競馬

2017年 セントライト記念 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり高く評価できない3歳牡馬。
ローズSよりはこっちの方があれる可能性があると思ってたらローズSが荒れたという。
こっちはどうですかね。

能力評価ランキング

1位:アルアイン
能力評価:B+

サトノアレスをB+と評価したが、やっぱり少し過大評価だったかなというところ。
普通ならそれより上位に評価しなければならないが、ここは同格のB+。
少なくとも古馬との重賞では上位にこれると思うがG1まではどうかという評価。
皐月賞は高速馬場が味方した部分もあるので1800Mあたりがベストだと思うが。

2位:サトノクロニクル
能力評価:B

ラジオNIKKEI賞は斤量等ではなく、単純に調子が悪そうに見えた。
そこに敗因は求めたくないかなというのが正直なところ。
ACJJや日経新春杯のG2クラスなら十分に勝負になる。

3位:クリンチャー
能力評価:B

ダービーは前に行けなかったのが敗因なので評価を落とすものではない。
皐月賞4着自体は評価して良いし、古馬相手も十分に戦える。

4位:ミッキースワロー
能力評価:C

前走は脚を余しての敗戦。
少なくとも1000万条件は楽にクリアできるはずだし、1600万条件も問題ないはず。
G3クラスで十分に勝負になるくらいの力はあると思うが。

5位:サンシロウ
能力評価:D+

前走は馬群を捌いての勝ちでまだまだ余裕がある感じだった。
着差以上の勝ちといっても良いと思うので上のクラスでも戦えると思う。

6位:プラチナヴォイス
能力評価:D+

皐月賞は前が塞がり、NHKマイルは皐月賞のダメージ残りと考えればそんなに悲観する内容でもないのだが、NHKマイルはそれでもあのメンバーならというところはある。
決して弱い馬ではないと思うが、良くてOPクラスかなというところ。

7位:スティッフェリオ
能力評価:D

バルデスは将来的に重賞クラスにはなりそうな馬。
内で溜めた分の利はあれど、脚は余していた形なのでバルデス程の評価はできないもののそこまで弱くないはず。
OPクラスまでなら

8位:サーレンブライト
能力評価:D

前走はどちらかというとキセキの力が光ったレース。
問題なく、1000万条件はクリアできるはず。
ただ、重賞クラスまでいけるかというと疑問な走りではある。

9位:サンデームーティエ
能力評価:D-

スローペースとはいえ、残り3F11.3-11.2-11.5と最後の1Fで落ち切らないのは評価して良いかなと。
切れ味があるタイプではなさそうだが、距離が伸びて良さそうではある。
長距離ならOP、重賞でもそこそこやれるのでは?

10位:ストロングレヴィル
能力評価:D-

前前走はサンデームーティエが止まらなかっただけなので評価はそこまで落とさなくも良いはず。
前走はちょっと後ろ過ぎた。
サーレンブライトやストロングレヴィルを逆転するくらいの力はあると思うが?

11位:インペリアルフィズ
能力評価:E

前走はスローペースで捲りに行き、最後に甘くなったところを差されてしまった。
決してレベルが高いとはいえないので上のクラスに行けてはしてもそれ以上は少し厳しいか。

12位:クレッシェンドラヴ
能力評価:E

捲りに行ったインペリアルフィズを捉えきれず、むしろ脚が止まったのを考えるとインペリアルフィズよりは評価できない。
それ以下という評価。

13位:ローリングタワー
能力評価:E

ちょっと評価が難しい。
前走は重い馬場が良かったのか好騎乗が光ったのか。
前走の勝ちからだと上のクラスで通用するようには思いにくいが…。

14位:ブラックロード
能力評価:E

地方で走っていたので評価はし辛いが見てる限りはそこまでの力はないかなという評価。

15位:ブラックギムレット
能力評価:E

前走は出遅れなので度外視して良い。
それでも見せ場はあったので500万条件はクリアできるのでは?
とはいえ、あっさりとはいかないと思うのでせいぜい1000万クラスかなという評価。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*