パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2019年 天皇賞春 予想

投稿日:

人気馬の中ではグローリーウェイズが一つ抜けた感じです。
フィエールマン、エタリオウも悪くはないですが、良くもないといったところ。

人気薄ではロードヴァンドールが人気を集めました。
レース展開はおそらくこの馬が握る事になると思うので展開面での恩恵が大きいです。

恐らく展開的には昨年の皐月賞のようにヴォージュとロードヴァンドールの2頭離れて、他がチンタラ走ってるレースになる可能性が高いかなと思います。
そうなると恩恵を受けやすいのはまず3番手集団のトップを走っているであろうメイショウテッコンと実質的ペースを作るロードヴァンドールになるかと思います。

相対的に昨年の皐月賞と同じく後ろ過ぎになるであろう馬は不利になるかなと思います。
具体的にはエタリオウ、フィエールマン、グローりウェイズあたりの人気馬です。

一頭くらいは好ポジションに付けてもおかしくないですが、3頭ともいるというのは考え辛いです。
その中でも枠の並びで考えるならヴォージュとメイショウテッコンについていくだけのグローリーウェイズが一番好位にいる可能性が高いと思います。

エタリオウはそのヴォージュとメイショウテッコンに、フィエールマンはローヴァンヴァンドールに外から被せられる可能性が高いです。
少なくとも中段より前というのは少し考えにくい枠の並びです。

◎フィエールマン
〇グローリーウェイズ
▲ロードヴァンドール
☆メイショウテッコン
△エタリオウ

本来ならこの数値では本命にしてはいけないですがフィエールマンを本命にしました。
理由は全部少しづつプラス面があるという感じですね。

展開面で恩恵を受けるであろうロードヴァンドールは阪神大賞典でシャケトラに同様の評価をしたように能力が違います。
エタリオウは内枠が仇になる形の方が高そうで、まだポジションを取るならフィエールマンの方が有利です。

グローリーウェイズやメイショウテッコンはトサキサンとフクナガサンよりルメールサンというヒドイ理由です。
なんだかんでこの馬が一番信頼度が高いと見て本命です。

対抗はグローリーウェイズにしました。
前回の日経新春杯では流石に人気になる過ぎという事でブッタ切りましたが、これくらいの人気であれば買うに値します。

日経新春杯の時でもコメントしたように京都新聞杯は体調面が優れていなかったはずで本気で取りにきてなかったレースのはずです。
菊花賞は大外ぶん回しの5着なので内容的にはそこそこ良いです。

前走の日経新春杯はお世辞にもレベルが高いメンバーのレースとは言えないですが、他のレースも大概です。
このメンバーならエタリオウ、フィエールマンより少し劣るくらいで能力的には十分のはずです。

展開的には恩恵受けやすいとは考え辛いですが、オッズも良いのでこの馬を対抗にします。

単穴にはロードヴァンドール。
逃げ粘りの3着当たりを希望です。

阪神大賞典で能力が違い過ぎるといった理由でシャケトラを本命にしました。
このメンバーでもエタリオウ、フィエールマンはもちろんグローリーウェイズ、メイショウテッコンあたりともかなりの力差があるはずです。

流石にこのあたりの馬を全頭負かすとは思えません。
とはいえ、展開面の恩恵があるのも確かなので単穴です。

推奨馬にメイショウテッコンです。
本命も考えましたが、単穴です。

というより思ったよりオッズ比が伸びませんでした。
日経賞の内容は完全にエタリオウを封じていると思いますし、正直オッズを見た時はこの馬が本命かなと思ってました。

展開的にも向くはずで嫌う理由は見当たらないはずですが、あえて言うならフクナガサンです。

抑えにエタリオウにしました。
人気馬の中では一番ポジションが悪くなる可能性が高いかなと見てます。

枠の並び的もそうですが、前走前に行ったのにメイショウテッコンを捉えきれませんでした。
それを考えるともともと後ろから行くプランもありそうです。

一昨年のレインボーラインになる可能性も低くはないので抑えまでにしました。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.