競馬

2016年 天皇賞春 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞春

天皇賞春

どーもこんばんは、レコです。

少し更新が止まってしまいました。レコビアンドットコムでも書いてない記事があるのでこれからちょっと頑張って書いていきます(汗


では予想に入ります。

今回は天皇賞春ですね。先週は穴狙いになりそうという事を言いましたが、気持ちは変わらず。先週から本命にしようと思った馬をそのまま本命にしようと思います。

本命はアルバート。
この馬はステイヤーズSを勝った後は、有馬記念、日経賞とどちらかという展開が不向きで勝負にならなかったパターンが続いていますね。正直、日経賞の時も狙いたかったですが、どちらかというと天皇賞で狙いたいという気持ちがあったので、負けてくれという期待込みでサウンズオブアースとゴールドアクターの馬単で勝負したりしました。

ある意味思惑通りに負けてくれたので、ここで狙わずいつ狙うという馬ですね。長距離適正はステイヤーズSで実証済みですし、日経賞、有馬記念は完全に位置取りの差だと思ってるのでここはゴールドアクターやサウンズオブアースとの逆転はあって良いと見ます。

そして、対抗にはシュヴァルグラン。
実はキタサンブラックより人気になって2番人気くらいになると思ってたんですが、キタサンブラックの方が人気になりましたね。阪神大賞典は強い競馬でしたし、この人気なら積極的に狙っていきたいので対抗指名。

単穴にはフェイムゲーム。
長距離での走りは疑いようがないですし、昨年の2着馬でもあるのでここは単穴。現在はそこそこ人気になってるのでこれが下がらないようなもう少し評価を下げてもいいかなと思います。

推奨馬にはサウンズオブアース。
ゴールドアクターに負けはしたものの、菊花賞2着馬であるだけに距離が伸びての逆転は十分にありえると思うところです。前走の斤量差で人気は下がるようですが、有馬記念では同じ斤量で接戦を演じていますし、能力的にはそこまで負けてないと思いますね。

あとは抑えにキタサンブラック、アドマイヤデウス、タンタレグリア、ゴールドアクターを抑えます。ゴールドアクターは切ってもいいかなとも思いましたが、なんとなくテイエムオペラオーのような僅差圧勝のような強さも感じるので抑えておきます。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連


5月1日追記

天皇賞春はキタサンブラックが差された後にまた差し返すという芸当を見せての勝利。終始キタサンブラックのペースとなり、菊花賞に続いてのタイトルとなりましたね。

2着まで追い詰めたカレンミロティックは一瞬は勝ったと思わせる内容だっただけに残念でした。8歳馬ながらこの見せ場を作りました。見せ場を作ったと言えば、トーホウジャッカルも見せ場を作りました。この馬も一瞬はこの馬が復活Vを射止めるかと思うような追い詰め方でしたが、内の2頭は捉えられない結果に。

人気のゴールドアクターは掛かってしまい、良いところなしで終わりましたね。今回は敗因がしっかりしているので、これで見限るような事はありませんが人気が下がるかというとまた難しいところです。
予想で本命に押したアルバートは少し出負けして、そこから盛り返せなかったですね。スタート直後はルメール騎手が良いボジショニングを取ろうとしてましたが、結局取れずに終わり後方のままでレースを進める形になりました。ペースはゆったりとしたペースだったので、日経賞の時と同様、展開に泣かされる形になりました。天皇賞6着だとそこそこの実績になってしまうので次回も狙うかどうかは少し悩むところです。

来週のNHKマイルは更新できない可能性があります。可能であれば更新したいと思いますが、更新しない可能性が高い事はご了承ください。

予想記事回収率(1月~5月1日まで)

20160501回収率


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*