パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2019年 大阪杯 予想

投稿日:

大阪杯はブラストワンピースのオッズ比がかなり低くなり、その為他の馬が相対的に高くなりました。
適性オッズを見るともっと横並びになっていいオッズが適切で、現在のオッズのように3倍台の馬が出るのはおかしいというのが結論です。

能力的にも天皇賞組が高く評価され、適正オッズではキセキやサングレーザーが高く評価されました。
キセキがペースを作るのでキセキはもちろんキセキの作ったペースの天皇賞で2着に入ったサングレーザーも当然高くなります。

しかしキセキの場合は実際のオッズが5倍付近なのでオッズ比の評価は低いです。
ただ、この馬が1番人気が妥当という評価でサングレーザーが横並びの2番に気が実際のオッズとしては適性ではないかという感じですね。

同様に天皇賞やジャパンカップ程ではないにしろ毎日王冠でも似たようなペースを作っているのでステルヴィオの評価も高いです。
そんな中で適正という意味で抜群に評価が高くなったのはダンビュライトです。オッズ比はダントツになりました。

長くしぶとい脚を使うダンビュライトにとってキセキが作るペースはかなり合うはずです。
あとは乗り方だけです。

それに関してはデムーロ騎手か武騎手が良かったですが、前走を見る限り松若騎手も悪くはないです。
ビビらずキセキについていけばかなりチャンスがある馬のはずです。

天皇賞組、毎日王冠組以外には一昨年の皐月賞組上位組も高くなっています。
今回のレースは一昨年の皐月賞と似たようなペースになる可能性が高いかなと思います。

アルアインは皐月賞を勝った時のようにハイペースの出し切りが合うはずです。
この馬もダンビュライト同様乗り方次第です。

ペルシアンナイトもその中で2着なので当然評価は高くなります。
逆にキセキの作るペースで適性が未知数な馬の評価が低くなりました。

ワグネリアン、ブラストワンピース、エポカドーロ、エアウィンザーです。
エポカドーロ、エアウィンザーはオッズ比は悪い訳ではないです。

むしろ普段のレースのオッズ比から考えれば良い部類ですが、上位の馬と見比べると見劣ります。
ワグネリアンも普段ならちょっと過剰人気だから切ろうくらいの感覚ですが、今回は上位の馬が高い数値を出してるのでどう考えても買い目には入りません。

そしてこんな適正オッズになった原因はブラストワンピースです。
適性オッズが12.4倍という結果です。

上位10頭の適正オッズが5.9倍~12.9倍に納まっているのでその中にいるブラストワンピースは勝つ可能性自体はあります。
ただし、出遅れ癖&ペース対応が未知数など不安要素も大きい上にワグネリアン、アルアインのように内枠アドバンテージがある訳でもありません。

外を回ってくる可能性が高く展開アドバンテージも少ないはずです。
すぐ外にいるサングレーザーより前にいければいいですが、池添騎手が前に付けるかも疑問です。

スタートの巧さはサングレーザーもそこまで良くないのでブラストワンピースが前に行ける可能性が高いですが、キセキがペースを作る可能性がある中で果たして池添騎手がついていくのか?と言われるとついていかない可能性の方が高いと見ます。
そうなるとどうしてもコーナーは外を回らざるを得ないし、そもそも前にいる馬はこういう展開が好みの馬が多いので届かない可能性が高いという事になります。

そんな感じでブラストワンピースの評価は低くなりました。

◎ステルヴィオ
〇ダンビュライト
▲サングレーザー
☆アルアイン
△ペルシアンナイト

まぁこんな長い解説書いても本命はステルヴィオです。
中山記念の時もと似たような流れだった気がしますが気にしません。

昨年のマイルチャンピオンシップ後に少なくとも春はステルヴィオ本命から動かさないと決めました。
本来ならダンビュライトかサングレーザーを本命にするのが適当なはずです。

アルアインやペルシアンナイトも高い数値になっているので当然この馬達にも印を回します。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.