競馬

2018年 函館記念 予想【前残りの馬場影響を強く見る】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は若干ですが、内の方が有利という感じでした。
展開次第では外からも届きそうですが、基本は前有利かなと。

展開はおそらくマイネルハニーが引っ張ると思います。
出だしではクラウンディバイダが出るかもしれませんが、マイネルハニー陣営は積極的な競馬をするようなのでどこかしらで前に出るかなと思います。
カレンラストショーもクラウンディバイダもそこまでペースを上げたい馬ではないので、おそらくスローよりのミドルになるかなと思います。

馬場状態も加味して前有利と見ます。

◎マイネルハニー
〇クラウンディバイダ
▲ナスノセイカン
☆ブレスジャーニー
△エアアンセム
×スズカディヴィアス
×カレンラストショー

本命はマイネルハニーにしました。
前走は+12kgといかにも休み明けという感じでした。
しかも58kgを背負っての状態だったので良く粘っている方だと思います。
巴賞から函館記念の斤量差を比較するとクラウンディバイダやナスノセイカンの方に手が伸びそうになりましたが、その分人気がその2頭や他の巴賞組にいってる感じもしたのでこの馬を本命にします。

対抗にはクラウンディバイダにしました。
基本的には前に行く馬で固めます。
マイネルハニーが残れるペースという点が疑問ではありますが、マイネルハニー、カレンラストショー、クラウンディバイダが前で引っ張ると思うので流石にカレンラストショーかクラウンディバイダは拾っておきたいです。
カレンラストショーを下げて、クラウンディバイダを上に取った理由は後述しますが、カレンラストショーがナスノセイカンより上位に来ることは薄いかなと見たためですね。
あと、枠の並び的にもクラウンディバイダは内を回ってこれるのでその分でもこちらが有利かなと見てクラウンディバイダを対抗にしました。

単穴にナスノセイカンです。
鳴尾記念では後方からの競馬になってしまいましたが、新潟大賞典、巴賞では前の競馬をしています。
昨年AJCCで6着になったり、金鯱賞で4着になったりとちょっとメンバーの落ちるG2なら上位で争うくらいの力はあるはずです。
昨年のエプソムカップでは10着に負けていますが、この時は前残りで後ろからいったこの馬はほぼノーチャンスでした。
前にいけるようになった今ならチャンスはあるはずです。
最初は本命も考えましたが馬場状態から単穴までにしました。

推奨馬にブレスジャーニーです。
能力的にはこの馬が一つ抜けてるはずです。
巴賞では内に刺さって勢いが削がれているといった感じでした。
今回もそうならない保証はないですが、前回よりは見せ場が作れる可能性が高いと見ます。
後方勢から一頭抑えておきたかったのでこの馬を抑えます。

抑えにエアアンセムです。
好位ポジションを付けられ、展開的にはかなり向くかなと思います。
前走も道中マークした馬の影響で後ろに下がってしまいましたが、本来はそれなりに前で競馬できる馬です。
馬群を捌ければ突き抜ける可能性もあると思いますが、わりと4コーナーはごちゃごちゃしそうなので押さえまでにしました。

入着アリにスズカディヴィアスとカレンラストショー。

最強競馬ブログランキングではトリコロールブルーを切った理由を書いてます。

函館7R

本命はサンデュランゴ。
近走の成績は良くないが昨年北海道1000Mシリーズで(1,2,1,1)と1000Mになると成績を上げている。
夏の方が成績が良いという可能性もなくはないが、どちらにせよ近走の成績と大外で人気があまり上がらないと思うのでここは狙って見たい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*