競馬

2018年 NHKマイルカップ 新潟大賞典 予想【どの路線を上位で評価するか】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKマイルC

馬場状態は前有利の高速馬場に見えます。
メインのプリンシパルSではブレステイキングやイエッツトが差してきてましたが、コズミックフォースを差し切れませんでした。

レース展開はちょっと難しいです。
テトラドラクマが逃げると思いますが、ペースは正直テトラドラグマ次第です。
予想としてはクイーンCで結果を出している以上そこまで無理にペースを落とさないとは思います。
ただ、突っかかる馬もいなささそうなのでそこまでペースが乱されるようにも思えません。
カシアスも近2走は逃げていますが、何が何でも逃げという訳ではないです。
なのでペースはテトラドラクマ次第が濃厚です。

一応クイーンCをベースに46秒前半で考えて、ミドルペースと考えてます。
これなら前が止まりにくいと思うので前~好位集団が有利と見ます。

◎テトラドラクマ
〇ミスターメロディ
▲カツジ
☆ケイアイノーテック
△プリモシーン
×タワーオブロンドン
×フロンティア

本命はテトラドラクマにしました。
正直あまり崩れるシーンが思いつかないです。
展開面はほぼ向くと思いますし、後は高速馬場決着で時計をしっかり出せるかどうか、ですかね。
展開が向かない面があると考えるなら有力馬が意外とポジションを取りにいって、かなりペースが上がる事くらいですが前に無理にいった馬は逆に不利になると思うので迂闊にはいけないかなとも思います。
ただ、正直難癖だと思います。
能力的にも十分に足りると思っていますし、オッズも8倍近く付くなら私の能力誤認の可能性も十分に補ってくれるかなと思います。
という事で本命はテトラドラクマです。

対抗にはミスターメロディにしました。
前に行く馬を基本的に狙いたいのですが、ロクな馬がいません。
なのでこの馬を狙います。
ポジション的にはテトラドラクマ-カシアスに続いて3番手あたりになるかなと思います。
ダノンスマッシュやフロンティアの位置取りや他に位置を取ってくる馬次第で前後するとは思いますが、悪くても5番手あたりに付けられるはずです。
後はテトラドラクマが作るペースに合うかどうかです。

単穴にカツジにしました。
ニュージランドTの回覧の時点では基本的には軽視の方向で考えていました。
ただ、アーリントンCでタワーオブロンドンがあまりにもあっさり勝ちました。
朝日杯を見る限りではタワーオブロンドンは1600Mでは長いと思ってます。多少馬場や展開の利があったにせよその馬にあっさり勝たれるようだと…という評価ですね。
なのでニュージランドT組を高く評価します。
位置取りは正直読めません。
前走は少し出負けして後方に下がる形になっただけなので前に行く可能性はあると思います。
ただ、後方から結果が出ているので後方からの可能性も十分にあると思います。
一応、内で包まれる可能性を考えればある程度出していく可能性の方が若干高いと思うので、ケイアイノーテックよりは評価したいなという事で単穴評価にしました。

推奨馬にケイアイノーテックです。
前走は-12kgで今回はある程度上積みがあると思います。
位置取りについてはスタートがあまり良い馬ではないです。
しかし周りの馬もそこまでスタートの速い馬が要る訳ではないので正直位置取りは出てみるまで分からないというのが正直なところです。
前の方にいる可能性も後ろの方にいる可能性も五分五分だと思います。
展開利については正直読めませんが、アーリントンC組よりニュージランドT組を高く評価する以上この評価にしました。

抑えにプリモシーンです。
ここはタワーオブロンドンと悩みました。
ただテトラドラクマを本命にする以上、未勝利で破って来たこの馬を外す訳にはいかないかなという事でプリモシーンを抑えにしました。
当初はプリモシーンの本命も考えましたが、テトラドラクマと戦った未勝利戦はテトラドラクマの仕掛けが遅く、テトラドラクマが取りこぼしたレースかなとも思うのでテトラドラクマの方が現段階では上かなと思うのでテトラドラクマの方を高く評価しました。

入着アリにタワーオブロンドンとフロンティア。

最強競馬ブログランキングではギベオンを切った理由を書いてます。

–スポンサードリンク–

新潟大賞典

こちらは悩んだ、というより3頭の競馬じゃね?という予想になりました。

◎マイスタイル
〇ステファノス
▲トリオンフ
☆スズカデヴィアス
△ハクサンルドルフ
×ケントオー
×トーセンマタコイヤ

例年の人気馬とは違い、この3頭はG1でもそこそこ活躍できる馬だと思います。
むしろなんでここにいるの?という感想です。
正直もっとこの3頭に人気が集まっていいと思ってます。
3頭とも全く不安点がない訳ではないですが、思った程人気になっていないのでそのまま上位評価にしました。

3頭の評価を軽く書いていきます。
マイスタイルは前走、それなりに前が潰れかねないペースで2着まで逃げ粘りました。
単純にあの内容は評価していいと思います。
不安点はその前走の乗り方です。この馬は別に逃げなくてもそれなりに結果が残せる馬だと思います。
ただ、前走はペースが速くなるほど前に競りかけました。
今回もそうなる可能性は低くはないと思います。
ただ、それでも前走は逃げ粘っているので本命に据えました。

ステファノスは実績だけで見るなら最上位です。
ハンデも重いですが、妥当だと思いますしこのハンデでもトリオンフやマイスタイル以外には負けちゃいけないだろうと思います。
不安点は休み明けという点です。
オールカマーでは結果を出しましたが、基本的には休み明けは走らないです(というより厩舎がそういう方針?
今回もオールカマー同様それなりに仕上げているようですが実際はどうか分かりません。

トリオンフは今年の成績だけ見るなら能力的には最上位だと思います。
ただ、大阪杯はそれなりに勝負だったはずでもっと言うなら小倉大賞典もそれなりに仕上げていたはずです。
状態面が良いという厩舎コメントがありますが、「本当に?」とわりと疑問に思ってます。
ただ、まぁそれでもここではやはり能力は上だと思うので単穴です。

いつも本命からの馬連流しと本命の単勝を買いますが、今回はこの3頭の馬連ボックスで買うつもりです。
どの組み合わせも10倍以上つくので問題ないと思います。

最強競馬ブログランキング

東京5R 3歳500万下

本命はキングスヴァリュー。
前走は直線で2度の不利があり、最後も追っていなかった。
着順程の負けではないと思うのでここは狙いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*