競馬

2018年 京都記念 共同通信杯 予想【一番人気の馬に実力があるのは認めるが】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都記念

馬場状態はかなり外差しが利いてる感じです。
雨の影響もあると思うので明日どうなるか分かりませんがとりあえずは外差し有利と見て考えます。

◎ミッキーロケット
〇クリンチャー
▲レイデオロ
☆アルアイン
△クロコスミア
×モズカッチャン
×ディアドラ

流石に7頭の競馬だと思いますがどの馬もイマイチ狙える感じがしません。
アルアインは太め残りのような感じのようですし、クリンチャーは阪神大賞典→天皇賞のローテでここはどう見ても叩き台。
レイデオロは騎手がどうなのかというのと、モズカッチャンは休み明けで仕上げてくるのか。
クロコスミアとディアドラは単純に力関係がどうなのかというところです。

という事で本命はミッキーロケットにしました。
前走はトップハンデ+中間が順調ではなかったのが敗因だと思います。
今回はその二つはとりあえず解消されます。
また、個人的には冬馬じゃないかとも思っているのでここでパフォーマンスを上げる可能性は十分にあるかなと。
ぶっちゃけ上位7頭の内6頭はオッズ程の信頼度はないと見てるので消去法的なところもありますが、2.5倍近く付く複オッズは素直に狙えるかなと。

対抗にクリンチャーです。
斤量を考えれば、ここはレイデオロとアルアインに逆転してもおかしくはないと思います。
ただ、冒頭で述べたようにここは叩き台のような気がしてなりません。
一応厩舎コメントではしっかり仕上げてきてるようですが、どこまで信用できるか。
ただ、上位人気は積極的に狙いたくはないのでここは対抗でもいいかなと。

単穴にレイデオロにしました。
押し上げられた単穴ですかね。
他の馬に比べれば不安点が少ないです。
問題は先ほども言ったように騎手です。
もともと操作性はそこまで良くないない馬でしたが、ダービーからはキッチリ折り合う馬になっています。
ただ、それはルメール騎手だからという可能性もなくはないです。
今回の乗り変わりはその点に若干の不安があるのとアルアインとの力関係はそこまで差はないので1.1倍の複勝を狙える程ではないかなというのが理由です。

推奨馬にアルアインです。
近3走の負けは別に悲観する負けではないです。
ダービーはスムーズではなく、セントライト記念は目標にされ(そもそもミッキースワローも強いのもあったが)、菊花賞はあの馬場です。
オッズから見れば正直対抗、単穴にしようと思いましたが、今回もしっかり仕上げてきてる訳ではなさそうなので推奨馬にしました。

抑えにクロコスミアです。
モズカッチャンとどちらを取るか悩みましたが、こちらを上にとりました。
単純に馬券に絡む可能性ならモズカッチャンの方が高いと思います。
デムーロ騎手ですし、伸びる馬場伸びない馬場の判断はうまいと思っているのでこんな感じの外差し馬場ならそこは上手く乗ってくるかなとは思います。
ただ、2番人気に推される程か?といわれると正直微妙です。
アルアイン、レイデオロの両方に先着する可能性は低いと見ます。
それよりは展開でなんやかんや残るクロコスミアの方がまだ狙えます。

入着アリにモズカッチャンとディアドラ。

最強競馬ブログランキング

–スポンサードリンク–

共同通信杯

馬場状態は先週同様内外差はあまりなしと見ます。

◎ゴーフォザサミット
〇ブラゾンダムール
▲サトノソルタス
☆オウケンムーン
△グレイル
×カフジバンガード
×アメリカンワールド

こちらは京都記念とは逆で本命候補が多くて困りました。
正直ゴーフォザサミット、ブラゾンダムール、サトノソルタス、どれも狙えるかなと思います。
理由は1番人気のグレイルと2番人気のステイフーリッシュがそこまで信頼度がないと見てるからなですね。
この2頭はタイムフライヤーと対決していますが、そのタイムフライヤーの評価は個人的にはあまり高くないです。
3歳勢の2番手の集団のトップにはいると思いますが正直そこまでかなという評価。
そのタイムフライヤーに完敗したステイフーリッシュはもちろん、グレイルも勝ったとはいえここまで人気が被る程の信頼は置けないというのが正直なところです。
それなら他の馬から入った方がいいかなというのが素直な感想。

本命はゴーフォザサミットにしました。
単純に単勝で狙うならブラゾンダムールとサトノソルタスの方が面白いとは思いますが、複勝も加味するとこの馬かなと。
前走の百日草特別は500万条件ながらなかなか骨っぽいメンバーでした。
その中で勝利したのは素直に評価して良いかなと。
今回も外を回る事になりそうですが、前走同様それなりのポジションは取れると思います。

対抗にはブラゾンダムールにしました。
前走はコーナリングがスムーズではなく、直線では脚が残っていないような感じでした。
今回は新馬戦同様左周りになるのでそこが改善される可能性はそれなりに高いです。
新馬戦のメンバーはなかなか骨っぽく500万条件でも好走できるメンバーです。
またこの時期のディープ産駒の3歳はビックリするくらい成長するので対抗です。

単穴にサトノソルタスにしました。
同様にディープ産駒です。
新馬戦は極悪馬場なので着差からは正直強い感じはしないです。
ただ、期待されていた馬ですしレース後コメントでも「良馬場の方が良い」というコメントがありました。
今回もパンパンの良馬場でできる訳ではないと思いますが、能力が抜けてる可能性はあるかなと。

推奨馬にオウケンムーンです。
正直勝った未勝利戦、500万条件はメンバー的にはどうかというメンバーではあると思います。
ただ、底は見せてない可能性はあるかなと。
あまり積極的には狙えないのですが狙う価値はあるかなという事で推奨馬です。

抑えにグレイルにします。
単純に見るならこの馬の能力が一番上のはずです。
ただ、斤量も他の馬より1kg多いですし、如何にもステップレースという感じなのでここは抑えまでいいかなと。

入着アリにカフジバンガードとアメリカンワールド。

最強競馬ブログランキングではカフジバンガードについてコメントを書いてます。

※共同通信杯:前走は出遅れの問題なのでうまく出れば面白いとは思うし、乗り変わりもプラスと見る。ただ、今回は狙いたい馬が3頭いたのでここまで印が下がっただけ

–スポンサードリンク–

松籟S

本命はガンコ。

前走は前が残る展開で重賞で3着でしたが、それでも評価していい内容かなと。
複勝オッズが1.1倍ですが複勝圏内は固いかなと思います。
ここはこの馬から入ってみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*