稼動日記

止め打ちが簡単なフィーバー真花月を打ってきた。2R確変のパカパカで増える増えるww【立ち回り感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ換金率の変更もあり、いつも使ってるホールだけではなく別のホールの開拓へ。

基本私が行ってるホールのホールは、等価>非等価で換金率変更後で非等価の店がこの影響で変わる可能性はとても低い(もし変わったらかなりおいしい状況だけどwライバル客もおそらく少ないだろうし)

等価→非等価の店もそれなりに見込みはありますが、確実ではないですからね。

んで、スロットの方をさらっと見て、パチンコのシマへ。

そこで見つけた真花月。これだけ妙に開いてる。ヘソ釘の見た目は20~23くらい。あとはステージ性能やら道釘、風車釘あたりがどう影響するのかって感じ。

んで、スペックも確認。

ミドルスペック

大当たり確率:1/297.3
時短:100回
ヘソ賞球:3
電サポ賞球:1
等価ボーダ:19.6
トータル確率/R:1/11.0
電サポ率:34.6%

ライトミドルスペック

大当たり確率:1/199.8
時短:30回
ヘソ賞球:3
電サポ賞球:1
等価ボーダ:19.7
トータル確率/R:1/11.1
電サポ率:33.7%

甘デジタイプ

タイプ:ミドル確変機
大当たり確率:1/199.8
時短:30回
ヘソ賞球:3
電サポ賞球:1
等価ボーダ:18.2
トータル確率/R:1/7.3
電サポ率:39.8%

どうやらあるのはミドルスペックらしい。
つーかこれ辛いなwww なるほど、これで釘がある程度開いてるのか。

とはいえ、アタッカーが玉のスピードを殺して玉をほとんどこぼさないタイプ。確か海猿でこのタイプを打った事ある。

検索で調べて見ると高性能アタッカーの為、パカパカ(高速開放)でも入賞が狙えるタイプ。それを考えたら、20は回りそうなこの台ならとりあえず期待値はプラスって事でGO!

止め打ちも難しくなく、大当たり中、時短中ともに打ちっぱなしでオッケー。捻り打ちがオッケーな店なら大当たり中はオーバー入賞もそこそこ狙えそうな感じですね。

演出は私は嫌いじゃない感じですね。

ロングリーチにそこまでいく感じでもないですし、季節の変わり目の演出法則等も目に見て分かる熱さがある感じ。

一回フルーツ柄が出ましたが、やっぱりフルーツ柄はなれないw

んで実践結果はこんな感じ。

▼実践結果

302 4R 4R
300 4R 4R
435 突確 4R

326 ヤメ

総回転数:1063
回転数/K:22.2
差玉:‐9000
期待差玉:+2495

意外と期待差玉が出た感じ。
1Rあたりのトータル確率からの逆算で求めてるので、突確や4R確変がある分、少し誤差が出てるだろうけど。本来の期待値はもう少し下がりますね。

一回あたりの出玉が分かれば、もう少し精度が高くなるんですが。

ただ、やはり4R確変と突確のパカパカ中(突確)に玉を拾うのは大きいですね。4R確変なら12回、突確なら16回パカパカがあるのでここを打ってるか打ってないかでかなりの違いが出そうです。

4Rなら100玉程度、2Rなら130玉くらいは見込めそうです。突確はミドルでもヘソ入賞の場合で20%、4Rはヘソ入賞で22%なので約1/714。通常を2000回転回せば、3回弱はあるので、300玉くらいの差ですかね。

電サポ中はスルー釘がよほど悪くない限りは演出中に止め打ち推奨です。演出中にスルー保留が切れても問題ですね。

電サポもアタッカーと同じく、玉の勢いを殺すタイプなのでスルー保留が切れてても、演出後に打ちだしてスルーを通過した玉でも拾います。

ただ、こぼしが全くない訳ではないので、返しが1個である以上演出中は打ちだしをやめて無駄玉を減らしたいところです。

まぁ積極的に狙う必要はないけど、打つ台がないなら打っても良いかなって台です。



–スポンサードリンク–




コメント

コメントを残す

*