競馬

2016年 中山記念 阪急杯 予想/結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中山記念

2016中山記念

阪急杯

2016阪急杯

2月ももう残すところあと二日。今年はうるう年なので29日までですね。うるう年というと4年に一度だけど、実は100年に一度うるう年じゃない年があるとか。でもその中でも400年に一度はうるう年になるとかそういうのがあるらしいですね。2000年はその400年に一度のうるう年だった為、私が生きてる間にはこういった事象は起きないと思いますが、何とも面白いものですよね。こういうの。調べていくとどんどん時間がなくなっていくので、調べるのもある程度にしたいものですが。


さて、明日は中山記念と阪急杯
中山記念はG1でも通用するような豪華メンバーですね。という事で中山記念から予想に入ります。

中山記念の本命はイスラボニータ。昨年の秋は半信半疑でマイルチャンピオンシップまでかなり評価を低くしてました。ただ、毎日王冠、天皇賞秋、マイルチャンピオンシップと決して有利と言えないながらも3連続3着はやはり力があるな、と。ナイスネイチャ先輩が後ろから見ている

昨年は満足な結果が残せませんでしたが、ドゥラメンテやリアルスティールにそこそこの人気が集まるならこの馬から入りたいです。
ドゥラメンテはやはり骨折明けというのが気になりますね。皐月賞やダービーを見てるとまともに力を発揮すれば、勝っても不思議ではないですが人気もありますし、不安材料の方が大きいのでここは切っていきます。

リアルスティールは正直本命にしようか迷いましたが、この距離なら斤量差があってもイスラボニータの方が上かなと思いますので単穴まで。

代わりにラストインパクトを対抗にしました。ジャパンカップでの2着は騎手の力も大きかったと思いますが力がなければ、2着までくる事はできないでしょう。実力ほど人気を集めなさそうなので対抗という評価。

あとは立ち回りのうまさでロゴタイプ、食い込むとしたらこのあたりかという事でアンビシャスを抑えます。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連


続いて阪急杯。

本命はオメガヴェンデッタ。
前走の京都金杯では前が止まらない展開で展開が向きませんでした。今回はレッツゴードンキ、ミッキーアイルといるのでここは気にしなくてもいいと思います。

レッツゴードンキは切っていきます。オメガヴェンデッタを中心にするなら抑えても良かったですが、他に抑えたい馬が何頭かいるので切っていきます。マイルチャンピオンシップを見る限り、この面子なら戦えてもおかしくないですが、結構人気になってますしね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連
ただ、単勝はそこまでおいしいかな?って気はしないでもないので馬連を厚めにしてもう少し手広く買うかもしれません。レッツゴードンキも気持ち程度には抑えるかもしれないですね。


2月28日追記

中山記念はドゥラメンテが圧巻でしたね。
休み明けをものともせずに完勝。状態はあまり良くないと聞いていたのですがそれでも勝ってしまうのだから力は相当でしょう。斤量差もありましたし、リアルスティール、アンビシャスとは着差以上の力差を感じますね。とは言え、アンビシャスもリアルスティールも強いと思える内容でした。ドゥラメンテが相手じゃければというところはありますね。リアルスティールは春の天皇賞では逆転できる可能性はありますし、アンビシャスも他の馬ならちょっとやそっとじゃ負けないんじゃないかと思える内容でした。

4歳馬の活躍が目立つので世代交代となるかもしれないですね。もちろんゴールドアクターが立ちはだかる事になると思いますが、ドゥラメンテとゴールドアクターの対決は楽しみです。

阪急杯はミッキーアイルが逃げ切り勝ち。
スタートでポンと抜け出しそのまま押し切り。NHKマイル以降は思ったほどの活躍はできませんでしたが、高松宮記念が楽しみになる結果です。

予想は阪急杯の馬連のみ的中。

結局手広く買う事はせずいつも通りに勝った結果、土曜と合わせて少しマイナスです。やはり頭でこないと難しい面がありますw
それにしてもデムーロ騎手は凄いですね。来週もリオンディーズに騎乗しますし、重賞をほぼ毎週勝ってしましそうな勢いです。

20160228回収率

※一部間違っていたところがあった為、先週までの回収率表と噛み合わない部分があります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*