パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2019年 回収率最終結果

投稿日:

馬連、ワイドの回収率は◎から印への均等買い。
馬単は◎から印への1着固定。
3連複、3連単は◎の一頭軸マルチで計算しています。

という事で最終結果です。
6月までの回収率で考えれば大分マシにはなりましたが、年間成績で見れば普通という結果です。
昨年もひどい結果だったので今年は100%を超えておきたかったですが、越えられませんでした。

ただ、良くなってる点を挙げるとすれば昨年は他の印も壊滅的でしたが、今年は他の印の成績はそこそこ良いです。
◎~△の単勝を均等買いした時の単回収率は100%を超えてます。

にも拘わらず、馬連などの券種で回収率が悪いのは親和性のある馬券を買ってないからかな。
単回収としてはオッズ比は優秀ですが、親和性のある馬券を買うとなると微妙なようです。

そのへんを来年は修正していきたいです。

今年の回収率の傾向と反省

今年を通じて思った事は差し馬の回収率が若干上がってるかなというところですね。
2年前~3年前と比べて「高速馬場で前が止まらないから前残りで予想する」という予想が増えたように思えます。

その為、逃げ先行馬の回収率は若干下がってる傾向にあるかなと思います。

実際に私は今年、事前に逃げ先行と予想した馬より差し追い込みの馬の回収率が優秀でした。
事前に差し追い込みと予想しても、天皇賞秋のアーモンドアイのように実際は好位ポジションにいて結果的に先行というパターンもあるので、そういった良い意味で予想外のパターンが差し追い込み馬にはあります。

騎手側としても差し追い込み馬であろうともチャンスがあれば好位ポジションを取るようにもなってきているのも影響してるかなと。
まぁ要するに近年は逃げ先行が若干過剰人気気味傾向にはあるかなと思ってます。

このあたりも注視ながら来年は予想していこうと思います。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬
-

Copyright© 馬レコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.