雑談

パチンコのMAX規制が本決定したらしい。規制開始は2016年5月から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々と話題になっていたパチンコのMAX規制がどうやら本決定したみたいですね。

内容はこちら。

日工組(金沢全求理事長)は、9月17日、「行き過ぎた射幸性を抑え、新たなファン獲得」に向け、『確率変動の割合の上限を設ける』ことにした模様。

・確率変動の割合…(高射幸性タイプの)上限を65%までとする
・実施日…2016年2月1日保通協申請、2016年5月1日設置から適用

なお、現行設置機種の高射幸性タイプの取り扱いに関しても鋭意調整中とのこと。

引用:パチンコヴィレッジ

時短含めての上限が65%だという噂でしたが、どうやら単純に確率変動が65%までのようですね。

11月までに自主回収というのは流石になさそう

 

pachinko-kisei-0

pachinko-kisei-1

pachinko-kisei-2

こんなTwitterでつぶやかれてましたが、MAX規制はともかく自主回収というのは誤情報という風に言われてましたからね。

まぁこれから発売されるものを1ヶ月で回収とか普通に考えてありえない話なので当たり前と言えば、当たり前ですけど。

しかし、上記のパチンコヴィレッジ様のニュースを見ると今回は確率変動の上限のみのようです。随分と緩いもんだと思ったのは私だけでしょうか?

これならまたすり抜けて荒いスペックが出てきそう?

 

緩いと思ったのはこう思うからなんですよね。

確かに”射幸心を規制する”という意味ではこの規制自体は間違っていないと思います。”継続率80%!!“とかどう見ても射幸心煽ってますからね。

「これだけ継続するんだよ?凄いでしょ?凄いよね?」って感じに煽ってる訳ですからね。そういう射幸心は確かに抑えられるかもしれないです。

でもですね、1/400の継続率65%の確変機でも時短100回付けば時短引き戻しを含めた実質継続率は72.7%時短200回付けば78.6%いっちゃうんですよね…。

実際この規制で許されるかどうかは分かりませんが、「ST機でも確変時(時短70回分)の継続率は65%だけど、時短含めると(確率変動なし時短200回分)継続率は78%だよ!」って台が出てきてもおかしくないですよね。一応1/320の規制があるのでこのまま通りのスペックはできないですけど。

許されるかどうかは分からないと言いましたけど、この規制だと許されそうな感じですよね。そうすると煽り文句が「時短引き戻し込みで78%!」とかになって煽り自体は今と大して変わりません。

この他にも擦り抜ける方法はありますし、私の思いつかないすり抜け方もありそうです。なので大した効力のない規制だなって感じです。時短込みでの継続率なら効力はそれなりにあったと思いますけど。

本気でマイルドにしたいならベースの規制の方をかけるべき

 

まぁこういう規制をかけたら羽根物はどうなるんだってのは確かにあるんですけど、本気で出玉の荒さを抑えたいならベース(ボーダー)の規制を考えるべきなんですよね。(ボーダーで規制をかける事がそもそも可能なのか?という問題もありますが。)

例えば、10月に出る餃子の王将3は羽根物ではありますが、かなり荒いスペックですよね。スペックは何種類かありますが、CR餃子の王将3 7000なら大当たり確率は1/35.8で、当たれば7000発の出玉です。これだけでも荒いスペックというのはわかりますよね。ボーダーは1.2回転/kです。

これだけ初当たりが軽くてもボーダーが低ければ、荒い台は作れてしまうんですよね。で、そんな台が「射幸性がないか?」と言われたら「NO」だと私は思います。

確かに大当たり確率や継続率、一回の確変による平均出玉は抑えることによって、荒さはかなり抑えられるでしょう。でも今回程度の規制じゃ「ふーん、それだとまだまだ荒いスペック出せるけど大丈夫なん?」と思わざるを得ません。

1/320規制や得遊技球数の期待値が6400個の規制とかありますけど、餃子の王将のような感じのスペックで、「初当たり1/25くらい!でも一回の出玉は5000発!引き戻しも10%程度だから一回の平均出玉6400発超えてないよ!」。こんなスペック見たら「マイ…ルド…?」ですよね。

イタチごっこのメーカーと規制

 

別に私自身はもっと規制をきつくしろと思ってる訳ではないです。実際、スロットのベースが30から40くらい台が増えてきた現在人気は落ちています。

昔、牙狼のサンセイから「ああっ女神さまっ」というボーダー23くらいの台が出たのですが、人気が出ずにそのまま消えていきましたしね。似たようなスペックが出ることも私の知る限りではなかったはずです。こういった台は人気が出ない事は確かなんですよね。

でも今回の規制じゃまた遠くない未来に規制がかかるのは目に見えてるなーと思うわけです。メーカーが射幸性のある荒いスペックを作る余地が残されてますから。

メーカーはほぼ間違いなくそれを突いて、荒いスペックを出してくるでしょうし。そうなれば当然また規制がかかる訳です。穴を突いてくるから警察もそりゃ怒ります。規制かけた意味がないですからね。

このへんはスロットもパチンコも自分で首を絞めてるなーと思いますね。まぁ、そういう荒いスペックの方が人気が出るし、ホールの利益も取れるから出すんでしょうけど。メーカーに限らず、ホール、ユーザー、皆で首を絞めてますよね。

でもユーザーに限って言えば、荒いスペックばっかりになったから打たなくなったって人も少なからずいる訳です。そういうユーザーを離れさせたのはメーカーとホールですよね。

「荒いスペックの方が稼働が良いから」「荒いスペックの方が利益が取れるから」。これに関しては否定するつもりはありません。

でも「ユーザーが離れた」っていうのは「マイルドなスペックが好きな人をホールやメーカーがないがしろにした結果」も要因の一つとしてあるんじゃないですかね。もちろんそれだけとは言わないですけど。

単純に回らなくなったからってのもあると思いますし。それは、東京で11月から等価が禁止になるらしい。【パチンコ/スロット】でも言った等価が多くなった理由と少し被りますね。

今度から主流になるのは”ボーダーが甘い台”

 

あくまで予想ですけど、こうなるんじゃないですかね。初当たりを軽くして、一撃の平均出玉を6000発に近づけ、”ボーダーが甘い”台。これである程度の荒さは出せると思います。要は餃子の王将に近い感じにするって事ですね。餃子の王将ほど極端にはならないでしょうけど

もちろんそうなれば、今よりもっと回らなくなる事は目に見えてます。少し前に釘を弄るの禁止みたいな査察がありましたけど、大して変わってるように見えません。

まぁそうなればまたユーザーは減っていくでしょうね。逆に”ボーダーが辛い台”を作れば、まだ望みはあると思いますがおそらくは無理でしょう。一時の稼働は間違いなく”ボーダーが甘い台”に集中すると思いますし、ホールも辛いからって回すようにはしてこないでしょうしね。


パチスロ ブログランキングへ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。

–スポンサードリンク–
-注目記事(PR)-


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*