パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2918年 京都記念 共同通信杯 クイーンC  回覧

投稿日:

京都記念

レースは斤量の差を活かしてクリンチャーが制しました。
他の馬も万全ではなかったと思うのでこの結果は鵜呑みにできないですが評価はしたいですね。

2着のアルアインは進路の差だと思います。外の方が伸びるとはいえ、クリンチャーも良い所を通ってきました。
レイデオロが早めにきたことでそういう進路にならざるを得なかったのでまぁ仕方ないですかね。

3着のレイデオロは案の定といったところです。
最近はナリを潜めてましたがここで気性の悪さがでました。
ルメール騎手って凄いんだな(棒読み

4着のモズカッチャンは内内をうまく回ってきました。
それでも差されたのはまぁ能力の差かなと。
牡馬相手でも全く通用しない訳ではないので狙う機会はありそうですが、まぁこのへんはレースを見ながらですかね。

ディアドラとクロコスミアはやっぱり単純に力が足りなかったかなぁと。
どちらも騎乗自体はそこまで悪くはなかったと思います。
ただ、モズカッチャンと差は見えてきたかなという気はします。

本命のミッキーロケットは全く伸びませんでした。
京都大賞典あたりから能力落ちの可能性はあると思っていましたがこれは現実的にそうですかね。
冬馬というのもなかったようです。

うーん、まぁ仕方ないかなというハズレですかね。
ミッキーロケットを単純に能力落ちと評価していれば、クリンチャーを本命にできたかもしれないですがそうじゃない可能性で見たのでしょうがないです。
4歳馬を素直に買っておけばよかったです。

--スポンサードリンク--

共同通信杯

こちらはオウケンムーンが3連勝を決めてクラシック候補に名乗りを上げました。
おそらく次回も人気にはならないでしょうが、正直わりと面白い馬かなと思います。
直線向いた時の加速が良かったですし、こういう馬は不利も受け辛いので単純に狙いやすいですね。

2着のサトノソルタスもオウケンムーンと同様に好位の競馬をしましたが、直線で置いていかれます。
最後は詰めましたが置いていかれた分それを取り戻せなかったですかね。
後ろからいって一気に加速する方が面白いかなと思いますが、どうでしょうか。

3着のエイムアンドエンドは展開に恵まれた面があるのであまり評価しなくてもいいかなと。

本命のゴーフォザサミットは4着でした。
少し出負けして進路が狭まりました。その為かなり後方の位置になってしまいます。
これは完全に予想ミスですねー。リュウノユキナはスタートが安定してなかったので多少出負けしても大丈夫かなと思いましたが、前走は短距離でした。
ある程度行き脚が付く事は予想しておくべきだったと思います。
内のステイフーリッシュもスタートが安定しないのでポジションが取れると思っていましたが、取れない可能性をもう少し高く見積もるべきでした。
それでも4着に来ているので評価を下げる必要はないと思います。

5着のカフジバンガードはスタートで出遅れます。
それでもある程度推していったので前回よりはマシだったと思います。
現状、能力はサトノソルタス、ゴーフォザサミット、カフジバンガードで並んでいるとは思いますが、これから期待という意味ではサトノソルタスですかね。

そんな中で6着のブラゾンダムールが一番可能性が見えたかなと思います。
今回は内に刺さる癖を見せました。
前走コーナーリングがスムーズではなかったのでやはり左に寄れる癖があるのだと思います。
手ごたえだけ見たら突き抜けてもおかしくなかったと思うので左周りは積極的に狙いたいかなと。

人気のグレイルは7着。
まぁ上がり比べで負けたという面もあると思いますが何というか休み明けならこんなもんかなと。
実力はこのメンバーでもトップだと今でも思いますが、如何にも東京競馬場と遠征を経験させにきたという感じなので万全ではなかったと思います。
それで勝てるほどではないというのが正直なところだと思いますが、キッチリ仕上げてきたらこのメンバーなら巻き返しは十分にあると思います。

もう一頭の人気馬であるステイフーリッシュは直線で外に大きく膨れました。
馬体も見るからに細かったので見直せる内容ではあると思いますが、ホープフルS3着はそれなりに評価されそうなので次回も狙うかどうかは微妙なところですねー。
もう少し様子を見ながら狙うという可能性の方が高そうです。

うーん、グレイルとステイフーリッシュの評価をかなり下げたので取りたかったレースですねー。
正直展開次第でゴーフォザサミット、サトノソルタス、ブロゾンダムールの着順は入れ変わったと思うので尚の事悔しい結果でした。

--スポンサードリンク--

クイーンC

こちらはペースを完全に読み間違えました。
テトラドラグマが引っ張りそのまま押し切るレースです。

本命のツヅミモンはスタート直後から掛かり気味でした。
掛かった影響もあると思いますが、ちょっと距離が長いというのもあるかもしれません。
あのペースで掛かり気味という事はスピードはあると思うので距離短縮で狙う方がいいかもしれないですね。

対抗のマウレアはペースが合わなかったと思います。
スローから抜け出して…というタイプだと思っているのでちときつかったかなと。

逆にテトラドラグマはこういうペースが合ってるんだろうなと思います。
こういうペースで勝つ馬というとメジャーエンブレムを思い浮かべます。
この馬が出ると桜花賞でもある程度ペースが流れると思うのでチューリップ賞やフィリーズRではそういうレースになってほしいと思いますが、まぁ難しいですかね。

3着のアルーシャは強い内容だったかなと。
もともと前走の未勝利戦で掛かりながらもしぶとく粘りきった感じだったのでスローの上がり比べよりはこういうペースの方が合ってるのかもしれません。
それでもテトラドラグマには内容的に完敗だった訳なので桜花賞で狙うのは難しいですけどね。

まとめ

はい、今週もクソ予想でした。

京都記念、共同通信杯はまぁ外れても仕方ないかなという感じで納得できる予想でしたが、クイーンCはクソ予想でした。
ペースを読み違えて人気の本命対抗が沈むという残念っぷりです。
クイーンCが一番自信あったのでこれはヒドイと言わざるを得ないです。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬
-,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.