそうな気がして正直気が気でありませんがwまぁどうなる事やらという感じです。


さて、では予想です。

今回は2重賞。
春のG1戦線が一段落ついて、宝塚記念までの合間といった感じですね。明日(実際には今日ですが)の日曜の朝にはラニがベルモントSで走るので今週はどちらかというとこちらの方が注目度は高いでしょうか。

まずはエプソムCから。
ここは素直にルージュバックから入ろうと思います。

中山牝馬やヴィクトリアマイルで負けたと言え、このメンバーで54kg。しかも3倍台を切らないとなると買わない理由はほぼないかなーと思います。まぁ前日の1時の時点なので最終的には切ると思いますが、2倍前半にならないならいいかなと思いますね。2倍台後半なら十分においしいと思います。という事で本命はルージュバック。

ただ、相手は少し荒れるのを期待しようと思います。
対抗にはマイネルホウホウ。NHKマイルの優勝馬で最近は不調気味でしたが、前走の谷川岳Sでは復調気味の3着。スローになりそうなのも好材料かなと思います。

そして、単穴にはエキストラエンド。
ここ2走はふるいませんが東京新聞杯2着と衰えてる感じはしません。この馬も展開的に比較的好位置に付けられそうなのでここでは狙ってみたいですね。

推奨馬にはレコンダイト。
この馬も正直なぜこんなに人気がないのかって馬ですね。距離で嫌われてるのだと思いますが、それにしてはという感じです。乗り替わりと後方からという事でこの評価ですが、前走は直線伸びてきたところで前が詰まりましたし、積極的に狙っていきたいですね。

あとは抑えにロジチャリス、アルマディヴァン、マイネルミラノを抑えます。フルーキーは切っていこうと思います。ルージュバックがこの人気なのもロジチャリスとフルーキーがいるからでしょうし。ロジチャリスはこの秋にG1戦線で活躍する可能性はありますが、フルーキーはやはりG2G3戦線までかなという感じですね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


続いてマーメイドS。

こちらの本命はリラヴァティ。
この馬も「あれ?こんなオッズ?」と思った馬ですね。前走のパールSでは一度抜かれながらも再び差し返すという強い内容。ハンデも見込まれてる感じはしませんし、もっと上位人気になってもおかしくないと思ったので狙っていこうと思います。

対抗にはアカネイロ。
この馬もリラヴァティと同じパールSを走った馬ですね。前走では直線で少し詰まったところがありました。あれがなければ3着には食い込んできてもおかしくないなというような内容だったのでしたね。ハンデがリラヴァティより2kg軽いですが、正直リラヴァティはまだまだ余裕を持ってる感じだったので対抗まで。

その他のにはナムラアン、ヒルノマテーラ、レッドオリヴィア、ショウナンバーキン、タガノエトワール、ゴールドテーラーを抑えておきます。ココロノアイとシュントルボンは切っていきます。

シュントルボンは中山牝馬でルージュバックに勝ってきているとはいえ、ヴィクトリアマイルはちょっとという内容。エリザベス女王杯でのリラヴァティとの差を考えてもこの斤量でこの人気なら切っていこうかなと思います。

ココロノアイはなぜこんなに人気してるのか?と思いますね。確かに重賞勝ち馬ですし、G1戦線で走ってきた馬ですがその分斤量はそこそこ見込まれてますし、内容が特別良かったというわけでもないのでここは嫌っていきたいです。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


6月13日追記

エプソムCはルージュバックが力の違いを見せつけての優勝。流石にこのメンバーだと力が違ったようです。2着にはトップ斤量のフルーキーが入り、このクラスでは力が上という事を見せつけました。3着にはマイネルミラノ。自分のペースに持ち込み、逃げ切りを図りましたが最後には躱されて3着という結果でした。

マーメイドSはリラヴァティが好位につけ、前走のパールSのように相手に抜かせない競馬での勝利。追い込んできたヒルノマテーラの追撃も躱し切りました。3着にはココロアイ。もう少しエンジンが早く掛かれば上位にもっと上位に詰め寄れたのではと思うような内容でした。
シュントルボンは斤量の差が響いたのか、一度はこのまま勝ち切るかと思いましたが伸びきれませんでしたね。レッドオリヴィアとアカネイロは最後の直線で少し抜け辛そうな形となりました。こちらは条件次第ですが、次で狙えるかもしれないですね。まぁもともと軽ハンデなので狙える機会にはなり辛いかもしれないですが。

予想は両方とも的中。
エプソムCの馬連は逃しましたが、まぁここはしょうがないかなといった感じです。あと配当的にはマーメイドSの方が大きかったですが、個人的にはルージュバックの単勝の方がおいしかったと感じましたね。久々に快勝と言える内容でした。5月は重賞以外の成績も散々だったのでちょっと安心です。(5月の重賞以外も含めた回収率は69%。)

回収率と言えば、やはり抑えの回収率が低いのは気になります。やはり抑えを買う事で回収率は低くなっているんだろうと分かりますね。対抗の馬連回収率は単勝と複勝がそこそこの数値になってるので噛み合ってないだけと思うので気にしてないです。まぁもともとあまり収支のブレがあまり出ないように抑えを買っているようなものなので、しょうがない部分もありますけどね。

予想記事回収率(1月~6月12日まで)
※一部間違っていたところがあった為、修正しています。

20160613回収率


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメント

  1. うい より:

    アルバートドックも切るんですね
    ちょっと意外でした

    1. レコ より:

      ういさん>
      アルバートドックは入れるか悩みましたが、脚質と前走の走りがちょっと評価され過ぎかなという事で切りましたね。

コメントを残す

*