パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

稼動日記

鬼武者3時空天翔 初打ち実戦【演出や立ち回りの感想】

投稿日:

鬼武者1

鬼武者3を初うちしてきましたー。

リセット恩恵のある機種だという事は知っていましたが、なかなか打つ機会がなくこの時期にw
評判はあまり良くない台ですが、4号機の鬼武者と5号機初代の鬼武者は好きだったので少し楽しみにしながら実践。

【AT確率】
設定1:1/439.9
設定2:1/424.2
設定3:1/394.6
設定4:1/376.9
設定5:1/353.1
設定6:1/344.3

【機械割】
設定1:97.4%
設定2:98.9%
設定3:100.6%
設定4:102.6%
設定5:105.2%
設定6:110.2%

【天井】
通常:AT間1280G
リセット:AT間800G

他には強チェリーからのAT当選率が20~40%くらいの差があるという事ですが、詳細は不明。
まぁ5号機の鬼武者を考えてみれば、そのへんに設定差はあってもおかしくないかな?って印象です。

ただ、どちらかというと注意すべきは天井狙いの方ですね。
天井-480Gくらいから狙うのがベターです。

そして、もっと注意するのがヤメ時ですね。

レア役確率

【通常】
チャンス目:1/400

【高確率】
チャンス目:1/22.0

AT後高確D移行率

設定1:25%
設定2:25%
設定3:30%
設定4:30%
設定5:30%
設定6:35%

※他は通常Bに移行

高確継続率

高確A:66.6%
高確B:80.1%
高確C:80.1%
高確D:80.1%

AT後の高確移行率が25%。高確率は1セット10Gの継続型になっているので、ボーナス後の高確滞在ゲーム数は高いですね。

チャンス目の確率のみが変わり、約20倍になる事も注目ですね。ベヨネッタに近い感じがします。
高確滞在は下水道、安土城に移行なら高確確定。海底神殿なら50%で期待できるようです。

まぁこのへんのステージやチャンス目がAT後に確認できたら、長めに様子見をするって感じですね。

という訳で実戦感想。


まずはCZ。

鬼武者2

無理ゲー感が漂うこのCZよ…。

平均3~5Gの間にリプレイ引けとかなかなかえぐい。

リプレイ確率が1/8.1らしいので、3Gなら約33%、4Gなら約41%%、5Gなら約48%。これでさらに1/3って言うんだから空気にもなります。まぁレア役なら確定なのでこれよりは多少は良いでしょうが。

鬼武者6

百鬼中は相変わらず当たる気がしないけど、直当たりはおそらくほぼ百鬼経由なのでそこまで絶望感はないかな?という感じ。演出での絶望感はありますが。

鬼武者4

鬼武者5

これは当たる気がしない。

まぁあとは百鬼中の演出では前シリーズまでと同様ですね。

熱そうな演出が出ないとこれはダメだと分かる。

ちなみに、

鬼武者8

この役モノは評価してもいい。


鬼武者9

AT中はそこそこ楽しめましたね。

人数が増える程、熱いというのは結構高評価です。

鬼武者11

2人なら画面割れで上乗せがそれぞれ乗るってのはいいですね。

3人時での上乗せは残念ながら体験できませんでしたが、3人の時に上乗せしたら悶絶しそうです。

ゲーム数上乗せなので10Gでもそこそこデカいですしね。

鬼武者12

鬼武者13

鬼武者14

そしてガルガントバトルも引いてきました。

左馬介だとカットインの空気感がすごいwリプレイ引いたらカットインが出たんですが、はいはい乙乙という気にしかなりませんでした。

ただ、それを差し引いてもこれ面白いのかな?と思います。ミシェルならある程度上乗せは期待できると思うんですが、上乗せ演出の為にリール回転で目押しさせられるのはなんだかなって感じですね。

アンリミテッドリールを活かしたいだと思うんですが…。ラグランジェの輪廻チャンスくらいならまだ数も少ないし、止まった時の爽快感はありますが、これだとあまりないですよね。嬉しい事は嬉しいですけど。

評価としては普通。

決してつまらないという事はないです。サミーだけあって演出はしっかり作ってありますし、他の苦痛な台に比べれば通常時はつまらなくはないですね。

ただ、AT等変えられた部分が「面白い!」と言えるものではないのでまぁこんなもんの評価かなって感じです。

ヤメ時考察

ちょっと鬼武者のヤメ時を考察してみました。

今作はAT後は設定1なら25%で高確率D。そして、この高確率が約80%継続なのでわりと効率の良いヤメ時が重要になりそう。

という事でまずはAT後の高確率期待度から。

【AT後高確率期待度】

0G~10G:25%
11G~20G:20%
21G~30G:16%
31G~40G:12.8%
41G~50G:10.3%

※設定1
※低確率→高確率の状態移行は無視

んで、問題は高確率での当選率。
ここはちょっと情報が少ないのでなんとも言えないですが、
高確率でのチャンス目が約18倍という情報だけで計算してみると高確率での当選率は約1/72.4。まぁこうなると通常での当選率が1/1900とかいうとんでも数値になるんでちと違いそう。

おそらくは1/70~1/100あたりが妥当だと思うので、
高確率1/80、低確率1/1040くらいだと思います。

0~10Gの高確率低確率含めた当選率はパチスロ期待値見える化様を参照

11~20Gでの当選率が約1/260。おそらくこれは0~10Gの恩恵でCZゲーム数や告知ゲーム数でこんな感じになったぽいですね。

ここから高確率滞在期待度を考え、
それぞれの当選率を考えてみる。

【AT後当選率】0~10G:1/260
11~20G:1/305
21G~30G:1/356
31G~40G:1/410
41G~50G:1/465

んで、もちろんこうなるとパチスロ期待値見える化様の結果とかなり剥離しているので、実際には通常B→高確率という移行が結構あるものと思われます。

じゃあ意味ないやんけ!!と言われるかもしれないですけど、そうでもない。
この計算をした理由は機械的に高確率チェックをした時に何Gまで見るのが良いか?って事ですね。

高確率チェックをする時には当然低確率を回す事にもなりますし、ある程度のG数は確認したい。
でもあまり長すぎると期待値がマイナスになる。
そういうので何Gまでチェックするのがベターかという事を見極めて置こうって事です。

ちなみに余談ですが、これを見ると全体の高確率滞在の割合は約11%くらいのようですね。
AT後を除いたら7~8%ってとこでしょうか。

話を戻して、これを見ると21G~30Gまでは機械的にやってもプラスっちゃあプラスですけど、
高確率示唆ステージもあるので
20Gまでチェックが無難でしょうね。

下手に演出で引っ張れる可能性もありますし。

んでチャンス目出現や高確示唆演出が出た場合。
まずは高確率確定の下水道や安土城から。

【下水道や安土城時AT後高確率期待度】

0G~10G:100%
11G~20G:80.1%
21G~30G:64.1%
31G~40G:51.4%
41G~50G:41.2%
51G~60G:32.9%
61G~70G:26.4%

※設定1
※低確率→高確率の状態移行は無視

これを見るとしっかり60Gくらいまでは様子を見てよさそう。
海底神殿だとスタート時の期待度は50%なので、30Gまでが無難。

それ以降は10Gの節目を意識しながらがよさそうですね。

んでこちらが高確率中にチャンス目が出る確率。

【高確率で〇G間の間にチャンス目が一回以上出る確率】

10G間:37.2%
20G間:60.5%
30G間:75.2%
40G間:84.4%
50G間:90.2%

【チャンス目が出た時の高確率期待度参考値】

AT後10間:86.1%
AT後20間:82.0%

チャンス目出現時の高確率期待度ですが、
これは高確率の割合が違うと期待度も違ってくるので参考値です。

んー、この数値なら40G間チャンス目出なければ、安土城、下水道でもやめてよさそう。

海底神殿スタートなら30Gのチャンス目も様子見は必要ないかもですね。
演出しだいですが、チャンス目が20G出なければやめて良さそうです。

まとめ
・AT後(海底神殿or通常)は20G様子見(チャンス目出なければヤメ)
・下水道や安土城スタートなら40G様子見(チャンス目でなければヤメ)
・チャンス目後は30G様子見

あくまで機械的に打ったらという数値なので参考までに。
演出で早めに見切れる可能性ももちろんありますし、もう少し長く様子を見た方が良い場合もあります。

下水道や安土城スタート等のステージ移行率でも変わってきますしね。
ここの割合が多いようならAT後の様子見はゲーム数を抑える必要がありますし。
演出などで見切れる可能性も高いです。

これは【演出を加味せず、ステージ移行とチャンス目出現で算出したものに過ぎない】という事をキチンと意識していただけるとありがたいですね。

ただ海底神殿の高確率期待度が50%なので高確率なら海底神殿にいく確率が高いのかな?とは思います。
なので基本は、

AT後は20G様子見
下水道や安土城スタートなら40G様子見
チャンス目後は30G様子見

ここらへんを意識しておけば良いかな?と思います。


パチスロ ブログランキングへ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。

--スポンサードリンク--
-注目記事(PR)-

 


スポンサードリンク

-稼動日記
-,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.