競馬

2016年 フェブラリーS 小倉大賞典 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェブラリーS

2016フェブラリーS結果

小倉大賞典

2016小倉大賞典S結果

ちょっと最近ドタバタして更新が止まってしまいました。

ダイヤモンドSと京都牝馬Sの予想はアップするつもりだったんですけど、結局できず。トゥインクルとマジックタイムを本命にしてたんですが、両方とも紐抜け…。
トゥインクルは単勝を買ってたので良かったですが、京都牝馬の紐抜けは素直にやらかしました。まぁ仕方ないです。


さて、明日はフェブラリーSと小倉大賞典。

まずはフェブラリーS。
天気模様が気になるところではありますが、雨にはならなそうですね。とは言っても馬場の回復は難しいでしょう。

今回の本命はモーニン。
根岸Sでは本当に強いのかな?というのもありましたが、個人的には予想以上に強い勝ち方。最後に詰め寄られはしたもののしっかり勝ちきり。
おそらく皆が警戒するであろうノンコノユメは後方からに対して、番手で競馬できるのもいいですね。武蔵野Sでは完敗でしたが、逆転は十分にあるかと思います。

逆にノンコノユメは切っていきます。チャンピオンズカップで2着だったとは言え、内から突いての2着。レースが終わった後には来年の主役はこの馬だという雰囲気になりましたね。そう考えると結構過剰人気になりそうな気がします。脚抜きの良い馬場で差し有利となれば、さらに人気になると思うのでここは嫌っていきたいですね。きたらしゃあなしです。

ホワイトフーガはチャンピオンズカップを勝ったサンビスタに快勝した馬。実力のわりには人気もしなさそうなのでここも狙っていきたいです。

買い方は◎の単複と◎→印への馬連


小倉大賞典はアルバートドッグを本命にします。

オープン戦では勝ちきれない競馬が続いてますが、相手は東京新聞杯で1番人気になったダッシングブレイズや有馬記念で6着だったトーセンレーヴ。この面子なら十分に戦えますね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


2月21日追記

予想は各々単勝のみ的中。
先週のディーマジェスティも紐抜けですしちょっと多いですねw
まぁフェブラリーSはノンコノユメがきたら仕方ないと思ってましたので仕方ないです。むしろのあの位置から追い込んできたノンコノユメを褒めるべきでしょう。道中手ごたえは良かったものの直線では流石に届かないと思ったのに2着まできましたしね。

小倉大賞典はコース取りの差が出たといった感じです。内からロスなく進んだアルバートドッグに軍配が上がりましたね。トップハンデながら外を回って追い込んだダコールは強かったですが、あと一歩でしたね。

201602221回収率


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*