競馬

2018年 東京新聞杯 きさらぎ賞 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京新聞杯

リスグラシューが牝馬で混合重賞を制覇し、4歳牝馬のレベルの高さを改めて示した形になりました。

2着のサトノアレスは出遅れる形でしたが、最内から馬群を突破してきます。
ダイワキャグニーに先着できないとか言ってすいませんm(_ _)m

そのダイワキャグニーはスタートでグレーターロンドンに負けて、少しポジションが後方になります。
グレーターロンドンの位置あたりに付けてくれたらいいなと思っていましたが、こればっかりはしょうがないです。
特に大きな不利もなかったですが、基本外を回る形とポジションが少し後方になってしまったのが敗因かなと。
まぁ正直あの展開なら納得の騎乗なのでしょうがないです。

サトノアレスもダイワキャグニーも決して有利とはいえない中での2,3着確保なのでここは素直に評価して良いかなと思います。
ただ、それより光ったのがリスグラシューですね。
正直今までは「仕掛けてもワンテンポ遅れて不利を受けやすい」という馬のイメージだったんですが、今回はそんな事はありませんでした。
左回りが良かったのか、成長したからか分かりませんがヴィクトリアマイルでは下手にデンコウアンジュやアエロリットを狙うよりはリスグラシューを狙った方がいいかもしれません。

グレーターロンドンは正直あの位置を取られた時は「やられた」と思ったんですが、思った以上に伸びませんでした。
トップスピードに乗るのが遅いんですかね…?
正直それくらいしか能力落ち以外に敗因が見当たりません。ただ、能力落ちも前走を見る限りでは落ちてないと思いますし、やっぱり直線で追い出したを待ったのが原因かなという気はします。
まぁただこれで次回は狙いやすくはなったかなと。どこに出るか分かりませんが次回はわりと本命を考えると思います。

きさらぎ賞

こちらはサトノフェイバーが逃げ切り勝ちです。
ダノンマジェスティが相変わらず制御がきかず、馬群に沈みました。
その煽りを受けたのがカツジとスラッシュメタルです。
カツジはダノンマジェスティに引きつられて上がってしまい最後に脚をなくし、スラッシュメタルはダノンマジェスティの外におり、一緒に膨れて届かずでした。
どちらも着順程評価を落とす必要はないはずです。

ダノンマジェスティは新馬戦よりひどくなっていました。
能力はあるのは分かりますが、まぁ何とも難しい馬です。

カツジも見るからに太かったと思うのでその点は見直せるとは思います。
能力的には朝日杯上位陣とは力差はあるように見えますが、例年通り皐月賞が高速馬場になるようなら皐月賞ではチャンスはあるとは思います。

買った馬券については後悔はないですかね。
サトノフェイバーも結局は複1.4倍~くらいに落ち着いてましたし、正直これだと買い辛かったです。
ダノンマジェスティをもう少し軽視できたかどうかくらいですかね。

まとめ

今回は馬場読みというより馬の能力読みの問題でした。
特に東京新聞杯はリスグラシューは見誤っていたなぁと。
ラビットランを金杯でボロカスに評価しいたのでリスグラシューも少し力が足りないんじゃと思っていましたが、そんな事はなかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*