競馬

2018年 フィリーズR 金鯱賞 予想【どの馬が馬群を捌いてくるか】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリーズR

馬場状態は差し決着になったところもありましたが、基本的にはそこまで荒れてなく内前が有利といった感じです。
レース展開はラブカンプーが速い馬なのでここが引っ張る形になってハイペースになる可能性が高いかなと見ます。
内差し>外差し>先行勢という順番で有利になると見ます。

◎アマルフィコースト
〇アリア
▲リバティハイツ
☆アンヴァル
△モルトアレグロ
×レッドシャーロット
×ナディア

正直印上位5頭で本命を悩みました。
内差しできるであろうアマルフィコースト、能力は高いと評価してるモルトアレグロ、福島2歳Sとはいえほぼ楽な感じで勝ったアンヴァル、外差しで浮上するアリアとリバティハイツ。
ぶっちゃけどれが来てもおかしくはないと思います。

そんな中で本命はアマルフィコーストにしました。
理由はいくつかありますが、まず一つ目はモルトアレグロの後ろに付けられるであろうこと。
モルトアレグロはある程度前に行くと思うのでそれを目標にできるアマルフィコーストは有利に働くはずです。
内差しは詰まる可能性があるデメリットがありますが、それを差し引いてもいいかなと。
二つ目は前走の内容。
掛かり気味でレースで正直もったいないなと思うレースでした。
速いペースか内枠には入れるようなら狙って見たいなと思っていましたが、二つとも条件に当てはまりました。
三つ目は能力とオッズの問題。
アマルフィコーストはチューリップ賞上位とは流石に力差はあると思いますが、ファンタジーSで1番人気に支持されるくらいで阪神JFに出ても5着付近には来てたんじゃないかなと思います。
モルトアレグロとはそこまで能力の差はないと思うのでそれなら人気のない方を上位に取りたいです。

対抗はアリア。
この馬はまともに走れるかどうかです。
特に評価してるのが2走前のつぶわき賞でスタートで落馬しそうになります。
アンコールプリュも出遅れてますが、それとは比較にならないくらいの不利です。
それでも6着となり、前走ではしっかりと強い内容で勝ち上がっています。
差し決着になるならこの馬にも十分にチャンスがあるはずです。
風穴開けてください。

単穴にリバティハイツ。
この馬は最後の脚がしっかり使えます。
馬券圏内にくるかどうかはともかく掲示板前後、もしくは掲示板以上の着順に来る可能性は外差し勢では一番高いと思います。
前走はデルニエオールに負けていますが、直線では少し顔を背けていてしっかりと追えていないです。
デルニエオールとここまでオッズの開きがあるほどの差はないと思います。

推奨馬にアンヴァルにしました。
正直この3走の内容は強いです。
特に前走の福島2歳Sは最後流しています。
距離延長も正直あまり問題ないと思います。
アマルフィコースト同様、詰まらなければ内差しがしっかりできると思います。
アリアとリバティハイツの人気がないのでこの2頭を上位に取りましたが馬券になるという意味ではこちらの可能性の方が高いかなと思います。

抑えにモルトアレグロにしました。
本命候補の中では一番リスクが高いと判断しました。
平場の推奨馬や阪神JFでもそれなりに評価してる馬で能力自体は高いとは思います。
ただ、それでもチューリップ賞組の上位とは差があるのが確かで他の馬が全く届かないかというとそんな事はないと思います。
4~5番手あたりの番手になるとは思うので前に行く不利はあまりなく、むしろプラスマイナスゼロくらいだとは思いますが、あえて上位に評価する程でもないと判断しました。

入着アリにレッドシャーロットとナディア。

コーディエライトは好きな馬ですが、外にラブカンプーがいるので切ります。
揉まれると駄目な馬で先手を奪おうとするはずです。
ただ、おそらく奪えないと思います。もしくは無理に奪ってペースがかなり上がるかもしれません。
人気を考えれば狙ってもいいですが、プラス材料が距離短縮くらいしかないのでここはスルーします。

アンコールプリュはレッドシャーロットとリバティハイツ、アリアが邪魔になりそうなので切ります。
少なくともリバティハイツやアリアの外を回す可能性が高そうですし、もしかしたら横山騎手のレッドシャーロットが被せて外にすら出させてもらえない可能性が高そうです。
それでも馬群を捌けるなら何とかなるかもしれないですが、藤岡(弟)騎手にそれを期待できるでしょうか。いやできません。

最強競馬ブログランキング

–スポンサードリンク–

金鯱賞

◎スワーヴリチャード
〇メートルダール
▲ダッシングブレイズ

こちらは本命はすんなり決まりました。
まぁ正直スワーヴリチャードに逆らう気は起きません。

あとは点数を絞るか広げるかという問題です。
展開面で恩恵が高そうなのはヤマカツエースとダッシングブレイズ、スワーヴリチャードです。
おそらくスローは必至で逃げるのはサトノノブレスになりそうですが、それなりに離れた逃げになる可能性もあります。
その時に押し出される2番手集団はスワーヴリチャード、ヤマカツエース、ダッシングブレイズのどれかが先頭になりそうです。
この3頭とも決め手はあるので後方の馬は早々チャンスはないはずです。

ただ、一頭メートルダールはチャンスがあるかなと思います。
サトノノブレスが大逃げした時に2番手集団の先頭になる事はないと思いますが、スワーヴリチャード、ヤマカツエース、ダッシングブレイズの後ろにはいそうです。
それなら見劣りはしないはずです。

という事でスワーヴリチャード→メートルダール/ダッシングブレイズの”馬単”で勝負しようと思います。
最初はヤマカツエース、ダッシングブレイズまで抑えようかと思いましたが、ヤマカツエースは札幌記念から若干パフォーマンスが物足りません。
展開的には向きそうですがここは嫌います。
流石に馬連で買う意味は薄いかなと思うので馬単でいきます。

最強競馬ブログランキングではサトノダイヤモンドについてコメントしています。

–スポンサードリンク–

昇竜S

本命はイダペガサス。
前走は速いペースながらしっかり勝ち上がり。
やや湿った馬場になる今回はさらにプラスになるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*