パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2018年 天皇賞秋 スワンS アルテミスS 回覧

投稿日:

天皇賞秋

レイデオロがスタートをうまく出たので私の予想は終了しました。
こうなる可能性はあったのでまぁしょうがないかなという外し方ですかね。
スワーヴリチャード同様後ろからになる可能性も低くはなかったのでまぁしょうがないです。
2頭とも出遅れる可能性は決して高くはなく、片方が好ポジションを取れる可能性の方が高かったですが、それがどちらになるかは分かりませんでしたしこのオッズでは狙い辛かったです。

それよりはキセキの評価を見誤ったのが問題かなというところですかね。
毎日王冠は回覧でも書きましたが正直どう判断して良いか分かりませんでした。
毎日王冠の時は出遅れ気味ながらも無理やり押し上げています。
今回もある程度前に行く可能性はあると思っていましたが、逃げるとまでは思っていませんでした。
というより逃げるところまでポジションを取り切れないという予想でした。
能力的にもアエロリットは差し切れず、ステファノスに詰め寄られたのはどうなのかという点で評価が難しかったです。
ただ、ロングスパートを想定しているなら印は打っておくべきでした。

サングレーザーは想像以上に強かったです。
ポジション的には予想より少し後ろでした。
レイデオロのポジションにサングレーザーがいる予想でしたが、レイデオロの方が前でした。
展開的にはキセキに一番向いた流れだったと思うのでキセキを差し切ったのは素直に評価したいです。
これならもっと距離が伸びても大丈夫だと思いますが、マイルチャンピオンシップに出ると思うのであまり関係ないかもしれません。

本命のアルアインは4着です。
予想の段階でもペースが上がり切らないのはどうかと思いましたが、早仕掛けになってロングスパートの形でこの馬がそこそこ走れる下地はありました。
キセキが作るかミッキーロケットが作るかという違いはあったものの、結果的には早仕掛けの展開になってこの結果であれば、この4着は私の見込みが甘かったという事です。
まぁ大きくは崩れないという予想なのでしょうがないかなという面もありますけどね。
やはりもっと根本的にハイペースにならないと難しいんでしょうかね。

ミッキーロケットもサングレーザー同様に強い競馬でした。
正直宝塚記念は半信半疑でしたが、これなら古馬上位陣とも戦えるはずです。
能力的には少し見劣るとは思いますが、オッズはそこそこになるでしょうし、ジャパンカップ、有馬記念と本命を打ってもいいかもしれません。

スワーヴリチャードは今回は度外視でいいはずです。

スワンS

こちらはロードクエストが勝ちました。
正直ロードクエストがモズアスコットを負かすとはあまり考えてなかったのでこの結果は少々驚いてます。
ただ、ロードクエストをマイルチャンピオンシップで狙う事はないです。
この競馬でマイルチャンピオンシップで通用するとは正直思えないです。

アルテミスS

こちらはシェーングランツの力が違いました。
一頭だけ脚色が違ったので能力差はかなりあるはずです。
あとは次走狙ってみたいのはウインゼノビアとトスアップですね。
前にいた馬は比較的厳しい競馬だったと思うのでこの2頭は積極的に狙って見たいです。

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.