競馬

2017年 マイルチャンピオンシップ 予想&有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は内外差はあまりないといった感じです。
若干内の方が伸びは良い気がしますが、そこまで大きな差はないでしょう。

レース展開はマルターズアポジーが引っ張る展開。
ウインガニオンもある程度前にいくでしょうが内にムーンクレストやダノンメジャーがいるので3~4番手も視野にといった感じ。
ペースはそこまで速くはならないと思いますが遅くなるのも考え辛いですね。
ミドルペース想定でいきます。
この馬場状態と展開なら基本的には好位差しが有利で逃げ馬もそこそこ向くかなといった感じです。

本命はエアスピネルにしました。
乗り変わりに関してはそんなにマイナスではないかなと思います。
乗り難しい馬ではありますが先週のルージュバックよりは特徴を把握していなくてもそこまで問題ないかなと。
先週ムーア騎手で痛い目にあいましたが今回も懲りずに本命です。

対抗はマルターズアポジーにしました。
今回のレースではサトノアラジンとその他以外はそこまで力差はないと思っていて、レベル的にはちょっと豪華なG2といった感じにみてます。
このメンバーなら力は十分に足りると思いますし、馬場状態や展開も向くとはいわないまでも不利にはならないかなと。
前に行く馬は一頭は抑えておきたいですし、その中で選ぶならこの馬かなという事で対抗。

単穴はサトノアラジンです。
能力だけで言うならこの馬が一番手かなと個人的には思ってます。
ただ展開は向かないと思います。
安田記念のように追い込み有利の競馬にはならないかなと。
それでも能力は一番手で評価してますし、人気もないので単穴にします。

推奨馬はヤングマンパワーにしました。
好位差しという点を評価しました。
近走の成績はあまり良くありませんが、関屋記念はあまり状態が良くなかったようですし、毎日王冠はメンバーが強かったです。
それでも毎日王冠でダイワキャグニーに負けたのは不満ですが、人気もないですし抑えます。

抑えにイスラボニータにしました。
好位差しという意味ではもう少し評価を上げても良かったですが、上記の馬を買いたかったので抑え評価です。
今回は人気だから評価を下げたというより単純な評価でもこのくらいが妥当かなと思うのでこの評価ですね。

入着アリにペルシアンナイトとウインガニオンです。
ペルシアンナイトは大外枠じゃなければ条件にはかなり当てはまりますが、今回は大外枠です。
能力が抜けているならそれでも問題ないですが、そこまでは抜けていないと思うので入着アリまで。

ウインガニオンはマルターズアポジーと悩んだ馬でもあります。
展開が一番向く馬と言われれば正直この馬だと思うくらいには、ポジション、通る馬場、ペース等は向くと思います。
ただ、流石にマルターズアポジーより高く評価するのはどうかという事でこの評価にしました。

レッドファルクスは切ります。
安田記念は進路がなかなか取れませんでしたが、私はあれが結果的に3着につながったと見ているのでやはり距離は長いかなと思います。
メンバーのレベル的には安田記念とそう変わらないと思うので馬券に絡んでくる可能性はあると思いますが、積極的に買いたい馬ではないかなと。

サングレーザー、レーヌミノルは単純に力が足りないと見ます。
スワンSはそこまでレベルの高いレースではなかったですし、この馬自身も有利な内から差してきています。
それでも展開が向くようなら買っても良かったですが、あえて買う必要はないかなと。
レーヌミノルも桜花賞は勝っているもののあれはソウルスターリング、アエロリットが走らなかったレースで、モズカッチャンもいませんでした。
カラクレナイはスワンSで大敗してますし、リスグラシューも牡馬重賞だとどうかなと見てるのでここだと少し厳しいかなと。

クルーガー、グランシルク、ブラックムーンも後ろからだと厳しいとみます。
サトノアラジンより上位にくる事は流石にないかなという事でここもすんなり切っていくことにします。

最強競馬ブログランキングではサングレーザーについてもう少しコメントしています。

能力評価ランキング

1位:サトノアラジン
能力評価:A

毎日王冠で2着にきたようにまともに走れれば力は上位。
天皇賞秋はまとも走っていないので評価を落とすものではない。

2位:レッドファルクス
能力評価:A-

昨年、今年のスプリンターズSの覇者。
今年も安田記念、高松宮記念で好走し、現段階ではトップクラスである事には間違いない。
マイルではイスラボニータやエアスピネルの方を評価したいがスプリントでは抜けた存在なのでこのくらいの評価はしておきたい。

3位:イスラボニータ
能力評価:A-

現在マイルのトップといえば、この馬にはなると思う。能力的にはサトノアラジン、グレーターロンドンの方を評価してはいるものの不利さえなければ安定感はある。

4位:エアスピネル
能力評価:A-

マイルG1タイトルはすんなり取れるだけの実力はあるはず。
安田記念は明らかな不完全燃焼。
富士Sは道悪が得意だったという事もあるのでイスラボニータよりは上に評価せず。

5位:ペルシアンナイト
能力的評価:A-

富士Sは道悪が影響したかなと個人的には思っている。
パフォーマンスは良馬場の方が良いので良馬場ならこのくらいの力はあるかなと。

6位:マルターズアポジー
能力評価:B+

前走はトップハンデで、しかも前が苦しい形。
その中で4着に粘ったのは評価しておきたいかなと。
個人的な思いではA-くらいは評価したいが。

7位:グランシルク
能力評価:B+

前走は全く伸びなかった。
道悪が影響したようだが、道悪がそこまで悪いとも思えない。
敗因は分からないが落とす事もないかなという事で据え置き。

8位:サングレーザー
能力評価:B+

スワンSを勝った事はある程度は評価したい。
とはいえ、レッツゴードンキとセイウンコウセイ以外はそこまでといった感じのメンバーなのであまり高く評価するのも考えものかなとは。
G1でも掲示板はいけても勝つまではまだ厳しいかなと見る。

9位:クルーガー
能力評価:B+

富士Sでは復活の3着。
マイラーズCを勝っているように決して力のない馬ではない。
マイラーズCのメンバーがメンバーなのでG1ではどうかという部分はあるもののG2クラスなら上位かなと。
評価はB+評価。

10位:ヤングマンパワー
能力評価:B

昨年のマイルチャンピオンシップは輸送失敗。
東京新聞杯は極端な上がり比べでの負け。
安田記念のレース後コメントと見ると力負けという評価らしいが、マイラーズCや昨年の富士Sを見ると通用しないようにも思えないが、毎日王冠を見るとサトノアラジンとは力差は感じる。

11位:ブラックムーン
能力評価:B

前走も前前走も敗因がしっかりとあるので評価は落とす必要はないかなと。
特に前走はコース取りも悪かったですが、状態面もあまり良くなかったようです。
評価は変わらず。

12位:ウインガニオン
能力評価:B-

B-まで評価を上げた。
関屋記念の内容的にはマルターズアポジーに完敗ではあるが、このくらいの評価はしても良いかなと。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*