パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2018年 天皇賞春 青葉賞 回覧 

投稿日:

天皇賞春

前有利と思っていたら後ろが有利でした(*´Д`)

上位馬はクリンチャーとシュヴァルグラン以外は後方勢が上位です。
前の馬は能力的なものもあったと思いますが、それにしても総崩れといった感じでした。
主な原因はサトノクロニクル以下の捲りが原因だと思います。
あれで前の馬と捲っていった馬は厳しくなったと思います。
勝ったレインボーラインはもちろん4着のミッキーロケットは4コーナーでポジションが下がるくらいには仕掛けは遅れていましたし、7着のスマートレイアーも最後方で一頭仕掛けていませんでした。
本命のガンコはあの捲りがなければ3着くらいはあったかもとは思いますが、シュヴァルグランがすぐ近くにいたので勝つことはできなかったと思います。
それにガンコはレース前に発汗も少ししていました。そこまで影響がなかった可能性もありますが、プラスではなかったかなと思います。

勝ったレインボーラインはレース後はちょっと心配でしたが、とりあえず現段階では最悪を免れたようです。
この馬もわりと追いかけている馬なのでレース後は気が気がじゃなかったですね。
まぁ追いかけてるのに阪神大賞典同様本命を打てなかった訳ですが(
馬の能力は阪神大賞典から明らかに変わってるなというのは感じました。
ただ、今回は展開面でプラスになった面が大きかったと思います。
前述した通り前が厳しい流れだったと思いますし、他の差し有力馬も捲っていって最後は脚がなくなっている状態だったと思います。
能力は評価しますが、正直まだあまり信用し過ぎないようにはしたいです。
ただ、復帰できるようなら故障明けで人気は下がると思うので故障明けの時は本命にする可能性がそれなりにあるかなと思います。

2着のシュヴァルグランとクリンチャーは強い内容だったかなと。
クリンチャーはもともとある程度スタミナがあると思っているのでこの展開でもとは思いますが、シュヴァルグランは捲りに合わせてペースを上げていった筆頭なのでそれなりに厳しい競馬だったと思います。
まぁ単純にこのレースを見るならやっぱりこの馬が一枚上手かなという内容だったと思います。

4着のミッキーロケットも正直展開に恵まれたかなと思います。
最後にはクリンチャーに差し返されてるのでもう少し仕掛けが遅くても良かったかもしれませんが、やっぱり相対的に見ると恵まれたかなと。
個人的には京都大賞典も日経新春杯も京都記念もやれてなさ過ぎるので正直この後も積極的には狙いたくないかなと思います。
まぁ目黒記念や鳴尾記念あたりなら普通に買うかもしれませんが。

5着のチェスナットコートも地味に強い内容だったかなと思います。
捲っていった馬達の中では最先着でした。
とはいえ、サトノクロニクル、トーセンバジル、アルバートが上がっていった時には明らかに抑えていましたので少なくともこの3頭よりは有利に運べたと思います。
アルバート、サトノクロニクル、トーセンバジルより後に仕掛けた分、これらの馬より上に評価するかどうかはちょっと迷うところですが、少なくともミッキーロケットよりは高く評価していいと思います。
もしレインボーラインと似たような仕掛けだったら勝っていた可能性もあったと思うので、展開次第ではこのメンバーでもやれるかなと思わせる内容だったかなと思います。

まぁ正直外れた事に関してはそこまで後悔はないですかね。
レインボーラインを本命にするのはリスクがあると思いましたし、仮にレインボーラインやシュヴァルグランを本命にしても人気の関係上あっても本命と抑えの評価だったと思います。
それよりはクリンチャーを本命にできなかったのが痛かったです(;´Д`)
予想を書いた時点では6倍切っていたはずですが、本番では8倍までいっていました。
7倍が一つのボーダーラインだったので8倍にまでなるならもっと評価を上げておきたかったです。

--スポンサードリンク--

青葉賞

こちらはゴーフォザサミットがしっかりポジションが取れました。
カフジバンガードもスタートが良かったのはビックリしましたがそれについては後述します。

勝ったゴーフォザサミットはまぁこのメンバーならこのくらいはやれてもおかしくはないかなといったところですね。
ここ2走は十分に力を出し切れてなかったと思いますし、今回もメンバー的にはそこまで強いメンバーではなかったと思います。
まぁそうなるとダービーでは少し狙い辛い馬かなとは思いますけどねw

2着のエタリオウは和田騎手がノストラダムスを選んだという理由で評価を下げた事を後悔です(;´Д`)
今回も印は打ってますが、△までしか馬連は買わないので紐抜けです。

3着のスーパーフェザーはこの馬がこの着順にくるのがこのレースのレベルかなと思います。
評判馬ではあるのでもしかしたら秋以降にはもっと強くなる可能性はあるかもしれませんが、正直現段階ではまだ3歳牡馬勢の中でも2~3番手グループかなと思ってます。
皐月賞でも8着までに入れたら良いかなというレベルですね。
正直他の馬を買いたくなかったらこの馬を買ったというレベルなので、このレース自体は全体としても正直そんなに高く評価できないです。

6着のサトノソルタスはまぁ何というか早く仕掛けて脚がなくなったという感じですね。
この馬は個人的にはグレーターロンドンのように後ろでしっかりと溜めてしっかりと加速して直線に入ると面白い馬かなと思っているので、道中でポジションを上げてというのはちょっと見てみたい内容とは違いました。
こういう馬は福永騎手や川田騎手だと面白いかなという気はするんですけど、サトノだとあまり期待はできないですかね。

そして、スタートが良かったカフジバンガードは9着でした。
リアルタイムではレースが見れなかったので後後レースを確認したら、これでこんなに負けるのかという感想です。
共同通信杯も似たような位置から仕掛けているので仕掛けのタイミング自体は悪くないと思います。
レース後コメントで距離が長いと言っているので実際に距離が長かったのかもしれません。
まぁいずれにしろスタートの改善が見られたので次回は距離短縮を条件に積極的に買うと思います。
まぁ条件戦だと思うのでそれなりに人気はしそうですけどね。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬
-

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.