パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2018年 大阪杯 ダービー卿CT 回覧

投稿日:

大阪杯

デムーロさん、福永さん、すいませんでしたm(_ _)m

スワーヴリチャードが出遅れて、「これは外回して届かないパターンかな」と思ってたら道中で捲って押し切りました。
後方からになる可能性が高いかなと思って切ったのでもうこうなったらお手上げですね。
まぁあとはペースを読み違えたのがまずかったです。
スローになる想定はあまりしていませんでした。
これはサトノノブレスやダンビュライトに対して
 ゴ━(# ゚Д゚)━ルァ!!  
というところもあるんですがとりあえずそこはまた後で触れます。
ある程度流れればスワーヴが飛ばないまでも勝つことはなかったと思うんですけどね。

2着にはペルシアンナイトでした。
はい、これも福永騎手の好騎乗でした。
スワーヴリチャードが上がっていく中でしっかりと内で我慢していました。
4着にきたヤマカツエースも安易に動かずに内から突っ込んできた馬です。
スワーヴリチャードが動いた時に一緒になって動いた馬は最後で伸びを欠いていました。
これしかないという騎乗だと思いますし、今回は詰まらずにしっかり馬群を捌いてきました。
展開の恩恵というか騎手の好騎乗だなぁというレースでした。

3着のアルアインはうーん、もうちょっとどうにかなったんじゃないかなという気もしますが、どうにもならなかった気もします。
もう少しペースが流れると読んでいたなら正直あの位置取りは仕方ない気もしますし、ペースが遅いと思ってもダンビュライトが前にいるので動くに動けない位置ではあったと思います。
展開の煽りを地味に受けてるのはこの馬かなと思います。

4着のヤマカツエースはペルシアンナイト同様、展開の恩恵が大きかったと思います。
他の馬がわりとひどかったので正直この着順はあんまり高く評価したくないのですね。
次回も軽く見ます。

5着のミッキースワローは外を回すと流石に…といったところです。
セントライト記念では後ろからになっても徐々に位置取りを上げていって差し切り勝ちを収めています。
今回だとスワーヴリチャードのように外から位置を上げていくしかなかったわけですが、セントライト記念の時は内からポジションを上げましたしね。
このへんは横山騎手が外からポジションを上げるのには抵抗があったといのがあるかもしれません。
スローになったのは良かったと思いますが、まぁ正直展開は向かなかったかなと。

6着のダンビュライトは、いやこれは…という感じです。
決め手勝負で上位5頭に勝てないよなぁという。
まぁトリオンフやサトノノブレスが前にいなかったのも要因の一つではあるとは思いますが、それならそれでヤマカツライデン突きましょうよという。
「瞬発力勝負になると分が悪そうだし、そういった意味ではこの前みたいな競馬が理想かな。持ち味を生かす競馬をしたい」というコメントがあったのである程度はペースを押し上げると思っていましたが、2番手で落ち着いてしまいました。
仮にスワーヴリチャードが捲ってこなくてもサトノダイヤモンドかアルアインに負けていたと思います。
もうちょっと騎手要素のマイナスを大きく取るべきだったかなと。
素直に武騎手かデムーロ騎手になったら買います。

7着のサトノダイヤモンドはこれは仕方ないかなぁというところです。
これがあったのであまり買い目には入れたくなかったですね。
ポジショニングはいつもより前目で正直ペースも考えれば好ポジションだったと思います。
ただ、まぁスワーヴリチャードが外から捲ってきて人気馬の中では一番不利を受けてるかなと思います。
動くに動けなかったと思いますし、仕掛けもこの馬にしては遅かったと思います。
次回はわりと本命候補になるかもしれないですね。

8着のトリオンフはスタートでカットされたのが痛かったです。
スワーヴ同様道中上げていきますが、この馬はほとんど息が入らなかったように見えます。
スワーヴリチャードは先頭に入った時に一回息を入れていると思いますしね。
このへんは正直騎手の差かなぁとは思いますが、そこまで悪い騎乗ではなかったと思うのでまぁしょうがないですね。
ただ、単純な力負けではないと思います。

最後に本命のサトノノブレスです。
レース後コメントで「もっと前で競馬がしたかったんですが…」と言っているのが見ましたが「うーん」と思ってしまいました。
確かに1コーナーでアルアインとシュヴァルグランに少しカットされて立ち上がりポジションは下がりました。
これで想定より後ろのポジションになった事は確かだと思います。
ただ、その前にスマートレイアーより引くような素振りを見せていますし、どこにポジションを取りたかったのかというのは非常に疑問に思います。

外にヤマカツライデンがいたので先に行かせたいという騎乗にも見えますが、先に行かせたとしても内にいたスマートレイアーやシュヴァルグラン、サトノダイヤモンドより前のポジションを付けられるようには見えません。
スローに落としたいというのなら分からなくもない騎乗なんですけど、レース前コメントで「速いペースで押し切ることがこの馬のパターン」というのがあったのでちょっとこの騎乗はあまり想定していなかったというのが正直なところですね。
スワーヴリチャードが上がっていったあとに外から捲っていった騎乗もまぁあの位置取りなら仕方ないかなと思うんですが、外を回してミッキースワローに速めに捲られてしまえばもう後の脚が残ってないのは仕方ないかなというところです。

んーなんというか騎手心理がもろに出たレースだなぁという感じでしたね。
アルアインが動かなかったのも、ダンビュライトが2番手で落ち着いてしまったのも、サトノノブレスがヤマカツライデンに対して少し引いたのも、「スローなら前が有利」とか「この馬を前に置きたい」とかそういう心理がもろに出たような気がします。
ちょっとこういう騎手心理を読み取れるようならないと駄目ですね。

ダービー卿CT

縦目ェ…。

といってもこれは完全に予想ミスですね。
テオドールのスタートの悪さをもう少し考慮に入れておくべきでした。
しかしグレーターロンドンはこんなところでくすぶってる馬ではないと思うんですけど、難しいですねぇ…。

最強競馬ブログランキング

スポンサードリンク

-競馬
-,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.