パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2019年 金鯱賞 フィリーズR 予想

投稿日:

金鯱賞

高い数値を出したのはタニノフランケル、ペルシアンナイト、ムイトオブリガード、モズカッチャンです。
ダノンプレミアムも人気馬でありながらこの数値なので悪くはありません。

同様にアルアイン、リスグラシューも人気馬でありながらこの数値なので悪くはないでしょう。
逆にエアウィンザーは過剰人気という結果です。

適性オッズではダノンプレミアムと並ぶ一番人気になっているので勝率自体は低くなさそうですが、3倍を切るほどかと言われるとそうではないだろうというところです。

◎ダノンプレミアム
〇ペルシアンナイト

正直あまり買いたくないレースではあるのでリスク回避の為に1点勝負でいきます。
2倍台の人気ならともかく4倍台の人気であるダノンプレミアムの数値で本命にするのはあまり好ましくはないですが、人気が低いのは長期休養明けという部分が大きいです。

調教も見た感じではかなり調子は良さそうで、それで負けたらしょうがないという事でダノンプレミアムが勝つ前提で買います。

相手にはペルシアンナイトにしました。
本来の実力ならこの馬が4番人気というのはあり得ないはずです。

休み明けで嫌われていますが、それで人気が下がるならこの馬を相手にしておきたいです。

タニノフランケルはオッズ比は高いですが、そもそも実力が足らないと思っています。
小倉記念では意外と強く能力を見誤っていたかなと思いますが、それでもこのメンバーでは足らないかなと。

展開面は非常に向きそうなのでオッズ比は優秀ですが、まともにダノンプレミアムが走れば凌げないはずです。

リスグラシューも同様です。
エリザベス女王杯はスローの上がり勝負で嵌っただけかなと。香港ヴァーズは驚きはしましたが、それでも半信半疑です。

ギベオンも単純に能力が足らないと見ます。
中日新聞杯は勝たれるとは思っていなかったですが、今思ってもメンバーはそこまでではありません。

リスグラシューを買うくらいならモズカッチャン、ギベオンを買うくらいならメートルダールの方を買いたいです。
アルアインは騎手で切ります。

エアウィンザーは過剰人気と見ます。
馬連オッズもエアウィンザーを中心に人気が集まってます。

ただ、実はめちゃくちゃ強いという事もありえ、ここが測れないので少数点数にしてお茶を濁したという理由もあります。

最強競馬ブログランキング

フィリーズR

こちらはプールヴィル、ホウオウカトリーヌ、キュールエサクラが高い数値を出しました。
アスタールビー、イベリスあたりがレースを引っ張りペースが速くなる事が予想され、中目の中段好位に付けられる馬が高い数値となりました。

◎ホウオウカトリーヌ
〇レッドアネモス
▲キュールエサクラ
☆プールヴィル
△ジュランビル

本命はホウオウカトリーヌです。
展開面の恩恵が高いと見ました。

キュールエサクラと悩みしたが、枠の差でホウオウカトリーヌを上に取りました。
その差がオッズ比にも出ています。

おそらく位置取り的にはホウオウカトリーヌとキュールエサクラは横並びになるかホウオウカトリーヌが前になるはずです。
前走はスタートが良すぎた為に少し下げたら、下がり過ぎたという結果でした。

本来なら2走前のように楽にポジションが取れるはずです。
キュールエサクラも決して出脚が悪い馬ではないですが、この枠だとこの馬の方が前に行くイメージはあまり湧かないです。

と言っても前に行く馬が多いのでおそらくは7~10番手あたりが現実的なところだとは思います。
差が出るのはコーナーでおそらくはキュールエサクラは余分に外を回るかなと。

うまくホウオウカトリーヌを内に閉じ込めればその限りではないですが、そうなる可能性は7:3くらいで閉じ込められないかなと。

むしろキュールエサクラのポジションがホウオウカトリーヌより後ろになれば、アウィルアウェイやレッドアネモスあたりが外から捲ってくる可能性があるのでキュールエサクラはそこでさらに外を回る可能性すらあると思ってます。

どちらも不利を受ける可能性はありますがより低いのはホウオウカトリーヌかなと思います。

と言っても対抗はキュールエサクラではありません。
レッドアネモスです。

この馬は前走伸びない内を立ち回っての4着でした。
プールヴィルも満足走れていないのでプールヴィルより上とは言いませんが、プールヴィルに対抗できる力がある可能性はあります。

岩田騎手がココフィーユではなく、レッドアネモスに乗ってるというのも気になるところです。
ココーフィーユの藤井騎手は逆輸入騎手で期待されていそうなのでそこらへんの事情もあるかもしれませんが、岩田騎手が別の馬に乗ってるというのもあまりしっくりきません。

大外枠でなければ本命でも良かったですが、おそらく後ろからで大外ぶん回しが濃厚だと思うのでここは対抗までにしました。

あとはプールヴィルとジュランビルを抑えます。

アウィルアウェイは切りました。
このメンバーでは頭一つ抜けているはずですが、石橋騎手がどう乗るか分かりません。

大外を回ってこれば少なくとも掲示板は堅いと思いますが、下手に内に潜ると抜け出せなくなる可能性があります。
若干リスクが高いと見て切りました。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.