競馬

2016年 大阪杯 ダービー卿チャレンジT 予想/結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪杯

2016年大阪杯

ダービー卿チャレンジT

2016年ダービー卿

ドバイではリアルスティール、ラニが1着、ドゥラメンテが2着という結果になりましたね。ドゥラメンテの活躍はそこまで驚きませんが、リアルスティールとラニの活躍はビックリです!特にラニは先週も書きましたがケンタッキーダービーに向かうようなので頑張ってほしいですね。


さて、では予想に入ります。

まずは大阪杯。
来年からG1になるとかならないとか言われてますね。確かに明日のメンバーを見てもG1でも遜色ない感じです。ただ、上半期は宝塚記念があるのでなんだかなーという気は少ししますね。中距離G1が足りないという事はないと思うんですけど。

まぁこういうメンツが集まるならG1でいいじゃんというのは分からなくもないですけどね。そのメンバーですが正直どれから入るか非常に難しいレースです。

とはいえ、実力はラブリーデイ、ショウナンパンドラ、アンビシャスが抜けてるのかなーという気がしますね。走るかどうか分からないがちゃんと走れば、これらの馬に匹敵するのはイスラボニータだと思いますが、中山記念では出遅れたにしても走らなさすぎでした。

さて、この中から選ぶならアンビシャスにしようかと思います。
前走ではドゥラメンテが万全ではなかったとはいえ、首差の2着。リアルスティールにも先着していますし、4歳勢の中距離では間違いなくトップクラスにいる馬でしょう。ここも中山記念同様、斤量の理がありますのでアンビシャスを本命にします。

ヌーヴォレコルト、タッチングスピーチあたりは斤量の差があってもショウナンパンドラより先着する力はないと思うので切っていきます。
そのショウナンパンドラは天皇賞・秋ではラブリーデイに劣らない内容でしたのでここは対抗評価。そして、なんだかんだで堅実に走るラブリーデイが単穴です。

イスラボニータはまとも走れば、上位3頭にも負けていないと思うので押さえておきます。
キタサンブラックは今回はラブリーデイにターゲットにされると思うので、ここも切っていきます。ラブリーデイを本命にするならここは抑えておくところでしたが、アンビシャスを本命にしましたし。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連


次はダービー卿CT。

ここは本命はロゴタイプにしました。中山記念は正直、案外な結果でしたがもともと皐月賞馬で得意の中山。
中山記念よりメンバーは劣るのでここなら十分に勝負になると思います。

ロゴタイプで十分に勝負になると言いましたが、正直ポテンシャルではサトノアラジンが一番高いと思います。そこそこ人気になりそうなので抑え評価ですが、前売りではそこまで人気がないですね。あまり人気が出なさそうなら厚めにいきます。

あとは展開が向きそうなキャンベルジュニア、アルマワイオリ、前走競争中止で不完全燃焼のダッシングブレイズ、この時期はなぜか走るインパルスヒーローを抑えておきます。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連


4月3日追記

いつものです(;´Д`)

軸が来て紐を買ってないといういつものパターンでした。
とはいえ、大阪杯はアンビシャスがキッチリ勝ち切ってくれたので収支としてはちょいマイナスです。

では感想に入ります。
大阪杯はアンビシャス、キタサンブラック、ショウナンパンドラ、ラブリーデイ、イスラボニータ、ヌーヴォレコルトと前評判で評価が高かった馬が6着までを占めました。正直なところ、展開の有利不利はあったにしてもそれぞれ力を出してるかなと思います。

上位の2頭はもちろん、ショウナンパンドラ、ラブリーデイ、イスラボニータは次回も狙いたくなるような内容でした。ショウナンパンドラ、ラブリーデイも今回の敗戦はノーカンにできるような内容でしたしね。イスラボニータはこのメンバーでも十分に勝負になると思えるような走りでした。決定力の差で5着にはなりましたが、そんなに悲観するような内容でもないかなと思います。

ダービー卿はマジックタイムが内からロゴタイプを差し切り、最軽量を活かしての勝利。ロゴタイプも自分の勝ちパターンに持っていきましたが最後に差されてしまいました。サトノアラジンも内から突いてきましたが伸びきりませんでしたね。加速する前にゴールだったという感じだったので中山以外なら見直したいところです。

予想記事回収率(1月~4月3日まで)

20160403回収率


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*