パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2019年 京都記念 共同通信杯 予想

投稿日:

記事を上げたと思ったら上げてなかった(;´Д`)
オッズは9時半前後のものですがご了承ください。

京都記念

こちらはダンビュライトがかなりのオッズ差になりました。
もともと近走はまともに走れておらず、乗り方次第で上位があった馬です。能力的にはステイフーリッシュにも劣らないはずでマカヒキに続いて2番手くらいの能力はあってもおかしくはないです。

オッズ差で2番手のオッズ差評価はカフジプリンスですが、適性オッズも実際のオッズも高いので正直誤差範囲です。あまり参考にはできない数値なので無視です。

3番手のオッズ差評価はマカヒキでした。
この馬は能力を疑われて実際のオッズが下がっているように見えます。
確かに全盛期に比べると能力は落ちているとは思いますが、それでもこのメンバーで能力が劣るは思いません。
別の馬を例に出すのもアレですが、昨年の京都大賞典のサトノダイヤモンドもあれくらいのメンバーなら勝ちます。
今回の京都記念もそれくらいのメンバーです。能力的には一番高いと見ていいはずです。
ただ、展開利が受けられるかというと微妙です。比較的後ろからいく馬が多いので好位置に付けられる可能性もありますが、付けられない可能性もあります。そのへんは半々です。
展開利はステイフーリッシュとダンビュライトがあるはずなのでその分どうしても適正オッズはマカヒキの方が低くなりました。

人気どころではノーブルマーズとタイムフライヤーが低いです。
どちらも能力に疑問が高いです。
ノーブルマーズの宝塚記念3着は展開面が有利に働きましたし、タイムフライヤーは金杯で5着、菊花賞で6着になったもののパフォーマンス的には物足りません。
どちらも過剰人気しているという結果です。

◎ダンビュライト
〇マカヒキ
▲ステイフーリッシュ

本命はダンビュライトにしました。
というよりはこの3頭を買えばいいかなと思います。
ノーブルマーズやタイムフライヤー、パフォーマプロミスにチャンスがないとは言いませんが、どの馬も穴馬狙いとして人気が先行している感じなので無理に狙う必要はないかなと思います。
この3頭の馬連をボックス買いしても全て10倍を超えているのでそちらの方がリスクに対するリターンはあるかなと思います。

共同通信杯

こちらは先週のきさらぎ賞同様上位4頭が横並びです。
実績上アドマイヤマーズが抜けてはいますが、それを差し引けばほぼ変わらないと見ていいです。
ゲバラも新馬戦のパフォーマンスが劣るだけで可能性としては十分にあるでしょう。

正直あまり買いたくレースなのでリスク回避の為に少ない点数で買います。

◎クラージェゲリエ
〇ダノンキングリー

クラージェゲリエはちょっと意味の分からない理由で若干評価が下がっているように見受けられます。
試走だからという理由がチラホラ見かけます。まぁ騎手の乗り変わりなので手探りで乗る事には間違いないと思いますが、武豊がやる本番を見据えて乗るというのはちょっと考え辛いかなと思います。
というのもそもそもこの馬は武豊騎手が乗ってきた馬ではありません。チューリップ賞のリスグラシューや神戸新聞杯のエアスピネルはそれまでのレースでは勝負になりにくいと考え、勝ち馬との力関係を測ったり、後ろからの戦法を試したりしていました。
ただ、このレースはアドマイヤマーズはいるものの、この世代の代表格であるサートゥルナーリアはいません。そもそも測る相手がいません。
新しい戦法を試すと言っても前述通り武豊騎手は初乗りです。乗り変わりで評価が下がるならまだしも試し乗りで評価が下がるというのはちょっと不可解です。

他の有力馬と違って左回りの経験がなく左回りの影響で凡走の可能性はありますが、まぁそれでもこれでここまで評価が下がるなら狙います。

対抗はダノンキングリー。
アドマイヤマーズとフォッサマグナは切ります。そこまで広げてもゲバラが好走の可能性が十分にあります。当たる可能性がかなり上がるとは思いますが、買う金額に対してリターンが少なくリスクが大きいと判断します。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.