競馬

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 予想

パンサラッサが逃げそうですが、実質のペースはそこまで上がらないと思います。パンサラッサが単独逃げになるか、それとも後続を引き連れる形になるかは分かりませんが、おそらく2~3番手に付けるウインカーネリアンやディヴィナシオンはペースを上げないでしょうし、雨の影響でさらに遅くなると思います。

ただ、だからどのあたりのポジションの馬を狙うと言われるとちょっと難しく前の逃げ残りを警戒しつつ、基本は外差しの馬を買うのがいいのかなという結論になりました。

◎ワーケア
〇メイショウボサツ
▲パンサラッサ
☆オーソリティ
△サトノフラッグ

本命はワーケアにしました。まずシンプルに「なんで一番人気じゃないねん」という点です。明らかにディープ産駒のサトノフラッグに人気が集まってる気がします。そういう意味でこの馬は純粋に狙い目だと思います。それに加え重馬場経験もありますし、ポジショニングも後ろ過ぎず、前過ぎずのポジションが取れるんじゃないかなと思います。右回りが若干不安ではあるもののそれを差し引いてもこの馬かなという気がします。
ただ、個人的には現段階では皐月賞はダーリントンホールを狙いたいと思っているので、皐月賞でダーリントンホールにルメール騎手が乗る為にもワーケアには負けて欲しいという複雑な気持ちです。

対抗、単穴に前残りがありそうな2頭を選びました。
メイショウボサツとパンサラッサです。どちらも重馬場適正がありそうですし、ポジションもパンサラッサは逃げ、メイショウボサツもこのメンバーなら4番手以内にはいそうかなと。

推奨馬にオーソリティにしました。
正直この馬はもう少し評価を上げても良かったと思いますが、騎手で評価を下げました。少なくとも土曜日の乗り方を見る限りは上手くないなという印象です。オーソリティ自体はわりと行きたがる面もありますし、雨で渋る分にはむしろこの行きたがる面が丁度良い感じに緩和されると思うので合うとは思いますが、この騎手で評価して良いのかなというと微妙です。オッズ的にはワーケア同様、十分に狙って良いと思いえますが、ちょっと怖いのでこの評価にしました。

抑えにサトノフラッグです。流石に人気し過ぎです。
明日には2番人気になってるとは思いますが、現時点でも2.4倍というのはやり過ぎかなぁと。今の3歳牡馬の実績上位陣につけ入る隙がないかと言われればそうではないと思いますが、人気で最上位になるなら評価は下げたいです。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.