競馬

2020年 京都新聞杯 予想

逃げるのはホウオウエクレールだと思いますが、アンセッドヴァウが芝のスピードについていけるかで展開は変わりそうです。前走を見る限りでは馬群に包まれるのが嫌なのか、砂を被らせたくないのか割と無理やり外に出しています。スピードについていければ、まず間違いなく前に吹っかけると思うのでこの馬次第かなと思います。プレシオーソは番手に付けると思いますが、シルヴェリオはわりと前目に付ける可能性もあるのでペースは緩む可能性は少ないかなと思います。少なくとも60秒はほぼ切るかなと思います。

◎マンオブスピリット
〇ファルコニア
▲メイショウダジン
☆プレシオーソ
△シルヴェリオ

本命はマンオブスピリットにしました。アドマイヤビルゴは大崩れしなさそうではありましたが、この馬も展開面、馬場状態を考えるとほぼほぼ大崩れしないかなという事で本命にしました。先週を見る限りでは京都は外差しです。おそらくこの馬は外差しになると思いますし、展開面でも不利にはならないかなと。前走は前が残る展開ながら強引に差し切っていますし、能力的にはここでも上位のはずです。アドマイヤビルゴが人気を集めてるのでこの馬からワイドで流す方がオッズ的には良さそうなのでそういう買い方をします。

対抗にはファルコニア、単穴にメイショウダジン、推奨馬にプレシオーソ、抑えにシルヴェリオです。
ぶっちゃけシルヴェリオは切ろうかとも思いましたが、兄弟が優秀な兄弟ですし初ブリンカーという事でなくなく抑えました。

アドマイヤビルゴは普通に走れば普通に勝つと思いますが、この馬を抑えず他の馬を多めに買いたかったので切ります。
ワイド中心でマンオブスピリットが本命ならいらないです。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.