競馬

2018年 中山金杯 京都金杯 フェアリーS シンザン記念 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかの4重賞ヒットですw

京都金杯は馬場読みが残念だったり、フェアリーSは展開読みが残念だったり、中山金杯とシンザン記念は評価の低い馬が2着だったりと残念な部分もありましたが、本命馬がしっかり連を確保してくれたので概ね満足です。
若干方法を変えたとはいえ、ここまで嵌ると自分でもビビります。
まぁ「複勝でも狙える」という条件を付けたした分、人気の馬が本命になる可能性が高くなるのでそこだけがどうかってところですね。

中山金杯

私の予想に反してダイワキャグニーは逃げませんでした。
とはいえ、スローからのマイネルミラノの捲りなのでミドルペースを想定しましたがまぁ誤差範囲です。

勝ったセダブリランテスはこの条件なら流石に負けられないといったところですかね。
とはいえ少し物足りないのも事実です。
直線ではウインブライトに置いていかれてますし、ストレンジクォークとブラックバゴに詰め寄られています。
ギアチェンジが鈍いのは基本的には不利だと思っているのであまり評価を上げたくない一頭ですかね。

逆にウインブライト…というよりは松岡騎手を少し侮り過ぎたかなと。
福島記念のようにスムーズに出せるのかという点もあったので、評価を落としましたがスタートからの位置取りもよかったです。
あれで負けたのならしょうがないですね。

もう一頭のダイワキャグニーは先手を取れずに終了でしたが、それを差し引いても苦しかったかなと。
コーナーで置いていかれてましたし、少なくとも連まで確保するのは難しかったと思います。
最後にはしっかり脚を使っているのでこれは言われているように単純に右回りの問題…と考えた方がいいですかね。

京都金杯

こちらは内があまり伸びないと思っていたら内がそこそこ伸びていました。
ついでに言うとその読みもあって少し買う金額を減らすという残念っぷりでした。
さらに言えばペース的にはミドルでしたが、L5-L4が12.6-12.4の中緩みでの上がり比べでした。
まぁ何というか当たったけどなんか納得できねぇという感じでした。(そういう意味では金額減らして正解だけど、減らしたので何とも言えない気持ち

という事でこのレースは武豊騎手がうまく乗ったなというレースでした。
レッドアンシェルは上がり比べだと流石に分が悪かったという感じですかね。
もう少し早く仕掛ければ結果は違ったかもしれないですが、それでもブラックムーンを逆転するのは難しかった可能性が高いかなと。
ただ、展開次第では十分にひっくり返ると思うのでそこまで評価を落とす必要はないと思います。

これはクルーガーに関してもそうですね。
こちらも仕掛けが遅くなった事が敗因でいいと思います。

8着のラビットランはまぁこれで勝てるほど、他の馬は弱くないよといった感じですかねー。
ターコイズSのパフォーマンスもそうあまり良くなかったですし、臨戦態勢もなぜここを選んだというのが正直なところです。
もちろんこのレベルなら展開が向けば勝つチャンスはあると思いますが、やっぱり条件次第ですかね。

フェアリーS

こちらは展開読みが残念でした。
ある程度ペースが上がると思ったらスロー展開です。

サヤカチャンが逃げれなかった事もありますが、テトラドラグマがドタバタしてたのも原因だと思います。
テトラドラグマはこの負けで評価を下げる必要はないと思います。

勝ったプリモシーンはスローになったのも良かったですが単純に強いですね。
ただ、パフォーマンスはシンザン記念のアーモンドアイの高いと思います。まぁこのへんは戦ってみないと何ともといったところですがスカーレットカラーを物差しにするとやっぱり少し足りないかなと。

スカーレットカラーは大外に膨れたのと仕掛けが早かった分負けました。
ただ、それを差し引いてもきわどい勝負になったかな程度です。
現時点では阪神JFの1,2着馬とは差があると思いますし、距離が伸びてどこまで詰められるかといったところですね。

4着のハトホルはもう少しスムーズだったらなと思いますが、そこまでレベルの高いレースでもなかったと思うので高く評価し過ぎないように注意したいですかね。

シンザン記念

印としては一番残念な印ですが、予想としては一番満足のいく予想でした。

アーモンドアイはラッキーライラックやリリーノーブルに十分に太刀打ちできると思います。
ただ脚質が後方からなのでこの3頭が一緒になってもおそらくは本命は打たないかなとは思います。

2着のツヅミモンは強かった方かぁという感想ですかね。
予想でも言いましたが、ツヅミモンを含めた5頭の評価は本当に難しかったです。
馬場や展開の恩恵はあったと思いますが、素直にこの2着は評価したいです。

3着のカシアスは逃げたのがよかったです。
ここまできたら2着に踏ん張って欲しかったですが、まぁしょうがないですね。
最後に競り落とされたのを含め、もう少し距離が短い方がいいでしょう。

ファストアプローチとカフジバンガードは出遅れたのが痛かったです。
流石に同じ位置でアーモンドアイより上位にくるというのは難しかったです。
それでもここまで上位にきたのは内を回したからでしょうが、まぁ力差はくっきり見えちゃったかなと。

まとめ

ということで2018年は幸先の良いスタートです。

そろそろブログの構造弄りも手を付けたいのですが、なかなか手が回らないですね(汗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*