競馬

2018年 鳴尾記念 予想【差しは届きにくい想定】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕週なので馬場状態は分かりませんが、昨年の感じをみると内が若干有利、というよりは前が止まりにくい感じです。
差しが全く決まらない訳ではないですが、基本は前にいった馬が有利かなと。

逃げるのはマルターズアポジーかヤマカツライデンです。
実際にどっちがハナを切るかは分かりませんが、ペースの主導権を握るのはマルターズアポジーだと思います。
想定するパターンとしてはヤマカツライデンの大逃げで実質マルターズアポジーが先頭のパターンか、ヤマカツライデンがあまり行かずマルターズアポジーがそのままハナを奪って本当にマルターズアポジーが先頭のパターンかですね。
いずれにせよ主導権はマルターズアポジーです。

–スポンサードリンク–

◎マルターズアポジー
〇トリオンフ
▲トリコロールブルー
☆ストロングタイタン

本命はマルターズアポジーです。
マルターズアポジーが主導権を逃げると考えていて、さらに前が止まりにくいとなればこの馬を本命にするしかないです。
前走は58kgの影響と内の馬場がそこまで良くなかったのが原因かなと思います。
人気は6倍前後でこんなもんで収まるかなと思います。
能力的にはトリオンフとマルターズアポジーがツートップだと思います。

対抗にはトリオンフにしました。
前走の負けは仕掛け遅れです。
なのであの負け自体は気にしなくていいはずです。
ただ、今回の乗り変わりはプラスにもマイナスにもならないかなと思います。
ルメール騎手がこの馬の特性を理解しているなら問題ないですが、完全に初騎乗です。
一緒に走ったレースも城崎特別と札幌2歳Sでまだ頭角を現す前です。
今回も仕掛け遅れになる可能性は十分にあると思います。
それでも対抗にしたのは前目で競馬できる点と能力が上位だと思っている為です。

単穴にトリコロールブルーにしました。
2強に穴をあけるならこの馬かと思います。
ただ、問題は位置取りです。
外にマルターズアポジーもいますし、そんなに前にいけないはずです。
岩田騎手なので内に潜りこむためにもう少しポジションを下げるかもしれません。
オッズも4倍付近のオッズになっており、このオッズだと評価は上げ辛いかなと思うので単穴です。

推奨馬にストロングタイタンです。
能力的には正直トリオンフ、マルターズアポジーには大きく見劣るかなと思います。
上記の2頭はG1でも勝つチャンスがあるくらいの実力はあると思いますが、この馬にはそこまで能力はないと思います。
またこの馬もトリコロールブルー同様、位置取りの不安があります。
前走はスタートが良く、ポジションを取りましたが、その敗戦から今回は下げる可能性の方が高いと思います。
正直切ろうかとも思いましたが、トリオンフは騎乗ミスがありそうで、トリコロールブルーも内でミスをやる可能性があると考えるとこの馬を抑えておく必要があると思うで抑えました。

今回の印は以上です。
サトノノブレスまで抑えようかと思いましたが、小頭数でこの馬まで抑えるのは流石にやり過ぎかなという事で見送ります。

最強競馬ブログランキング

麦秋S

本命はハットラブ。
トラストのダート変わりでの激走は怖いが、流石にこれだけ人気を集めていると他から入りたくなる。(1時現在4倍)
スタートさえスムーズならこの距離でも実力は上位だと思うのでここはこの馬を本命。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*