パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2015年 有馬記念 ホープフルS 予想

投稿日:

とうとう今年最後の競馬になりましたねー。
有馬記念です。

有馬記念と思い浮かべて真っ先出る馬は何でしょうか。トウカイテイオー?オグリキャップ?それともディープインパクトやオルフェーブル、ジェンティルドンナでしょうか。
みな、引退レースで勝利を収めた馬達ですがやはりそういうレースが印象に残りますよね。

ちなみに私は1996年のサクラローレルが一番印象深かったりします。え?なんでこのレース?と思うレースですよねw
ナリタブライアンも引退し、この年に名勝負をしたマヤノトップガンもパッとしない。遅れてきたサンデーサイレンス産駒のマーベラスサンデーが3番人気となっている状態。サクラローレルとマヤノトップガン、マーベラスサンデーの3強なんて見出しですけど、実質サクラローレルが一強状態のこのレース。

言っては駄目かもしれないですが特に感動もなく、順当に決まったレースです。しかもマーベラスサンデーは2着に来たものの、マヤノトップガンは7着に沈んでますしね。何か面白かった?と言われてもちょっと言葉に詰まるレースだとは思います。

でも一番印象に残ってるレースはこのレースなんですよねw
理由は単純で「一番最初に見た有馬記念だから」なんです。

まぁ理由なんてそんなものです。でもサクラローレルが強かったと証明されたレースでもあったんですよね。この年に天皇賞春を制したものの天皇賞秋では満足な結果が残せずに挑んだこのレース。このレースで後続を2馬身半突き放しての優勝。面白さはないかもしれないですけど、強い馬が強いって感じで見せられるレースでした。

私は個人的にこういうレースが結構好きで、ゼンノロブロイやテイエムオペラオーの有馬記念も結構好きです。特にテイエムオペラオーはあれだけ不利がありながら、突き抜けてくるのはただただ強いという言葉しか出てきませんでしたね。

今年はどちらかというとこういうレースではなく、冒頭で述べた「名馬の引退レース」という色が強いですね。もちろん主役はゴールドシップ。ジャパンカップでは10着に敗退しましたが、復活はなるでしょうかと言ったところですね。


もちろん予想をする上でもゴールドシップの扱いが重要になるレースだと思います。今回は内田騎手に戻るという事でも注目されますね。

まぁこの馬がしっかり走れば、おそらくは外からの捲り、もしくはスタートから前目に付けての押し切りのどちらかになるとは思います。ただ、引退レースという事を考えるとクラシックで戦ってきた走りであるロングスパートになるのかなって気はしますね。

成功すれば、前目に付けてた馬が総崩れで内枠をロスなく走ってきた馬が2着3着でゴールドシップが1着という事になりそうだと思います。ただ、ジャパンカップの時にも書いたんですけど個人的にはゴールドシップはそこまで力が抜けてるのか疑問だったりします。もちろんスタミナは化け物だと思いますが、他馬を突き放せるだけかというとちょっと疑問。年齢的なものやゴールドシップ人気もありますので、ここは思い切って切っていきます。

となるとゴールドシップの捲りが成功しないパターンで予想をする事になります。この場合には、前目の馬がしっかりと残るんじゃないかな、と思いますね。具体的に言うとゴールドアクター、キタサンブラック、リアファル。ゴールドアクターはアルゼンチン共和国杯ではかなり強かったですし、キタサンブラックは菊花賞馬。そして、リアファルはその菊花賞で一番強い競馬をしたんじゃないかと思える馬。狙うならこのへんを狙っていきたいですね。

じゃあどの馬を狙うか?ですよね。私は◎リアファルで行こうと思います。
メンバー見た時にあまりペースが早くならなさそうなメンバーですよね。キタサンブラックが少し突いてくる可能性はなくもないですが、ほぼほぼこの馬の単騎逃げになるんじゃないかと思います。

菊花賞では目標にされる形でしたが、今回はそうなりませんからね。そうなるとこの馬は魅力です。あとはゴールドシップが出だしから出てこなければ大丈夫かなと思いますね。

という事で◎リアファルと置いて予想はこう。

◎12リアファル
○7ゴールドアクター
▲2ヒットザターゲット
☆6アルバート
△4ラブリーデイ
△8ワンアンドオンリー
△11キタサンブラック

ゴールドアクターは本命にするか迷ったくらいの存在。ペースを考えてもこの馬が一番優位に運べるかもしれないですね。不安要素、と言えるのが吉田隼人騎手ですね。万全の体調ならまだしも骨折明け。もちろん大丈夫だから乗ってきてはいると思いますが、評価は下げざるを得ません。

そして、ヒットザターゲットは待望の内枠ですね!アドマイヤデウスも待望の内枠なのでどちらを取るか悩みましたが、こちらを取りました。ジャパンカップでは行き場がなくなりながらも0.6秒差の13着。内枠を引けた事を考えれば、このレースで巻き返してもおかしくないですね。

アルバートは前走のステイヤーズSが圧巻。確かにメンバーはこのメンバーよりは2段くらい落ちる面子ですが、来年の天皇賞で活躍してくれるくらいの強さは見せてくれました。ここでは狙ってみても良いと思います。

あとはラブリーデイ、ワンアンドオンリーとキタサンブラックを抑えます。3頭ともおそらく前目に付ける馬だからですね。ゴールドシップに飲まれれば、おそらく馬券に絡まないでしょうが、ゴールドシップが絡まないなら十分にチャンスはありそうです。
とは言ってもキタサンブラックとラブリーデイは人気もそこそこ出そうなのでもしかしたら切っていくかもしれないですね。このへんはオッズ見ながら。

ゴールドシップの他にはルージュバックも切っていきます。ゴールドシップが勝ち切る展開ならルージュバックが一番チャンスがあるかな?と思いますが、そう予想してないので切っていきます。

買い方は◎○の単。◎→印への馬連。リアファル、ゴールドアクターの馬連は厚めに買おうかなと思います。


続いてホープフルSの予想。

来年のクラシックを占う上で重要なレースですね。
実力はロードクエストとバティスティーニが抜けてる感じですね。

ただ、両方とも出遅れ癖が…と言った感じのレースです。とは言え、ちょっと逆らい辛いですねー。

◎9ロードクエスト
○8バティスティーニ
▲13ブラックスピネル
☆5ラブレオ

▲と☆の二頭は後ろの2頭を気にしすぎたらこの2頭なんじゃないかなーって感じですね。

それでもロードクエストは勝ってしまうような気はしますが、バティスティーニはどうなのかってところです。

買い方は、◎の単勝、◎→印への馬連でいこうと思います。。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。

スポンサードリンク

-競馬
-, , ,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.