競馬

2020年 大阪杯 予想

逃げるのはジナンボーかステイフーリッシュが濃厚だとは思いますが、そこまで逃げたい馬ではありません。もしかたしたらダノンキングリーが逃げる可能性もあるかなと思います。どちらにせよペースはそこまで上がらないと思います。馬場状態も前が有利といった感じですし、基本的には前にいる馬を買いたいです。

◎ワグネリアン
〇ラッキーライラック
▲マカヒキ

今回は3頭に絞りました。正直点数を広げるとどれだけでも広げられるのとワグネリアンとラッキーライラックは上位5頭の中では信頼度が一つ抜けてるかなという事で基本的にはこの2頭でいいかなというのもあります。

おそらくワグネリアンはある程度ポジションを出していくと思います。ラッキーライラックとブラストワンピースとのポジションの取り合いになると思いますが、ラッキーライラックはスタートは良いものの最近は二の脚がそこまで良くありません。ブラストワンピースはスタートも良くなく、二の脚も速い訳ではないです。ワグネリアンもスタートは良くありませんでしたが、最近は改善されつつあります。ダービーでも前に付けているようにスタートしてからの加速もそれなりに優秀なのでこの3頭では一番前目に取れる可能性があると判断しました。ジャパンカップでは4コーナーで置いていかれての3着で高く評価できますし、天皇賞も決して有利な展開ではなかったです。現在の人気が5番人気というのがちょっと意外でもう少し人気すると思っていたのでこれなら素直に本命です。

対抗にはラッキーライラックにしました。最初はこの馬を本命にしようかと思っていました。前走の中山記念でエリザベス女王杯からかなり強くなってる可能性があるかなとは思ってましたが実際その通りでかなり強くなってると思います。ただ、前述通りポジションを取れるかどうかが不安です。そして、そもそもポジションを取りにいかないという可能性すらあると思ってます。前走は明らかに前に行く馬が少なかったので前に行けましたし、取りに行きましたが今回はどうでしょうか。エリザベス女王杯の末脚を考えれば、後ろからという選択もあると思います。それだと基本的にはノーチャンスだとは思ってますが、かなり強くなってる可能性を考慮するとそれでも馬券内に来る可能性はあるかなという事で対抗です。

単穴にマカヒキです。最後まで入れるか悩みましたがこの馬を入れます。ジャパンカップは上手く乗っての4着ですし、昨年の大阪杯も上手く乗っての4着です。ヒューイットソン騎手がそんな感じに乗れるかというと、わりと外を回す事が多い騎手ですし、内をタイトに回ってくるというイメージはあまり湧きません。とはいえ、他に買いたい馬もおらず穴で能力的に足りるとしたらこの馬かなという事でこの馬を入れました。

ダノンキングリーはちょっと出遅れが怖いです。中山記念こそうまくでましたが毎日王冠は出遅れますし、マイルチャンピオンシップもそこまで良いスタートではありません。外枠にジナンボーがいる事も考えるとポジションは下がる可能性が高いかなと思います。スタートが出れば逃げる可能性すらあるとは思ってますし、そうなればこの馬のものかなと思いますが、この人気ではちょっとリスクが高いかなと思います。

ブラストワンピース、クロノジェネシスは外を回り過ぎる可能性が高いかなと思います。ブラストワンピースは内から抜けてこようとするかもしれませんが、ワグネリアン、サトノソルタスもしかしたらラッキーライラックあたりもいると考えるとそう簡単には捌けないと思います。外を回した方が無難だと思いますが、そうなると馬券内は厳しいと思います。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.