競馬

2018年 宝塚記念 予想【この人気なら素直に本命に】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は雨が降っていましたが、内は思った以上に伸びているといった印象です。
しかし、見た目の馬場は荒れているので明日どうなるかは分かりません。

展開はおそらくサイモンラムセスが逃げる形になると思います。
大逃げになる形になる可能性が高いですが、この馬は逃げてからはそれなりに早仕掛けでそのまま押し切る馬です。
今回もそういったレースをすると思うので後ろの馬は早めに仕掛けてくると思います。
基本はロングスパート戦と見ます。
ただ、馬場状態が見た目は悪いので内を避けて追いかける可能性もそこそこあるかなと思います。
外にはそれなりに大きく膨れると外から追いかける馬は不利になると思うので基本的には前目で行ける馬を狙いたいです。

–スポンサードリンク–

◎サトノダイヤモンド
〇ダンビュライト
▲ワーザー
☆サトノクラウン
△ストロングタイタン
×ノーブルマーズ
×ゼーヴィント

本命はサトノダイヤモンドにしました。
この馬は基本後ろから行く馬ですが、スタート自体は悪くないです。
前走負けたのも包まれたから負けたのであって、今回はそういった事はしないようにする可能性が高いかなと思います。
そうなるとある程度のポジションを取ってくる可能性は高いかなと。
前目に行く馬はそれなりにいるのでそれでも6~8番手くらいかなと思いますが、この馬がその位置にいたら十分に勝負になるはずです。
実績を見ればこの馬とサトノクラウン、ワーザーが上位実力で拮抗していると思います。
重馬場適正や最近の成績で一番人気ながらも人気を落としている感じですが、重馬場適正に関しては新馬戦や500万条件では勝っていますし、金鯱賞は仕掛け遅れです。
最近の成績にしても金鯱賞は前述通り仕掛け遅れ、大阪杯も包まれただけです。
このオッズなら本命でいいかなと思うので本命にします。

対抗にはダンビュライトにしました。
本命候補ではありましたが、ちと厩舎コメントが気になりました。
前走でハナ争いをしたから負けたという趣旨のコメントを残しています。
この馬に関しては積極的に持続的な脚を使う方がいいはずなので、ロングスパートをしないようなら負けると思います。
実際に大阪杯で負けたのもそれが理由だと思いますしね。
今回は武騎手なのでその不安点は少ないと思いますが、気になる点ではあるので対抗まで落としました。

単穴にワーザーです。
外枠ですが、馬場状態での進路取りでの不利はボウマン騎手なので受けにくいと思います。
その分抜け出せなくて不利を受けるという事はあり得ますが、今回はある程度縦長で馬群もばらけると思うので大丈夫かなと。
ポジション取りもタツゴウゲキ、サイモンラムセスと前に行きたい馬が内にいるのでそれなりに前にいけるかなと。
ゼーヴィントが外から切り込んでくるともう少し後ろになると思いますが、ここらへんについては半々といったところですかね。
外からゼーヴィントが切り込んでくると少し厳しいかなという事で評価は単穴まで。
あと、現在は10倍前後のオッズですが、馬体重が減っているのでオッズが上がって15倍前後にはなるかなと思うので馬体重面はオッズで相殺されるかなと思います。

推奨馬にサトノクラウンです。
一応後ろからの馬も一頭抑えます。
ここはキセキと迷いましたが、サトノクラウンを上に取りました。
ジャパンカップ、有馬記念は出来落ちだったようですし、ドバイもスローペースでした。
ここまで人気を落とす程能力は下がってないはずです。

抑えにストロングタイタンにしました。
正直前走は侮っていました。
今回も能力的には少し足りないかなとは思います。
ただ、ポジションはそこそこ良い場所が取れるはずです。
ダンビュライトが沈むようならこの馬が突っ込んできてもおかしくないかなという事で抑えにしました。

入着アリにノーブルマーズとゼーヴィント。

今回は人気所で切った馬がそこそこいるので最強競馬ブログランキングのコメントだけではなく、他の馬にも触れていきます。

キセキはほぼ後方からになるかなという事で切ります。
恐らく展開はそこまで向かないはずです。
直線での馬場も外を回されると思うのでここまで不利になるかなと。
もちろん能力はあると思いますし、このオッズなら正直買い目に入れてもいいかなと思いましたが、手が回りませんでした。

ヴィブロスも同様で後ろから行く馬なので切ります。
実力はあると思いますが、人気面でもちょっと過剰気味かなという風に見えます。
個人的にはワーザーやサトノクラウンの方が人気になっていいと思っているのでそれなら切った方がいいかなと。

パフォーマプロミスは単純に人気し過ぎです。
ヴィブロス以上に人気が集まっているなという印象です。
日経新春杯の時も過剰人気気味だと思って評価を下げて痛い目を見ましたが、今回も過剰人気気味だと思います。
日経新春杯はスローでデムーロ騎手が巧く乗ったレースでした。
今回は戸崎騎手です。
ダンビュライトの真後ろあたりに付けるようなら問題ないと思いますが、ダンビュライトより前に出るようなら仕掛け遅れになる可能性が高いと思います。
また、ダンビュライトの真後ろを取れるかというとそれも疑問です。
ダンビュライトを先に行かせるようなら競馬をするとダンビュライトが内に切り込んでくるのでポジションはかなり下がるはずです。
そうなるとやっぱり駄目だと思います。
この人気では狙えないと判断しました。

最強競馬ブログランキングでは最後まで入れようか迷った穴に馬についてコメントしています。

東京11R

本命はトウショウドラフタ。
前走はダートでからっきしだったが、今回は芝に戻してきた馬。
東京は前有利になると思うので狙うのもどうかと思ったが、積極的に前に行く馬もいなさそう。
末脚は確かで上位進出の可能背は高いかなと見て本命。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*