解析情報

魔法少女リリカルなのは 設定示唆演出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔法少女リリカルなのはは
ボーナス後のエンドカードで
設定示唆をしています。

ゾロ目やNo6,No34がチャンスとなるので、
頭の片隅には入れておきましょう。

また、ボーナスの払い出し枚数でも
設定示唆をしています。

設定1否定
なのは34
エンドカードNO.34

設定6確定
nanoha6
エンドカードNO.6

設定6確定
ボーナスで初期枚数が66枚

現在判明しているのはこの三つですね。

ゾロ目も何かしらの示唆をしているようですがまだ不明です。
設定示唆だけではなく、エクセリオンモードのストック示唆などもありそうですね。

エンドカードNo6が出れば設定6が確定なので全ツです。

設定1否定は微妙な所ですね。(NO34)
設定1の機械割が低く、設定23でも十分に利益が取れる仕様なので、
ここは深追いする必要はないでしょう。

これからの稼働次第ですが、
店が長く持たせたいなら設定23をベースで使うのが良さそうです。

店のデータを見ても設定1は
吸い込みが激しく、分かりやすそうですしね。

長く持たせるなら設定23を多用します。
となるとNo34はそこまで重要性はないですね。

まぁNo34を入れる為に設定23の機械割も低くしたのかな、なんて妄想もできますけど。

あとは34(サンヨー)で設定示唆があるならサム(36)で設定示唆があってもおかしくないですねw


パチスロ ブログランキングへ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

↑気が向いたらポチっとおしてください。

–スポンサードリンク–
-注目記事(PR)-




–スポンサードリンク–




コメント

コメントを残す

*