競馬

2020年 東京新聞杯 きさらぎ賞 予想

東京新聞杯

逃げるのはおそらくモルフェオルフェだと思います。問題はこの後にどの馬がモルフェオルフェについていくかというところかと。モルフェオルフェはある程度ペースを上げると思いますが、離れて後方集団実質スローになるか1頭か2頭はついていって縦長になるかというところですね。基本的にはモルフェオルフェが単独で逃げる形になると思いますが、ヴァンドギャルドかクリノガウディーがモルフェオルフェについていく可能性があるかなという事を頭に入れて予想していきたいです。

◎クリノガウディー

〇ヴァンドギャルド

▲シャドウディーヴァ

☆レッドヴェイロン

△ケイデンスコール

本命はクリノガウディーにしました。ぶっちゃけ展開の可能性としてはモルフェオルフェの単独逃げの方が可能性は高いと思いますが、単独2番手を取れる競馬をすればほぼ勝ち負けだと思ってるのでこのオッズならまぁ本命でいいかなと思います。富士Sは下手に乗られての4着ですし、マイルチャンピオンシップもあのメンバーで7着ならこのメンバーなら上位と捉えていいはずです。あとは横山騎手がどう乗るかだけですが、後方ポツンなら諦めますwまぁ後方ポツンでもそれなりに馬券になる可能性はあると思ってますけどね。

対抗にはヴァンドギャルドにしました。この馬もクリノガウディー同様、単独2番手の好位置で競馬できる可能性があるかなと思います。クリノガウディーとの評価の差はオッズです。とはいえ、あまり過剰人気とは思ってないです。もともと3歳時から能力は評価されていましたし、重賞ではこのくらいは評価されて良いかなと思います。

3番手にシャドウディーヴァにしました。この馬もある程度前に行けるだろうという事で評価を上げました。外にクリノガウディーがいるので多少行き遅れる可能性はありますが、それより外の馬が来るという事はないでしょうし、出足もそこまで悪くありません。基本的には前有利と思ってるので3番手評価です。

推奨馬にレッドヴェイロンにしました。この馬は能力でこの評価にしたという感じです。前にいけそうならこの馬が本命でも良かったですが、キャンベルジュニア、シャドウディーヴァはまず間違いなく前にいこうとするでしょうし、クリノガウディーもそこそこ前に行く可能性が高いと思ってます。ロワアブソリューも前に行く可能性がないとは言えないので、この枠順だとどうしても後ろになるかなと。能力も飛び抜けてるとも思いませんし、展開利も見込めないならこの評価かなと。

抑えにケイデンスコールです。4歳馬に評価が集まったのでついでなので評価しました(おぃ)まぁ他に買う馬があまりいなかったというのもあります。プリモシーンやサトノアーサー、レイエンダは後ろからでしょうし、展開がまず向かないかなと。それでも馬券内くる力があるとしたらプリモシーンですが、内枠なのがちょっと嫌です。ちょっとこのオッズだと買いたくないなぁという事でケイデンスコールにしました。

最強競馬ブログランキング

きさらぎ賞

こちらはおそらくギベルティが逃げる形になるかなと思います。ペースもそこまで速くならず上がり勝負なるかなと。

◎アルジャンナ

〇コルテジア

▲サトノゴールド

☆ギベルティ

△トゥルーヴィル

本命はアルジャンナです。まぁこのメンバーならよっぽど馬券外という事はないかなと思います。負ける可能性はなくはないですが、それでも2着までかなーと。オッズ的にも基本的にはアルジャンナ以外が過剰評価という形です。それぐらいには東京スポーツ杯2歳Sのレースはインパクトがあったかなと。他の馬もまだ底を見せていないので可能性だけで言えばありますが、少なくとも事前評価でアルジャンナの一強かなと。新馬勝ちの馬も多いですし、新馬勝ちの馬に可能性を見出して結果的に他の馬のオッズが押し上げられてるという印象です。

という事で対抗にはコルテジアです。まぁ能力的にはおそらくどうあってもアルジャンナには勝てないと思いますが、他の馬と比べるとわりとオッズ的にはおいしいかなと思います。

単穴にサトノゴールドです。こちらもコルテジア同様アルジャンナに勝てないと思いますが、新馬組が人気を集めているので人気が薄くなっているなという印象です。まぁ連紐なら高く評価したい馬です。

推奨馬にギベルティにしました。前に行く馬で抑えです。正直コルテジアとどっちが上位にくるかは分かりませんが、前が残る展開になった時を考えるとこの評価はしておくべきかなと。

抑えにトゥルーヴィルです。この馬はサトノゴールドの抑えです。新馬戦は前が詰まって進路を変えながらの勝利でした。加速に乗るのも遅かったですし、着差以上に強い内容だったと思います。新馬組の中でなんでこの馬が一番評価が低いの?と疑問には思ってまし、素直に抑えます。

グランレイは切ります。朝日杯は展開が向いての3着だと思ってます。このメンバーならそれでも足りてしまう可能性はあるんですが、あんまり買いたくはないなという事で切っていきます。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.