未分類

2016年 フィリーズレビュー 中山牝馬S 予想/結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリーズレビュー

フィリーズR

中山牝馬S

中山牝馬S

昨日は映画の話をしましたが、映画はわりと見に行きます。ただ映画館に行くのに車で片道30分以上はかかるので気楽にはいけないな~というのが実際のところ。見るのはだいたいアニメ系が多いですが、3月19日から上映の「僕だけがいない街」はちょっと見てみたいですね。もともとは漫画からなんですが、これがかなり面白い!色々と伏線が張ってあるので後から読み返しても面白いと個人的にはかなり評価の高い作品です。

あの作品を2時間ほどの上映で詰め込むことはできるのか?という気はしないでもないですが、見ておきたいですね。そういえば、去年放映された「グラスホッパー」も見たかったのですが、こちらは見逃してしまいました。評判はそこまで良くなかったみたいですが、見逃してしまったので何とも言えないですね…。


さて、では予想に入ります。

明日は両方とも牝馬重賞。
まずはフィリーズレビューから。

3歳牝馬路線はメジャーエンブレム、シンハライト、ジュエラーが抜けた存在となりましたね。チューリップ賞の段階では可能性はあってもまだまだ未知数というところはありましたし。今回はそういう存在はちょっと見当たらず。メジャーエンブレムとほとんど格付けが終わったような馬達ですね。とは言っても成長してることもあるので逆転の可能性はありますが、メジャーエンブレムとの力差はかなりあるように見えます。

となるとここはほぼ横並びとみてます。個人的狙いたいのはメイショウスイヅキ、ダイアナヘイロー、ナタリーバローズ。3頭とも前走負けてますが、嵌れば十分に逆転可能な馬だと思います。特にメイショウスイズキはもみじSでも見せたような脚があればここで勝ち切るのも十分にありえるかと。

ただ本命はソーディヴァインにします。というのも上位の馬は狙いたい馬ではあるんですが、イマイチ決定打がありません。メイショウスイズキは掛かったらおしまい。ダイアナヘイローはレッドアヴィンセに軽々抜かれてる。ナタリーバローズはデムーロ人気。こうやって見るとナタリーバローズが一番本命にはしやすいんですけど、あんまり回収率が高くならなそう。

ソーディヴァインはダートでの勝ち上がりではありますが、兄弟も全く芝を走らなかった訳ではありません(兄弟も基本ダートで走ってましたが)。それに加え、父キンシャノキセキといかにもこのくらいの距離が合いそう。初芝なのでおそらくそんな人気にもならないと思うのでここは狙っていきたいです。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連


次は中山牝馬S。
ここはルージュバックがどうなのかってとこですね。

ルージュバックはG1でも活躍できる馬ではあると思うんですが、絶望的に強いという訳ではないというのが個人的な見解です。
絶望的に強いは個人的にドゥラメンテ、サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズですね。3歳馬が3頭も入ってきてしまいましたが、正直そのくらい今年の3歳馬牡馬は抜けてると感じます。

少し脱線しましたね。まぁ要はルージュバックはこのレースでは抜けてはいますが、他の馬も十分に逆転できる可能性があるという事です。
という事で本命はアースライズにしました。

枠が好枠でペースもそこそこ流れそうです。中段やや後ろにつけられそうなこの馬はかなり展開が向きそうですね。対抗単穴のクインズミラーグロ、レイヌドネージュは前走から上積みがありそうなので買い。
ルージュバックは今回は切っていきます。ハンデも見込まれてますし、普通に走っても逆転はありそうなのでここでは狙い辛いですね。

買い方が◎の単勝、◎→印への馬連


3月13日追記

フィリーズRはソルヴェイグ、中山牝馬はジェントルボンが勝ちましたね。
ソルヴェイグは終始好位置に付け、直線に入ったらキャンディバローズを捉え、アットザシーサイドの追撃も退けました。桜花賞では距離的にも実力的にもどうかというところはありますが、桜花賞での好走も期待したいですね。
本命のソーディヴァインは頑張ってくれましたが5着まででしたねー。この馬も昨日のレコンダイト同様、次回も狙えるか微妙になってしまいましたがまた機会があれば狙いたいです。

中山牝馬Sはルージュバックをジェントルボンが差し切り勝ち。
ルージュバックは流石といったところでしたが、やはり圧倒的な強さという訳にはいきませんでした。ヴィクトリアマイルでも上位だと思いますが、素直に信頼し辛いですね。
本命のアースライズは伸びては来ましたが、直線での位置取りが良くありませんでした。前に壁ができてしまったので仕方ないですね。この馬は次回も狙ってみようと思います。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*