競馬

2018年 ラジオNIKKEI賞 CBC賞 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオNIKKEI賞

キボウノダイチが3着に残っている事からも基本的には前有利でした。
ペースもそこそこには上がりましたがそれ以上に前が止まらなかったという感じですね。
ちょっと展開予想での補正を付けすぎたかもしれません。

メイショウテッコンはそんな中でベストポジションでした。
正直、もう少し後ろの方がベストポジションかなと予想していましたが、前述通りこのくらい前が残ってるとやっぱりこの馬のポジションがベストだったかなと思います。
斤量面もあるのでこの着順はそこそこ評価していいはずです。
ただ、斤量差の決着でフィエールマンの人気がこの馬よりかなり落ちるようならフィエールマンの方を高く評価したいですね。
並びの人気くらいならこの馬を評価しますが。

本命のマイハートビートは理想通りの競馬をしてくれました。
負けたのは力負けと捉えていいかなと思います。
ただ、コーナーで着順を上げているようにコーナリングは優秀です。
小回りで内から潜りこめそうになったらまた狙おうと思います。

次回狙いたいのはケイティクレバーですかね。
正直もっと残念な結果になると思いましたが意外と頑張ってます。
また先手が取れるようなら勝てるようになると思うのでそのへんで様子見ながらってところですかね。

CBC賞

こちらは予想外のハイペースでした。
アクティブミノルが逃げなかったのはしょうがないです。
セカンドテーブルとワンスインナムーンが切り込んできたので位置取りが下がってしまいました。
むしろ包まれないように外に出そうとして被されて結局駄目だったという感じなので次回も福永騎手が乗るようならそれなりに期待できるはずです。

前にいる馬に基本的につらい展開だったはずなのでセカンドテーブルは素直に評価していいはずです。
というか速い展開ならこの馬から入るべきだったかなとちょっと後悔していたりします。

アレスバローズとナガラフラワーはまぁ1、2着だったことは評価しても良いと思いますが、セカンドテーブルより評価できるかというとそんな事はないかなといったところですね。

注目していたレーヴムーンは4着でした。
出遅れずに頑張っていたと思います。
逆に出遅れなかった事が仇になったかなという気がしないでもないですが、出遅れたらこれより着順は悪かったと思うのでまぁしょうがないですね。
これならもう少しペースが緩くなってくれたらチャンスはあっただろうとは思います。
まぁただ力が少し足りないのも事実だと思うのでまたこのくらいのレベルのレースであれば狙ってもいいかなと。

まとめ

という事で上半期が終わりました。
明日上半期の回収率を纏めた記事を出そうと思います。

単複回収率はそこそこ見れますが、馬連、3連系の回収率がヒドイのでこのへんの改善ですかね。

最強競馬ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*