パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2019年 中山記念 阪急杯 予想

投稿日:

先週のサンライズソアはレース前に終わっていたという感じですかね。
私は細く見えたという感じはしませんでしたが、パドックの踏み込みは浅く見えました。

レースのスタートも行きっぷりも良かったので杞憂かなと思いましたが、あれであそこまで伸びきらないとなるとやっぱり多少は影響あったかなと。

小倉大賞典はハイペースを想定していましたが、実際にはペースが上がりませんでした。
意外と好位でも何とかなる馬が多くて、無理にいこうとしなかった馬が何頭かいたという感じですかね。

マウントゴールドとケイティクレバーはそういうタイプだと思っていたので展開面でもプラスになると思ってましたが、そういう想定ができるならペースが上がり切らない事も想定すべきでした。
マルターズアポジーが逃げられなかったこうなったというより各騎手がペースを上げようとしなかった結果こうなったという感じですね。

中山記念

中山記念はスワーヴリチャードがダントツの数値を示しました。
ただ、計算してみたら納得という感じです。

一番人気 スワーヴリチャード 2.8倍
二番人気 ディアドラ 4.4倍
三番人気 ステルヴィオ 5.5倍
四番人気 ウインブライト 6.0倍
五番人気 エポカドーロ 6.1倍
六番人気 ラッキーライラック 8.9倍

といった感じのオッズがあれば納得してしまう感じです。
というより私は正直こっちのオッズの方がしっくりきます。

ディアドラの府中牝馬Sや香港Cのパフォーマンスが高かったので現在の前売りオッズのオッズも分からない事もないですが、たとえ58kgだったとしても実績面から見ればスワーヴリチャードが一番人気になるのが妥当かと思います。

実際のオッズでディアドラがここまで差を付けているのは斤量面が大きいかなと思います。
特に府中牝馬Sが圧巻で2kg差あるリスグラシューを差し切った事が非常に大きいかと。

あそこまで走りを見せられると牝馬では敵なしに見えます。
実際に香港Cでは2着に入ってますしね。

スワーヴリチャードが不当に人気が下がっている理由は見付けられませんでした。
距離不安、右回り等々ありますが、まぁそこについては分からなくもないです。

叩きレースというのもそうだと思いますし、やはり斤量面での差が一番大きいかなと思います。

ただ、実際のオッズがスワーヴリチャード5.0倍、ウインブライト5.9倍は流石にやり過ぎです。
昨年の金鯱賞でサトノダイヤモンドとのマッチレースと言われてたレースがスワーヴリチャード1.9倍、サトノダイヤモンド3.3倍です。

この5.0倍と5.9倍というオッズ差はもし仮に昨年の金賞でサトノダイヤモンドの代わりがウインブライトだったらウインブライトが2.3倍くらいです。(スワーヴリチャードが1.9倍)

ねーよ。
口が悪くなりましたm(_ _)m

実際G1馬達は叩きレースで逆にウインブライトはここを取りに来てるでしょうし、展開面でも内をそつなく回せるのである程度人気になるのはしょうがないです。
記事を書いてる間にもウインブライトの人気は徐々に下がってきており、7倍~8倍くらいには落ち着きそうですがそれでもおかしいと言えるオッズ差です。

◎ステルヴィオ
〇スワーヴリチャード
▲ウインブライト
☆エポカドーロ
△ディアドラ

と、ここまで力説しておいて本命はステルヴィオです。
昨年のマイルチャンピオンシップでも書きましたが、今年はよっぽどの事がない限りはステルヴィオが出てきたレースはステルヴィオが本命の予定です。

丸山騎手に変わった点やオッズ比でスワーヴリチャードが抜けてる時点でよっぽどの事が起きてる気がしないでもないですが、能力的には現4歳で一番強いと思ってるのはこの馬です。
スタートからの行きっぷりは毎日王冠で改善されており、それが直ればステルヴィオが4歳馬ではトップだと言ってきました。

ぶっちゃけスタートでは外にエポカドーロ、ハッピーグリン、スワーヴリチャードがおりそこまで良いポジションが取れるとも思っておらず、馬群突破もスワーヴリチャードの後ろに付けていれば何とかいけるかもという感じでそこまでプラス要素はありません。
のでこれは半分意地みたいな本命です。

対抗にはスワーヴリチャードです。
ここはまぁしょうがないですかね。

展開面でもこの馬が一番有利と見ています。
スタートは良くないですが、昨年のジャパンカップや金鯱賞、安田記念を見ればある程度ポジションは取りたい馬です。

今回は内にエポカドーロ、外にマイネルサージュなのでポジションも取りやすいと思います。
よほど大きな出遅れがない限りはマルターズアポジー、エポカドーロの後ろ、ラッキーライラックとハッピーグリンあたりと並んで3~5番手あたりではないかなと思います。

単穴にウインブライトです。
スワーヴリチャードとのところで大分評価を下げた言い方をしましたが、他の馬とのオッズ差はある程度適性だと思ってます。

昨年はアエロリットを負かして中山記念を制し、そのアエロリットにステルヴィオは負けています。
ステルヴィオとの直接対決でのマイルチャンピオンシップではウインブライトが大敗してますが、ここを取りに来て中山が得意であるという事を考えれば、このくらいのオッズ差でもおかしくはないです。

推奨馬にエポカドーロです。
秋の2戦はまともに走れていないので私の主観だけで言うならステルヴィオより人気になっていてもおかしくない馬です。

戸崎騎手なのでマルターズアポジーには行かせて、実質レースを支配するのはこの馬でしょう。
何かやらかしそうなオルフェーヴル(ステイゴールド)の因子が出なければ、あまり崩れるシーンは思い浮かびません。

抑えにディアドラです。
ここはラッキーライラックと悩みましたが、こちらを取りました。

展開面で有利になるとは言い難いですが、府中牝馬Sのインパクトがやはり強いです。
適性オッズも牡馬との力関係がどうかという面が大きく、現在のオッズのように2.5倍くらいが適正という可能性も高いです。

ラッキーライラックは牝馬の中では上位だと思いますが、このメンバーでは半信半疑です。
アーモンドアイが別格過ぎるだけで、例年で考えればモズカッチャンやミッキークイーンくらいには牡馬の中に混じって活躍する可能性はあります。

ただ、モズカッチャンやミッキークイーンがこのメンバーにいたとしてもステルヴィオやエポカドーロに並ぶくらいの人気が妥当で、それより実績も劣り、昨秋順調さを欠いたラッキーライラックだとまぁこんなもんが適正かなと思うので無理に狙う必要もないかなと思います。

最強競馬ブログランキング

阪急杯

こちらは穴馬がオッズ比で優秀な数字を出しています。
タイプトリップ、スターオブペルシャ、リライアブルエース、ロードクエスト、スマートオーディンあたりです。

ただし、適正オッズが高い訳ではないので勝率はそこまで高い訳ではない感じです。
人気馬で高い数値を出したのはレッツゴードンキとロジクライです。

レッツゴードンキはこのメンバーならG1で実績を出してる唯一の馬ですし、ロジクライは内枠プラス展開に大きく左右されにくそうというところで評価が上がりました。

このレースは展開面でのオッズ補正がちょっと難しかったです。
というのも個人的にはわりと流れる可能性の方が高いと見てる為です。

現在の一番人気はミスターメロディですが、実質他の馬の目標はダイアナヘイローのはずです。
特にミスターメロディはこの馬を目標にするはずでこの馬のペースで逃がしてはいけないというのは分かってるはずです。

それでも福永さんなのでチンタラ武豊騎手の後ろを走ってる可能性も高く、他の騎手を見ても武豊騎手に鈴を付けにいく騎手がいるとは思いにくいです。
なのでこれはあくまで可能性の一つ。

そんなに可能性は高いとは思いません。
どちらというともう一つの要因の方が大きいです。

もう一つの可能性はトウショウピストです。
この馬は前にいく馬の癖にスタートが格段良い訳ではないです。

その為、スタート直後はしっかりと追って加速を付けていきます。
その勢いで先頭集団に付けて、結果的に先頭の馬に鈴を付けに行くことが多いです。

なのでこの馬が出ているレースはわりとハイペースになる事が多いです。
7走前の安土城Sの時はスタートでしっかりと出て、アポロノシンザンが逃げるのを待っていた為スローになりましたが、そうでもないとスローになる可能性は低いレースが多いです。

逃げるつもりはないはずなので好スタートを出れば、ダイアナヘイローの独壇場になる可能性が高いですが、トウショウピストが普通のスタートくらいであればペースが流れる可能性は高いかなと思います。
鈴を付けるつもりはないけど、結果的にペースを上げてしまうとか武豊騎手が切れそうです

◎ロードクエスト
〇レッツゴードンキ
▲スマートオーディン
☆タイムトリップ
△スターオブペルシャ

本命はロードクエストにしました。
ペースが上がる事に張って差し馬中心に予想しました。

ただそれでも外からの差しは届きにくい馬場状態に見えるのでできれば内差しの方が良かったです。
それを考えればレッツゴードンキが最大の候補ですが、この馬はここ3走はスタートの行きっぷりが良くないです。

たまたまの可能性もありますが、流石にかなりの後方からになると難しい面もあるかなと思います。
同様にタイムトリップ、スターオブペルシャも候補でしたが、両方とも騎手に不安がありました。

その為、ロードクエストが浮上した形です。
オッズ比も優秀で適性オッズが10倍を切っている中では一番高いです。

対抗、推奨馬、抑えに内枠の3頭を入れました。
多分どの馬か絡んでくるだろうという感じです。

この3頭が一頭も絡まないというのはダイアナヘイロー独壇場になった時くらいですかね。
皆仲良く内で詰まるというのは流石に可能性としては低いと思います。

逆に一頭も詰まらないという可能性も低いと思いますが。

単穴にスマートオーディンにしました。
もう少し外が伸びる馬場だったらというところです。

前走は見どころがありましたし、そろそろ復活があっても驚けないかなと。
もともとこのメンバーなら能力は抜けていてもおかしくない馬なので紐には入れておきます。

あとはダイアナヘイローからロジクライ、ミスターメロディの馬連を買っておこうと思います。
投資の2割くらい回収できるくらいしか買わないと思いますが。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.