--スポンサードリンク--
----
競馬

2016年 きさらぎ賞 東京新聞杯 予想と結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
きさらぎ賞

きさらぎ賞

東京新聞杯

東京新聞杯

清原選手が覚せい剤で捕まりましたね。前々から噂されていた事ので「やっぱりか…」というところはあります。

正直なところプロ野球選手としてもバラエティ番組のメンバーとしても好きではなかったので「まさかあの人がそんな事するなんて!」とかショックを受ける事はなかったんですけど、スポーツ選手がこういうのに手を出してしまうのは何ともやりきれないですね。今の子供の世代は清原選手と言われてもピンとこないと思いますが、私くらいの年代ならスター選手の一人でしたし。

野球賭博もありましたし、野球やってる人のイメージが悪くならなければいいんですけどねー。


さて、明日はきさらぎ賞と東京新聞杯。

きさらぎ賞はレプランシュとサトノダイヤモンドの1点馬連でいこうと思います。ロイカバードがサトノダイヤモンドが出走しているのにもかかわらず、ここに出してくるという事はサトノダイヤモンドを負かしにきたという事でしょう。となるとロイカバードが馬券に絡むのは、サトノダイヤモンドを負かした時のみと見ます。もちろん詰め寄って届かないという事も可能性としてはありますが、そこまで高くはないかな、と。

となると勝つか馬券に圏内に絡まず負けてしまうか?のどちらかかな?と。一応サトノダイヤモンドを負かした場合、サトノダイヤモンドを負かしたけどロワアブソリューは捉えきれなかったという事はあります。そこまで考えると配当的にはおいしくないかな?と思いますね。

なのでロイカバードがサトノダイヤモンドを捉えきれずに沈んだ場合を考えます。そうなるとレプランシュが筆頭になりそうなのでこの一点の馬連でいこうと思います。


東京新聞杯はエキストラエンドを本命にします。

富士Sを見る限りダノンプラチナが能力は一番高いと思いますが、あまり無理をするレースにも見えないですね。それよりは前走京都金杯で十分な競馬ができなかったエキストラエンドを狙っていきたいです。トーセンスターダムも前走の走りから考えると狙っていきたいですが、このへんは明日のオッズ次第といったところですね。

買い方は◎の単勝と◎→印への馬連。


きさらぎ賞はほぼ思った通りの展開でした。久々に嵌ってくれました。
この一戦でロイカバードがレプランシュより弱いって事にはなりませんけどね。サトノダイヤモンドを負かしにいっての結果ですので仕方のない部分もあります。それよりはサトノダイヤモンドが強すぎですね。リオンディーズやエアスピネルもかなり強いと思うのですが、現時点でのインパクトはサトノダイヤモンドの方が上に見えます。

あとは来週の共同通信杯に出てくるハートレー、ホープフルSでハートレーの2着だったロードクエスト、若駒Sで勝利を収めたマカヒキあたりが注目されているところです。クラシックで中心になるのはこの馬たちかなー?って気はしないでもないですね。

東京新聞杯はスローで流れて前の3頭がそのまま残ったというレースになりました。スマートレイアーが逃げるという意外な展開でしたがそれが見事に嵌りましたね。エキストラエンドも直線、少し詰まり気味になりましたがしっかり2着。前走が本当の実力ではない事を見せてくれました。

トーセンスターダムがまた出遅れてしまいしたね。出遅れ癖があると少し狙い辛くなっては来るんですが、もう一回くらいは狙ってみようかなーと思います。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*