パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2018年 日本ダービー 目黒記念 回覧

投稿日:

日本ダービー

まずは福永騎手おめでとう!!
馬券では反省点の多いレースでしたが、素直にこのレースを見れて良かったなというレースでした。
平成最後のダービージョッキーが福永騎手というのロマンがある結果だったと思います。

では回覧に入ります。

まずは福永騎手の積極的な騎乗を予想しなくてごめんなさいでしたね。
勝つにポジションを取る必要があると思っていましたが、"外にサンリヴァルがいる"、"福永騎手なのでそこまで思い切った騎乗はしないだろう"というファクターから後方ポジションを予想してしまいました。
とはいえ、予想するのは難しかったかなとは思います。

ワグネリアンがあのポジションを取るのを予想するには"浜中騎手が強引に位置を取りにいかず、福永騎手が強引に位置を取りに行く"というかなりワグネリアンに都合の良い予想をしなければなりません。
サンリヴァルが強引に先頭集団に取り付けばワグネリアンはポジションが下がりますし、福永騎手が強引に前に行かなければそもそもあのポジションは取れていないです。
サンリヴァルが前に行かない可能性はそれなりに見積もっていたので、ワグネリアンのポジションをもう少し前で競馬する可能性を高く見積もっても良かったなと思います。
ただ、福永騎手が思いきった騎乗をするという可能性を低く見たのは素直に反省点です。ここは素直にやられましたね。
もちろん今回の結果はワグネリアンがサンリヴァルより良いスタートを切った結果でもあるのでそこの見積もりも甘かったかなと。
内容的には前有利の馬場だったのでまだまだ他の馬が逆転するチャンスは十分にあるかなと思います。

2着のエポカドーロも正直甘く見積もってかなと思います。
エポカドーロ個人のペースは正直そこまで速くなるとは思っていませんでした。
3番手あたりを予想しましたが、正直5番手くらいにいてもおかしくなかったなという予想です。
ただ、そうなると最後の瞬発力勝負では分が悪くなると思っていましたし、馬券圏内は難しいだろうなという予想でした。
なのでスロー逃げで2着にきたのは素直に驚きという部分が大きいです。
もちろん、ダノンプレミアムやブラストワンピースの不発、ステルヴィオやキタノコマンドールの位置取り、このへん諸々の結果があった事は確かだと思いますが、ゴール前までワグネリアンに抜かせなかったのは甘く見積もっていたなと思います。

3着のコズミックフォースは全くのノーマークでした。
前残りという位置取りはあったとは思います。
とはいえ、京成杯も高く評価していませんでしたし、それ以降も高くは評価していませんでした。
4角から早めに仕掛けて3着粘りこみ。ロングスパートで持ち味が活きる馬なんですかね。
もし次走も同じような乗り方をするようなら、この馬の特性を理解して乗っているという事になるので次走は要注目ですかね。
これで今後馬券に絡めるかどうか変わってきます。

4着にはエタリオウでした。
まぁ、この馬が一番驚きましたかね。
コズミックフォースはまだ前にいたので前残りの馬場で残ったというのは十分に考えられます。
ただ、この馬はほぼ最後方からの競馬でした。
コース取りの差はあったにしろこの馬場でここまで突っ込んでくるのは流石にかなり評価を上げざるを得ないかなと。
ボウマン騎手がこの馬に乗りたいと言ってきたという噂は前情報としてはありましたが、これは本当に能力があるからこの馬に乗りたかったという事なのかなという評価にしないといけないと思います。
次走どれくらいの人気になるかは分かりませんが、ワグネリアン、エポカドーロ、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、ステルヴィオ、キタノコマンドールあたりと一緒に走っても本命にする可能性はそれなりにあると思います。

5着にはブラストワンピースでした。
まぁあらゆる面で向かなかったなと思います。
スタートで出遅れるのは想定内でした。しかし、そこからポジションをリカバリーしたのは池添騎手の好騎乗だったと思います。
しかし、直線でワグネリアンにしっかりと進路を締められました。
ここも福永騎手を誉める事になりますが、福永騎手の好騎乗だなと。
結果的に直線でも仕掛け遅れで5着が精一杯でした。
正直池添騎手はかなりの好騎乗してたなと思います。ただ、まぁ運が向かなかったなぁと思う内容でした。
次走も普通に人気すると思いますが、買い目に入れても本命にするかどうかは悩むかもしれないですね。

6着のダノンプレミアムは距離ではないと思います。
直線ではエポカドーロの内を突こうとしますが、並び切れませんでした。
これはダノンプレミアムではなく、エポカドーロを素直にほめるべきかなと。
L3で11.2で上がってきていますし、ワグネリアンも最後の100Mでようやく交わしてというレース。
直線も行き場を失って最後にようやく差を詰めたという感じなので距離ではないと思います。
スムーズならエポカドーロを交わせたと思わなくもないですが、やっぱりエポカドーロが強いなという結論になりますかね。

本命のステルヴィオは8着でした。
まぁしょうないです。
出脚が遅いのは承知だったので最後方付近になる可能性もそれなりに見ていました。
外枠のステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ワグネリアン、サンリヴァルは位置取りを予想する上でワンセットだったので、ワグネリアンの福永騎手がスタートからしっかり意識していた時点でこの馬に勝ち目は薄かったかなと思います。ジェネラーレウーノが前をカットする可能性はそれなりに見ていましたが、ここまで勢いをそがれると流石にといったところですかね。
ただ、直線では少し夢を見させてもらいました。
ラスト100Mまでは一番良い脚を使ってると思います。
最後に止まってのは3角から徐々にポジションを上げて、外を回した影響かなと。
もしかしたら距離の可能性もあるかもしれませんが、ロングスパートになったのもいけなかったかなという気もします。
あの直線の脚からも私個人の見解としてはこの馬が世代で一番強いという結論ですね。
スタートさえ改善されれば、そう簡単に負けないと思うんですけどね。まぁそれが難しいんですが。
小頭数のレースに期待した方がいいかもしれません。毎日王冠は毎年外差しになりますし、かなり面白いと思います。

あとはサンリヴァルとジェネラーレウーノは次回は積極的に狙いたいかなと思います。
サンリヴァルは浜中騎手が巧く乗れていなかったです。
少なくともペースが上がる事で持ち味が活きる馬だと思うので藤岡騎手で見直したいですね。

ジェネラーレウーノはレース後コメントで「う~ん、流れが遅くないのがよくないのか、無謀なペースくらいのほうが持ち味がでるのでしょうか。併せ馬になるような展開に持ち込みたかったけれど、直線では脱落して、その土俵に上がることすらできなかったですから」という言葉を残しています。
皐月賞や京成杯でそういうペースで結果を残しているので今回もペースを上がるかと思いましたが、そういえば一頭になると遊ぶ馬でした。
ただ、これなら次回はペースを上げると思いますし、積極的に買おうかなと思います。
もちろん一頭になると遊ぶ馬なので結果がどうなるかは分かりませんが、狙う価値はあるかなと思います。

まぁ今回はサンリヴァルとジェネラーレウーノ、そしてワグネリアンの騎手心理読みが残念でした。
これでリオンディーズ、アドミラブル、ステルヴィオと三年連続ハズレです。
来年のダービー予想にご期待ください(

目黒記念

こちらは人気薄のウインテンダネスが勝ちました。
本命のサウンズオブアースは見せ場なく終わりました。
スタート直後は「これはもろた」と思いましたが、道中徐々にポジションが下がります。
直線も一脚見せてくれましたが、最後はボウマン騎手も追っていませんでした。
この時期ならまだいけるかなと思って本命にしましたが、やっぱり暑さにやられたんですかね。
ただ、夏競馬に使えれても狙いにくくはあるので正直難しいところです。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬
-,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.