パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2018年 京都新聞杯 予想【個人的には2強だと思える】

投稿日:

京都新聞杯

馬場状態は先週の感じだと内外差はほとんどないといった感じです。
若干まだ前内の方が有利には見えますが、そこまで大きな差はないかなと。

レース展開はおそらくタニノフランケルが逃げる形。
ケイティクレバー、ロードアクシス、メイショウテッコン、アールスターあたりも前に行くと思いますし、グローリーウェイズやレイエスプランドル、ユーキャンスマイル等それなりにポジションを取りたい馬が多いので逃げ馬自体はすんなり決まってもペースは落ち着かないかなと思います。
ミドル~ハイペースで予想します。

好位差し~追い込み勢の方が若干有利と見ます。

--スポンサードリンク--

◎シャルドネゴールド
〇ケイティクレバー
▲アドマイヤアルバ
☆アルムフォルツァ
△レイエスプランドル
×レノヴァール
×アールスター

本命は2頭で悩みました。
ケイティクレバーとシャルドネゴールドです。
このメンバーを見た限りではこの2頭が明らかに抜けてるとまでは言わないですが、頭一つか二つはこの2頭か抜けてるんじゃないかなと思います。
ケイティクレバーは単純にすみれSと若駒Sが強いです。
皐月賞にしても馬場を選べたエポカドーロとは違い、馬場の悪い内を通った結果で3着以下とは0.6秒差です。最後はあまり追っていなかったですしね。
先週の青葉賞はスーパーフェザーは皐月賞で8着以内に入れば良い方という評価でしたが、この馬は展開次第では皐月賞でも十分に掲示板、馬券圏内は狙えたんじゃないかなと思うくらいには能力は評価しています。
正直今回出てくるメンバーで皐月賞でもその着順が狙えた馬というのはちと見当たらないのでまぁ能力的にはこの馬が一番手かなという気がします。

もう一頭はシャルドネゴールドでこちらはジャネラーレウーノ、エタリオウの好走で評価が上がったという形ですね。
正直ジェネラーレウーノに関しては皐月賞でも軽視してた通りあまり評価は高くなかったですが、皐月賞の内容は普通に強いかなと思います。
エタリオウも青葉賞で2着に好走してますし、毎日杯で戦ったインディチャンプもアーリントンCで負けはしたものの早め抜け出しで結果的に沈んだだけで内容的には悪くないです。
毎日杯ではちと不甲斐ない内容だとは思いますが、条件戦での走りを考えるとこのメンバーなら上位かなとは思います。

で、この2頭で本命を悩みましたが、本命はシャルドネゴールドにしました。
能力的にはケイティクレバーの方が高いかなとは思ってますが、プラス面はシャルドネゴールドが多いかなと思います。
一つは冒頭で言ったように先行馬にはそれなりに厳しい流れになると思います。ケイティクレバーはあまり前に行かないような事は言っていますがそれなりには前に行くと思いますし、ケイティクレバーはスローで結果を出しているのでこの流れはあまり歓迎できないかなというのが一つ。
もう一つはすみれS後の厩舎変わり。皐月賞を見る限りそこまでマイナスではないかなと思いますが、まぁプラスではないかなというところ。

対してシャルドネゴールドはおそらく今回は中段~後方になると思います。
ボウマン騎手なのである程度ポジションを取る可能性はありますが、外枠ですし毎日杯のように2番手に付けようとするという事はないかなと思います。
ボウマン騎手に乗る変わるのもプラスだと思いますし、能力差は埋められるかなと思うので本命にしました。

対抗はもちろんケイティクレバーです。
オッズを考えれば本命でも良かったかなと思いますが、今回は対抗まで。

単穴にアドマイヤアルバにしました。
正直この2頭以外はどっこいどっこいだと思っているので、この馬にも十分にチャンスはあるかなと思います。
距離延長は確かに気がかりではありますが、レースを見る限りこなせる可能性は十分にありそうな気がするんですけどね。
人気にもなっていないですし、単穴です。

推奨馬にアルムフォルツァにしました。
後方から突っ込めそうな馬として上げました。
毎日杯でも単穴に指名しましたしが、あの時はブラストワンピースがいました。
今回はブラストワンピースクラスの馬はいないと思います。
毎日杯では見せ場がありませんでしが、前走は十分に見どころがあったかなと。

抑えにレイエスプランドルにしました。
んー、ここまで人気薄で固めているので人気馬の方から一頭選びたかったですが、この馬を抑えにしました。
前走は2番手からレースを進めていますが、あのレースは外枠発走だったのも大きいと思います。
スタートはそこまで良くないので今回は後ろからの方が可能性が高いかなと思います。
正直、これだけならもう少し評価を上げても良かったですが、中段位置になった時に馬群を捌けるか?後方になった時は外ぶん回しになるんじゃないか?という不安から抑えまでにしました。

入着アリにレノヴァールとアールスター。

切った上位人気3頭についてコメントしていきます。

グローリーウェイズは最後までレイエスプランドルと悩みました。
ただ、厩舎コメントが「秋につながる内容を」と言ってるようにどうにも本気でレースしてきてるようには見えないです。
能力はあると思っていて、秋に一番活躍してる可能性があるのはこの馬かなと思っていますし、能力できちゃう可能性はあると思いますが、ここは思い切って切ります。

タニノフランケルは単純に強くないと思ってます。
確かに前走は圧勝で手ごたえも余裕でした。ただ、メンバー的には正直弱いメンバーだったと思います。
また、この馬を評価するとなると若葉Sで先着したダブルシャープやロードアクシスを評価しないといけなくもなります。
前走で物凄く成長してる可能性もない事はないですが、その可能性は低いと見ます。

フランツについては最強競馬ブログランキングでコメントしています。

パールS

本命はコパノマリーン。

おそらくこの馬が逃げる事になる。
ウインファビラスやダンツペンダントが無理に追いかけずに単騎逃げになるようであれば、そのまま押し切る事もあるかなと思うので本命。

スポンサードリンク

-競馬

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.