競馬

2016年 中日新聞杯 予想/結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中日新聞杯

中日新聞杯予想

ガルパンはいいぞ!!

といきなり訳の分からない入りですいません。つい先日ガールズ&パンツァーの劇場版を見に行ってきました。

この映画は4DXでも上映されている作品の一つで私も4DXで鑑賞。他には最近だとスターウォーズが4DXでも上映してますね。4DXの映画ではマッドマックスの評判が良かったと聞きます。座席が凄く動きますし、霧、風、シャボン玉など演出は結構いろいろ。水は吹きかけられるので普通に濡れますw匂いは個人的にはあまり感じなかったんですけど、どうなんでしょうか?話を聞くと結構匂うと聞いていたんですけど。

座席が揺れるのはどうなんかなーという部分はありましたが、水、風、シャボン玉なんかは結構楽しめましたねー。ガルパンじゃなければ、座席が揺れるのは楽しめる部分もあるかもしれません。まだまだ4DXが導入されてる映画館は少ないですし、4DXの為の映画ではなく普通の映画に4DXで上映したという感じは否めませんが、機会があったら一度見に行ってみてください。


さて、では予想に入ります。

明日は中日新聞杯。明日から中京開催のスタートでその一週目ですね。
先週はどのレースも手を出したくないレースでしたが今週はどの重賞も手を出していきたいですね。

さて、この中日新聞杯はいかにもGⅢというレースですね。GⅠ、GⅡでは少し力が足りない。でも条件戦、OPは勝ち上がってきてる馬たちばかりです。ブライトエンブレムがこの中では実績上位になるくらいですしね。さて、このレースはパッと見、逃げる馬が見当たりません。サトノノブレスあたりがレースを引っ張る形になると思いますが、スローペースになりそうなメンバーですね。

個人的にここで狙いたい馬はライズトゥフェイム、レコンダイト。
ライズトゥフェイムは前走大きく負けてますが、大外を回る形で直線も伸びきれず。ただ、中山金杯ではかなりのパフォーマンスを見せており、この脚が出るならここのでも通用してもおかしくないでしょう。ブライトエンブレムよりも1kg軽くなるもの好材料ですね。

レコンダイトはここ最近は大きく負けてますが、福島記念は出遅れで末脚不発。京都大賞典は前が止まらず。アルゼンチン共和国杯は重馬場で馬場の悪い内を通っての走りでした。昨年目黒記念で2着になったように実力もありますし、今回は武豊騎手への乗り替わり。距離がもう少し長い方が良いかなという気はしますが、狙っていきたい馬ですね。

じゃあ、どちらを取るかという事ですがスローになりそうという事を考えるとレコンダイトの方を取りたいかなと思います。どちらも基本的には後ろから行く馬ですが、レコンダイトは前々でも競馬していましたし、どちらかという後ろにいたから成績を残せなかったという節もあるように思えます。武豊騎手がどう乗るかは分かりませんが、このメンバーなら好位につけてもおかしくないと思うのでこちらを本命。

ライズトゥフェイムは展開予想もあるので単穴評価。

買い方は◎の単勝、◎→印への馬連


3月12日追記

レース展開が非常に読み辛かったですが、逃げたのはロンギングダンサー。サトノノブレスは押し出されて前に行かないようにしてましたね。そのサトノノブレスが58kgを背負いながらも勝利。これで勝ち切るのですから強いですね。そして、ハンデキャッパーのハンデの付け方が絶妙とも思えます。

本命のレコンダイトは3着。複勝が1110円も付く結果に。まぁ私は複勝は買ってないので当たってません。
こればっかりは単勝メインで買っているので仕方ないですね。これでまた人気が従来通りになると思うので、ここまで人気が低いという事には今後はなりにくいでしょうが狙える時があったらまた狙いたいです。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*